タマホーム

注文住宅を建てて後悔したことを全て書き出す!後悔しないためには・・・

 
念願の新築マイホームが完成したよ!!!!やったぜ!!!!

無事に家が建って早4ヵ月、新築の家にも住み慣れてきました。

 

住み慣れてくると見えてくるのが後悔したところ!!

 

「やっぱりあそこは、こうすればよかった」

「なんでこれを付けたのかわからない」

「あっちもこっちも狭い!」

 

せっかくの注文住宅を建てたのに、こんなに後悔するなんても当時は思ってもいないことです。
 

 

今回はこれから注文住宅を建てる人達が私と同じような後悔をしないためにも、
【注文住宅後悔したところ】を全部書き出して(吐き出して)スッキリさせようかと思います!!

 

よかったら参考にしてくださいね!!

 

スポンサーリンク

 

マイホームのスペックを紹介します!!

後悔したところを話す前に、我が家が建てた注文住宅はどんな家なのか軽く紹介しておきます。

 

引き渡し 2017年7月吉日
ハウスメーカー タマホーム 大安心の家
坪数 36坪
土地 神奈川県の田舎の方(詳しい場所は伏せます)交通量が多い県道沿い
仕様 オール電化 
タマホームは標準仕様がオール電化です。ガスを選ぶ場合はオプションになります。

イメージとは違う!!注文住宅後悔したところ

世間には、注文住宅を建てたけど失敗した後悔しているって人が実はたくさんいます。なぜ失敗したり後悔したりするのか、考えたことありますか?

 

これから建てる人なら、後悔って言われても中々想像ができないことですよね。想像が難しい所ではあるけど、想像を膨らませて「これでいいのか」と再三悩んでほしいです。

 

まずは、我が家が注文住宅を建てて後悔している所を紹介していきますね。

①間取りと実際の家のギャップ 狭い

打ち合わせ中や、間取りだけ見ていると、マイホームがやたら広く見えていました。間取りから実際の家の広さが分かる人って建築関係の仕事に携わっている人じゃないですか?

 

うちの場合は、旦那が測量関係の仕事をしているので、図面や間取りを見て実際の広さを旦那は把握していたのですが、私はさっぱりで、数字や平米数に弱いので何㎡と書かれていてもいまいち広さをきちんと把握できていなかった!

 

まずこれがいけませんでした!!

 

着工、上棟するまでは、間取りだけのイメージで見ていたので実際の広さが頭にしっかり入っていない状態でした。そんな感じで着工が始まったので、家の基礎を作り始めて、結構狭いのかなって初めて思ってしまった。

 

無事に引き渡しをされて想像以上に狭いところが多くてショックでした。今はショックから立ち直っていますが。

 

 

 

私のように数字が弱くても、間取りの広さを正確に掴んでいないと私みたいにショックを受けます。

 

②トイレが全自動じゃなくていいや

我が家のトイレは、1階も2階も自動洗浄機能が付いています。前住んでいた家のトイレはウォシュレットも付いていない古いトイレだったので、全自動のトイレが標準で付くと言われてすごーっい!!ってタマホームの打ち合わせで興奮したのを覚えていますが・・・

 

全自動だと子供がトイレの扉を開けただけでいちいち反応してトイレの蓋が勝手に開いてしまいます。反応良すぎじゃないでしょうか、また子供が頻繁にトイレに行くのでただ座っただけでも水が勝手に流れてしまいます。

 

最新のトイレなのでかなりの節水効果はありますが、我が家みたいに子供の年齢が小さい内は全自動だと使い勝手が悪いです。

 

自動洗浄に慣れているうちの子供たちは、お友達の家のおトイレの流し方がわからなかったらしく困っていました。

 

ハイテク仕様は、憧れでもあったけど小さい子供が3人いる我が家は普通のおトイレで十分のようです。壊されそうだし。

 

スポンサーリンク

 

③5人家族なのに玄関が狭い

玄関は間取りを見た時から狭いと予想していた所。間取りで広さを把握できない私でも、玄関は狭いと予想していました。

 

そしてやはり想像以上の狭さでした。我が家は5人家族です。靴箱は大きいのを標準で付けてくれたのはありがたいのですが、靴箱に圧迫された玄関になっています。金額はオーバーしたけどシューズクロークを設置すればよかったと本当に後悔しました。

 

こんなのとか、憧れますね!!

注文住宅を建てといてこの結果です。
シューズクロークがあれば、冬場のコートやマフラーブーツなんかも楽々置けちゃいます!

 

お子さんがいる家庭であれば、子供が外で遊ぶ道具だったりベビーカーも収納できちゃうし超便利です。子供が大きくなったら、部活グッズを置いたり、倉庫にしたりと使い方はたくさんでてきます。

 

我が家は、ベビーカーも置く場所ないから外壁の横に置いてあります。物置を買うのも大きいサイズは10万以上かかりますので後悔です。

 

④床が白いと髪の毛一本でも目立つ

我が家のカラーは白です。そのため壁も床も全部白!階段もドアも白です!ここまで白だととにかく小さいゴミが落ちているだけで超目立ちます!!

 

髪の毛一本落ちていても、フローリングが白だから、超目立ちます。なので一日に何回も掃除機かけたり、クイックルワイパーで拭き上げしてい状態です。掃除はちゃんとしているのに目立つから汚く見えてストレスです。

 

白は明るいし、家具も合わせやすいから最初から床は白と決めていたけどこんなに汚れが目立つとは思わなったです!床の色を白にする人は掃除が大変だと思ってください。

 

⑤吹き抜けは、防音皆無

我が家は、階段部分が吹き抜けになっています。吹き抜けは空間が広く見えるので、吹き抜けにしてよかったなって思う反面、防音性は全くなくなります。

 

当たり前なんですけど、吹き抜けのリビング階段なので、途中に遮るものが何も無い状態です。とにかく1階の声が2階に筒抜け状態です!

 

TVの音は普通に2階のみんなで寝ている部屋まで筒抜けです。

子供の声は、さらにうるさいですよ。2階にいるのに、1階にいるような感覚です。子供は静かにするなんて無理な話ですが、どこにいても会話が聞こえてきます。

 

今考えると、せめて1階の声はどこかで遮断したかったです。吹き抜けのリビング階段だから仕方ないのですが、吹き抜けはお洒落だし、嫌いではないのですが、まさかこんな落ちが待っているとは想像できませんでした。

 

スポンサーリンク

最新のシステムを取り入れてもあまり使わない?

注意しないといけないのがこの部分です。最新のシステムってその時はすごーいって思っても実際付けなくても良い機能だったりします。

 

最新のシステムを導入しなくても生活として成り立つことが多いので、わざわざグレードアップ代を払って導入しなくても良かったのかな?なんて思ってしまう人もいるようです。

 

家の中での暮らし方って今も昔もさほど変わりはないですよね。

 

ハウスメーカーの営業は口が達者ですから、新サービスやグレードアップを巧みに進めてきますので、営業の話を聞いてもそのまま受け入れないて冷静にこの機能必要か考えてみてください。

 

私の場合は最新機能より、自分達のこだわりを意識していました。せっかく家を建てるので、どこかしらこだわりポイントを作っておくといいですね!

反対にオプションでつけておけばよかった所は?

これまでは住んでみて後悔した所をいくつかあげていますが、今度はオプション料金が発生するけどつけておけばよかった点をいくつか紹介したいと思います。

 

①床暖房

私は神奈川県に住んでいるのですが、担当者に床暖房は絶対必要ないと断言されて、床暖房なんて付ける人はいないとまで言われてしまい、床暖房はいらないのかと判断。

 

今年の冬はエアコン1つで何とか寒さを凌ぎましたが、いくら断熱材が入っていても真冬はエアコンだけだと部屋が暖かくなりません。

 

そして床が白だから余計に冷たく感じてしまいました。もしこれが床暖房だったら超快適なんじゃないの?ってすごい思ってしまいました。

 

真冬の寒さは、エアコンだけで乗り切るのはきつかったです。うちは子供もいるし、床暖房あれば子供達も快適だったのにな・・・後悔しています。

 

タマホームの営業が神奈川県だったら必要ないでしょうみたいなことを言っていたけど、その情報は何にも当てにならない情報でした。

 

②1階にも洗濯物を干せる場所がほしい

洗濯物をいちいち2階のベランダに干しにいくのが、結構手間でめんどくさいと私は思っています。当初洗濯物は2階のベランダだけっていう固定概念がありました。

 

しかし実際住んでみると1階の南側は日当たりもいいし、洗濯物を干せたら超楽じゃない?って後から思いましたね!

 

余計な最新機能はいらないから、普段の生活の中での利便性を向上させた方が絶対いいです。

 

 

スポンサーリンク

 

世の中の注文住宅を建てた人たちは何に後悔している?

我が家が後悔したポイントを紹介しましたが、次は一般的に家作りで後悔してしまったところはどこなのか調べてみました。

注文住宅後悔したランキングベスト3

雑誌や、口コミ、ランキングサイトから調べて独自にまとめたランキングベスト3になっています。

第一位 お金の失敗

やっぱりお金の失敗が第一位となりました。その理由を見てみましょう!

①予算内に収めることに必死になりすぎて希望の家に全然ならなかった。

 

この意見は私も同感です。一生に一度の買い物に少しケチになりすぎるのも勿体ないですね!ケチだと狭い所が多くなるような・・・

 

住宅ローンの返済がきつい、背伸びをし過ぎてしまった。

これも結構多くの方が悩んでいることです。ボーナス払いがあるのにボーナスが減給になり苦しい。共働きだったけど、妻が専業主婦になった。転職して給料が減った。

 

など住宅ローン絡みの意見も多くみられました!ケチになりすぎても良くないし、無理をし過ぎても良くないしお金の微調整は難しいところです。

 

でも住宅ローン返済がきつい状態は避けるべき。生活が苦しくなってまで家のローンを払い続けるのって相当苦しはずです。それに心も虚しくなりそうです。

第二位 間取りの失敗

間取りで後悔する人もたくさんいますよね、どんなことで後悔しているのでしょうか

 ・収納が少ない。

・家事同線がない。

・和室がほしかった。

・外から丸見え。

・生活音が気になる。

・部屋の広さ(狭い・広すぎる)など

 

間取りの後悔は、住んでみないと分からないので困ります。図面と、実際の部屋を想像するのが難しいので、とにかく想像力って家を作る時には重要なんですよ。

 

間取りで後悔しないためには、たくさんの間取りを実際に見に行くことです。友達の家や実家、モデルハウス巡りなど、たくさん見て研究しましょう。

第三位 土地の失敗

意外と土地の後悔も多く見受けられました。

 

・駐車場のスペースが狭い!壁ギリギリで来客は無理!
・雨が降ると泥が跳ねて外壁がすぐに汚れる。
・窓を開けると車の通る音がうるさい、窓を開けられない。
・虫がたくさん出る
・通学路が暗い、子供が周りにいない

我が家も、外は県道で夜でも結構うるさいです。なので日中も窓は常に閉めています。車の音ってうるさいですよ。

 

土地を選ぶ時は周囲の環境が大事になります。子供の通学路もそうだし、事前によく調べましょう。

 

スポンサーリンク

 

注文住宅を建てる人へ後悔しないためのアドバイス

注文住宅を建てて、こんなに後悔したことが出てきても全部気を付けるなんて無理な話です。
なので厳選してこれだけは後悔しないためにやってほしいことを書きました。

 

 

①間取り作りを失敗しないためにも、たくさんの情報収取をする。

②いくら建築について素人でも、知識を付ける。注文住宅の勉強をする

③疑問点は必ず解決させる。

④分からないことはとにかく聞く。

⑤どうしてもやりたいことはやる。

⑥住宅ローンは、無理しない

後悔しないためには、上記のことは頭に入れておいてください。

 

図面上の間取りと、にらめっこしていてもリアリティーがありません。紙一枚を見つめるよりは行動しましょう。

 

実物の家の間取りを見に行くのが失敗しないためのコツです。ハウスメーカー側は焦らせてきますけど、焦る必要はありません。じっくり間取りを煮詰めていきましょう!

 

 

分からないことは、何でも聞くことです。こんな質問していいのかな、って悩む必要はありません。素人ですから、何でも気になったことは営業担当にガンガン聞きましょう。

 

そして自分でも注文住宅の知識を付けていくと尚更Goodですよ。勉強し知識を深めることって意外と楽しいです。なのでこうやってブログも書いていますしね。

 

予算はケチし過ぎず、背伸びし過ぎず。

お金の後悔は取り返しがつきません。お金が出ていくのは、早いけどまた同じ額を稼ぐのは相当時間がかかります。住宅ローンの返済に困って生活困窮になってしまったら本末転倒です。

 

最悪せっかくたてたマイホームを売却するはめになるかもしれません。
お金の失敗を防ぐためには、自己判断をしないようにしましょう。

 

友達や自分の親、第三者にこのローンを組んでも大丈夫なのか見てもらいましょう。

 

一番いいのはプロに見てもらう事。
住宅展示場やハウスメーカーへ行くとFP(ファイナンシャルプランナー)の無料相談会や相談できる日があります。是非、住宅ローンを組む前にFPに相談してください!

資料請求がなぜおすすめ?

我が家はタマホームで注文住宅を建てましたが注文住宅を建てる前にはたくさんのハウスメーカーの情報を集めましたし、集めた方が絶対いいですよ。
 
 
家を建てることって専門知識が必要ですよね、そのためにハウスメーカーといった特殊な所に頼み、様々な提案をしてくれますが、自分でも知識をつけたり、知っていると家作りが楽しくなります!!
 
 
情報収集っていったてどうすればいいのか?
 
別に展示場に行かなくても無料でカタログ請求してしまえばとっても楽ちんです。
 
 
 
 こちらから、注文住宅のカタログ請求を無料で送ってもらえます。SUUMOなので怪しくないですよ(笑)
 
送り先は仲介業者のSUUMOなので安心して請求ができると思います。知らないハウスメーカーや住宅会社がたくさん載っているのでとっても参考になります。
 
 
ハウスメーカー経由や直接展示場にいくと営業から電話がいくときたりと、まだ考え中の時はめんどくさいですよね・・・。
 
 
SUUMOはハウスメーカーと仲介しているので資料請求してもハウスメーカーから電話がかかってくることはないので安心してくださいね!
 
私も何回か資料請求したことがありますが、実例を見るのはやっぱり妄想が膨らみ楽しい!!
 
カタログ請求はこちらからどうぞ↓

スポンサーリンク

 

まとめ

家は3階建てないと満足する家が建たない!とよく聞くけど、それはあながち嘘ではないですね!後悔しないように全力で視野ひろげていきましょう!

 

こうやって書き出してみると後悔しないために気を付けることは「間取りと金額」がキーワードでした。間取りを完璧にするのって素人は難しいので、たくさんの人に見てもらい第三者の意見を取り入れてみてください。

 

自分は絶対こうだって信じていても、もっといい案があるからです。

「えっこんな作戦あったんだ」

「目から鱗」

これなんですよね!

 

他にも注文住宅で後悔した記事をいくつか書いていますので参考にどうぞ
 

>>>タマホームはやっぱり欠陥住宅?新築のクロスが剥がれているけど原因はいったい

>>>ベランダの広さはどれくらいあれば快適?失敗しないベランダに必要な広さとは?

>>>新築のフローリングは白じゃない方が良かったと住んでみて後悔している話

>>>【注文住宅】ロフトは失敗だった!使い勝手の悪さにロフトをにらむ現実

>>>新築の玄関が狭い!!現実を受け入れて、狭い玄関を広く見せる工夫を考えよう!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。