ホテルの仕事

ホテル業界で英語力はどれくらい必要?ホテルで働いていた経験談

ホテルで将来働きたい、ホテル業界に興味があるけど英語がしゃべれないからどうしようと悩んでいませんか?

 

ホテル業界での仕事に就きたいのであれば、英語力が必要と言えますがどれくらいの会話ができればいいのか元都内のホテルで働いていた私が知る限りの情報をお伝えしようと思います!

 

また2020年に東京オリンピックが開催されることにより、外国人の観光客や来日する人数も大幅にアップするはずです。ホテル業界が人手不足になっているので、英語力が今話せなくても努力次第ではオリンピックまでに十分な英会話ができるようになるのでホテル業界に挑戦してみてはどうでしょうか!

 

スポンサーリンク

 

ホテル業界で必要とされる英語力はどれくらい?

ホテル業界と括ってしまと広範囲になってしまいますので、ホテル業界で流暢な英語力が必須なホテルとある程度の会話が求められるホテルに分けてみます。

ホテルって言っても日本全国にありますので、英会話がどれくらいできればいいのか表にしてみました。

ホテルの種類 英語レベル 備考
外資系ホテル ★★★★★ 流暢な英語が必須です。
都内周辺のシティホテル ★★★★ 外資系ほどではないが、相手の話していることに対して英語での返答ができないときつい
ビジネスホテル ★★★

観光地でなければそこまで外国人のゲストはこないがフロントなら話せないと困る。

ホテルで働くなら英語力は求められて当然になってきます。特に必要なホテルは外国人がよく泊まりに来る、観光地のホテルや都内周辺のシティホテルです。私が都内のシティホテルで働いていたこともあり、都内のシティホテルを前提に、どれくらい外国人のお客さんが宿泊しにくるのか、またどんな英会話が必要で、従業員の英語力はどれくらいなのか解説していきます!

 

都内周辺のホテルで必要な英語力とは

ホテルで仕事をするのに、英検やTOEICが何点以上必須と言うことではなく、基本的に英会話力に自信があれば資格の有無は問われません。英語の資格を持っていればホテルのもちろん就職、転職でアピールできるので資格は持っていて損はしませんよ!

 

都内周辺のホテルであれば、外国人の宿泊客が全体の60%70%といった高い確率で宿泊しに来るホテルもあります。客室数が多いいと外国人の団体客も多く利用します。

 

私が働いていたホテルだと、アジア系の国々の団体客が多かったです。中国や韓国といった身近な国々の外国人客です。アジア系の外国人と話すときも英語が基本となりますし、ゲストも英語なら通じると思って英語で話してきます。

 

必要な英語力は、相手の話を理解して説明することができることになります!それができないと仕事にならない部署もあります。全くできない人もいるけれど、それだと周りに迷惑がかかるか、自分が情けなくなるかです。

 

スポンサーリンク

 

宿泊する外国人が使う言語の種類

自分のホテル勤務経験から話させていただきますが、 

第一位 英語

第二位 中国語

第三位 フランス語

 

を話す人が多かったです。フランス人のゲストは英語ではなくて母国語で話してくる人が多くて正直困ることもしばしばありました。そんな場合は、丁重に丁重に申し訳ないけどフランス語がわからいので英語はできますか?とゲストに聞いていました。

 

丁重に聞けば、英語で大丈夫だよ~OKと言ってくれるゲストが多かったです。つまりフランス語ができなくても英語力があれば基本会話が成り立ち、焦ることはあってもなんとか会話が成立するのです!

ホテルで使う必要な英会話とは

ホテル英会話は、慣れが一番大事です!だいたい質問されることって同じなんですよね!

 

例えばロビーだと「トイレはどこにあるの?」「タバコは吸える?」「荷物を預けたい、取り出して」とかだいたい決まった質問が多いので、最初は難しくても毎日外国人相手にしていれば、すぐに会話にも自信がついてきます。聞かれることって、だいたいこれかなってわかってくるのでそれをまとめてメモに書き残しカンペを作りましょう!

 

ホテルスタッフの中でも一番英語力を試されるのは宿泊に関わる仕事です。

フロント・ドアベル・ハウスキーパー・宿泊予約・コンシュルジュ、そしてオペレーターです。

このどれかに配属される、もしくは宿泊の仕事をしたいのであれば英語力を磨きましょう!

 

私がホテルで働いていたとき難しいと思ったのは、電話での会話です。電話での英会話は話すスピードも速く、言葉に詰まることもしばしばありました。電話で相手の英会話が理解できなかった場合の裏技はとにかく単語を聞き取るこに集中することです。

 

全てを聞き取れなくても、わかる単語はありますよね?単語を聞き取り、すぐにわからなかったら一度電話を切って、理解できた言葉から相手が何を言いたいのか推理してみましょう!

例 「部屋の金庫があかなくなったから誰か来て欲しい」

外国人のゲストがこのように電話で話してきました。全部の英語が理解できなくても

「inroom safe」や「safe」と言う単語を聞き取れた、理解できたとします。金庫と言う単語から何が想像できますか?私が考えると

①金庫の使い方がわからない

②金庫の暗証番号を入れても開かない

③子供が悪戯した

多分これくらいのことが予想されますので、部屋に伺い確認しますと伝えればOKです!これは、慣れれば誰にでもできるようになります。英語力がない人は、単語だけでも覚えて、相手が何を言っているのか聞き取ってください。

 

スポンサーリンク

 

ホテルスタッフの英語力はどれくらい

ホテルで働くスタッフは、全員英語力が高いわけではありません!ホテルで何年働いていても全然進歩しない人もいるし、外国人と会話ができるチャンスだと思って積極的に会話をして上達していく人それぞれです。

下の記事でホテルマンなのに英語ができないと悩んでいる人向けにまとめています。あわせて読んてみてください。

>>>ホテルマンなのに英語ができない!!それって大丈夫?元ホテルマンが教えるよ!

英語を使った仕事に就きたいと思っているなら、外国人が多く出入りするホテルで働くこで毎日英会話ができます!

 

ホテルで働くスタッフが全員英会話ができるわけではないのでそこまで構えなくて大丈夫です!新入社員であれば、周りの先輩社員がフォローしてくれるし、仕事を覚えていくと当時に英語のスキルアップをしていけばいいのです。

 

ただ2年3年と社歴も上がれば、求められる対応、責任も強くなってきますよね!その時に英語が苦手、話せないから・・・これは少しまずいですよね。

忙しい社会人でも英語力をアップさせる方法

社会人になると帰ってから勉強しようと思っていても、疲れや、残業で時間がなくなり勉強時間をまとめて取るのは非常に厳しくなってきます。英語力を磨きたいと思って本を買ったとしても継続できないことが多いです。私も同じ経験あります。

 

英語の参考書を買ってペラペラ数ページめくったけど、仕事から帰ってくると好きなこをしてのんびりしたくなってしまいますよね!そんな時にどうやって英語力を付けていくのか少しお話します。

 

私の場合は、当時通勤に約2時間弱かかっていましたので電車の中で英会話のCDを聞いていたり、ホテルで聞かれそうな文章をまとめて暗記などしていました。通勤時間を有効に使えば勉強って意外とできちゃいます。

 

そして今便利なのがスマートフォンで英会話の勉強ができることです!オンライン英会話があるけど、仕事から帰ってきてPCの前に座って英語力を磨くのも中々難しいと思いませんか?とにかく通勤時間の利用がおすすめです。仕事前に英語を聞いて、仕事で実践する感じです。

>>>通勤中でもスマートフォンで英会話のレッスンが可能!時間を有効につかってみよう

 

まとめ

ホテルで必要な英語力は、相手の話を理解し、返答ができるようにしておけば大丈夫です!難しい英語は使わなくてOKだし、できる範囲でいいから、簡単な言葉でいいので話すことが大事です。一番いけないのは「I cannot speak English」です!これを言ってしまうならホテルでの仕事はできません!

 

分からなくてパニックになりそうなら、「他のスタッフを呼んできます」と言えるようにしておくとか、「Could you please wait a moment?」お待ちいただけますか?とか言えるように練習しておくといいですよ!流暢な英語をしゃべれるスタッフもたくさんいるので、助けてくれますから安心して仕事しましょう!

仕事しながら本場英会話ができるとプラス思考の考えを持つと英語も上達しますよ!

>>>ホテルで働くなら英語力を鍛えよう!!

 

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

>>>ホテルマンの髪型はどうするべき?ホテルで働くなら常に身だしなみを整えよう

>>>ホテルマンの給料が安いって本当?元ホテルマンが事情を暴露します

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。