タマホーム

ベランダの広さはどれくらいあれば快適?失敗しないベランダに必要な広さとは?

こんにちはTENです!!

家って住んでみないと実際わからないことばかりじゃないですか?

やっぱり図面上の打ち合わせだと、リアルな所までは想像できないです。間取りだけ見てると最高の間取りができた!!なんて思うけど、家が完成して住んでみると予想と違うところがちらほらでてきます。

我が家の場合だと、やっぱり玄関が狭かったこと!ここは後悔しています。

そして最近また気になるところがでてきました。

それはベランダ・バルコニーの広さです!

バルコニーも最初は十分な広さと思っていたのですが、毎日洗濯物を干しているとわかってきました。

5人家族の我が家にこのバルコニーでは狭い!!!

バルコニー・ベランダは洗濯物が干せればいいやくらいに思っていると後で大きな後悔をするかもしれません!!

これから注文住宅及び、家を買う人はバルコニー・ベランダの大きさには是非注意してほしいと思います!!

我が家が失敗した点と、失敗しないベランダの作り方をまとめました。

参考にしてみてください!!

スポンサーリンク

 

ベランダやバルコニーの使用用途を明確にしよう

まず、バルコニーやベランダの使用用途ちゃんと決めていますか?

せっかく家を建てるのであればベランダの活用方法も取り入れたいですよね!

お庭が狭かったり、駐車場しかない方はベランダを広くして、ガーデニングや植物を置いたり、テーブルを置いてお外でご飯も楽しいですね!

 

小さいお子さんがいる方はベランダで夏はビニールプールもできますよ!庭だと人の目も気になるけど、ベランダだと除かれる心配はないですね。友達宅も庭がないからってベランダを広くしている人もいました。

 

ベランダは、ただ洗濯物を干すだけではなくて、使い方によっては大活躍する場所になります。外構のことは後回しじゃなくて、外構プランも考えながらベランダの広さや目的を決めていくといいですよ!

洗濯物を干すにはどれくらいの広さが必要?

ベランダやバルコニーは洗濯物を干すだけていいやって方はどれくらいの広さがあれば快適に過ごせるのでしょうか?

家族の人数にもよりますが、洗濯物と布団を干すことを前提として考えます。

奥行と幅どっちが大事?

私がベランダを使っていて奥行も幅もどっちも大事だと確信しています。

とは言っても予算のこともあるので、幅よりは奥行を重視した方がいいいです!

幅が狭くても奥行があれば布団も洗濯物も両方ちゃんと干せるので。

奥行が狭いベランダは非常に使いづらい

奥行が狭いと洗濯物や布団が干しづらくなります。最初の間取りを見るとベランダ奥行が90㎝になっていました。90㎝の奥行はかなり窮屈感をかんじるはずです。人が一人スムーズに通れる奥行が1mくらいなので、ベランダの奥行は1m以上が好ましいと言えます。

 

1m以内の奥行のベランダは、かなり狭いので注意してください。洗濯物と布団は一緒に干せないです。洗濯物だけでいっぱいになりそうです。物干し竿の位置にもよりますが洗濯物が手摺に付く可能性も出てきます。

 

実際にうちの図面で見てみますとこうなります。

少し醜いのはご了承ください。

奥行がある

奥行がない

これでわかると思いますが、奥行がないとベランダとして使い勝手が悪いです。ベランダの大きさは一番使う奥様の意見を取り入れてあげるといいかもしれませんね!洗濯の干し方も人それぞれスタイルがありますので使い勝手が良くなるように工夫しましょう!

 

ちなみに我が家の奥行は1.35mです。奥行もあまりない・・

奥行は1.5mを目安に考えるといいですよ!!

スポンサーリンク

幅が狭い場合

横幅が狭い場合も困ることがあります。

横幅は4メートル以上欲しい所ですが、我が家は3.6mしかありません!!布団の大きさはだいたい1mなので最大でも3枚の布団しか干せません。

 

4人家族以上であれば一気に全員分の布団は干せない計算になります。毎日布団を取り換えながら干すことがめんどくさいです!敷き布団だけ干せばいいわけじゃないし、毛布や掛け布団も干しますよね!!

 

1日の内に取り換えて干すこともあります。我が家は5人家族なのでもう少し横幅も広くとれば良かったと本当に後悔しています。

 

さらにベランダには、室外機を置くはずです。室外機も結構大きいし、圧迫感があり、ますます狭く感じます。室外機のことも考えて広さは考慮するべきです!

 

奥行1.5m以上 幅は4m以上の広さで検討してみてください!

 

そうすれば我が家と同じような失敗は防げるはずです。

ベランダに付けたら便利な物

ベランダを洗濯物メインと考えるなら、多少の雨を防げる屋根があると便利ですね!家の形状にもよりますが、外出中に突然雨が降ってきて洗濯物干しっぱなしでも安心感があります。

 

2階のべランダが広く取れない場合は、1階にも物干し材を付けれる場所を設置しましょう!

 

洗濯物って2階まで持っていき、干すのもたくさんの量だと疲れますよね、1階にも干す場所があれば分散できるし、2階のベランダが狭くても回避できます。

まとめ

ベランダ作りに注意すること

①奥行は1.5m以上が好ましいです!奥行1.3mだと5人家族は厳しい。

洗濯物と布団を干してしまうと、いっぱいいっぱいです。

②幅は4m以上が好ましいです!布団1枚1m幅必要です。布団以外にも干す物ってたくさんあるし、幅が狭いと1日中干しっぱなしができない。

③室外機の存在を忘れずに広さを考えよう!

間取り作りの段階ではベランダの広さのことは重視していませんでした。室内の間取りばかり考えていた結果ベランダの奥行や幅のことはどこか二の次になっていました。

 

今さら後悔しても遅いのですが、子供たちが今後成長した時には2階のベランダだけでは足りなくなること間違いありません。現在既にべランダ・バルコニーは一杯です。

 

毎日洗濯物を干す場所ですから、使いやすい広さを重視して家作りをしてみてください!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。