高校野球

吉田輝星がイケメンで中学はどこ?父親や家族構成も

2018年の夏の高校野球秋田県代表になった金足農業高校!

エースピッチャとして活躍するのが吉田輝星選手です!吉田輝星選手はイケメンピッチャーとしても名が高く女性ファンも急上昇しています。吉田輝星選手の中学や家族構成やご兄弟など気になりますね!

今回は、金足農業高校のイケメン吉田輝星選手の中学時代や家族について調べてみました。

スポンサーリンク

吉田輝星がイケメン投手として人気!

吉田輝星さんがイケメン投手として人気が出ています。ただのイケメンじゃなくて実力のあるイケメンです!

各スポーツ紙も一吉田選手に注目をしています。

ネット上では吉田選手のピッチングに絶賛の声がたくさんあがっていました。吉田選手が甲子園で戦ってみたい相手は大阪桐蔭なんだとか!大阪桐蔭は今大会の優勝候補です。特に二刀流の根尾昴さんが大注目を集めています。

やはり強者には挑戦してみたいというのが本音ですよね!吉田選手も根尾選手に負けないくらい秋田県大会では活躍をしてくれましたね!しかも球速はMAX 152km/h」なので根尾選手より早いです!

 

高校生でこのレベル!!プロになったらどんだけ早くなるんでしょうか!

スポンサーリンク

吉田輝星の中学時代は?

高校生でMAXストレートのスピードが150キロ出せるとは凄すぎる吉田輝星さんの中学時代はどんな選手だったのか探ってみました。

中学は地元の潟上市天王中学校に進学し中学の野球部に所属していました。中学で本格的に野球をやっている子は外のボーイズチームに入部する子が多い中、吉田輝星さんは中学の野球部で練習に励みました。

中学3年生の時には、秋田県大会でベスト4になり、潟上中学の選抜メンバーに選ばれました。吉田輝星選手は中学までは軟式野球を続けていました。甲子園に出場するような上手い選手達はみんな中学になると硬式野球に転向する人が多い中、吉田輝星さんは軟式野球だったんです。

軟式野球よ硬式野球は全然違うので、高校生になってすぐに硬式野球に慣れてここまでエースとして成長した吉田選手は野球のセンスも優れている選手だったんですね。

軟式野球出身の吉田選手については驚く人が多いんです。

吉田輝星の父親も野球選手!?

吉田輝星さんの4人家族で、ご両親と弟さんが1人いらっしゃいます。そして吉田輝星選手のお父さんは野球選手だったそうなんです!

しかもお父さんも、同じ金足農業高校の野球部でピッチャーをしていました。

名前は「吉田正樹」さんといいます。年齢は42歳でお父さんも高校時代は息子の輝星さんと同じようにエースピッチャーだったと言います。実力的には息子の方が上になってしまいましたが、吉田輝星さんはお父さんにたくさん野球を教えてもらったそうなんです。

お父さんの正樹さんは、1992年と1993年の秋田大会でなんと決勝まで勝ち進んだそうですが、惜しくも甲子園に出場することはできませんでした。

自分が達成できなかった夢を息子に託して、更に息子もそれに答えて見事甲子園に出場してしまうという感動的なエピソード!!今回金足農業高校が甲子園に出場することになり、誰よりもお父さんの正樹さんが喜んでいるのではないでしょうか!

息子、輝星さんが甲子園で活躍する姿を見守りたいとおもいます。

スポンサーリンク

吉田輝星がドラフト候補!投球スタイルや球速はどれくらい?

吉田輝星さんは秋田県大会でも奪三振を多く取っていたことで、スカウトの目に止まったそうなんです。投手として奪三振を取れることは最強の武器になりますよね。

最高速度が現在152キロで、同じ高校生投手のライバルと比べても吉田輝星さんの球速はズバ抜けて早いんです!

松坂大輔さんが横浜高校時代とても注目を浴びていた選手でしたが、松坂選手の高校時代のMAXスピードは151キロなんで当時の松坂選手より早いです!

最近は高校生で140キロ、150キロを投げる投手がたくさんいるので驚きますよね!

投球スタイルは、152キロのストレートを武器にスライダーや、カーブ、スプリットを投げることができるので、バッターも翻弄されてしまうんです。

吉田選手は身長が176㎝とそこまで高くないのですがここまでのスピードが出せるのは下半身がしっかり鍛えられているからです。春の東北大会後に行われた1週間の校内合宿で会毎日1時間の短距離ダッシュを繰り返していたそうなんです!

 

また以前吉田選手を視察した日本ハムの白井康勝スカウトは

「投手としてのセンスが高い。桑田さん的なタイプ」と評している。

この夏好成績を残せればプロ野球の球団からも指名されること間違いない吉田選手!お父さんの期待も背負ってどこまで勝ち進むのか注目です!

スポンサーリンク

吉田輝星が甲子園デビュー戦で金星

8月8日に金足農業高校VS鹿児島実業高校が対戦し、見事5-1で金足農業高校が初戦を勝利しました。先発はエースの吉田選手です。鹿児島実業の打線を見事に抑え込んだ吉田選手はこの日14奪三振を奪いました!

 

そして、9回9安打1失点の完投勝利で、この日も最高148キロのストレートで鹿児島実業も手が出せない状態でした。吉田選手の活躍で甲子園会場もネット上も盛り上がっていましたね!

この調子で第2回戦も頑張ってほしいですね!

吉田輝星のプロフィール

吉田輝星 よしだ こうせい

2001年1月12日生まれ

秋田県潟上市出身(かたがみし)

身長175cm 体重82kg 

出身中学校:潟上市立天王中学校

投打:右投げ右打ち

ポジション:投手

吉田輝星さんは、小学校3年生の頃から野球を初めました。当時所属していたチームは天王ヴィクトリーズです。

中学校3年生の時に秋田県大会でベスト4まで進出し潟上市中学の選抜メンバーに選ばれました。中学卒業後は金足農業高校に進学し1年生の秋からレギュラー入りを果たし、エースピッチャーとしてチームに貢献し始める。

 

高校3年生になるとMAX投球スピードが152キロと高校生とは思えない規格外な速さを記録します。

さらにはU18の侍ジャパンメンバーにも選出されていて今後期待される投手の1人になっています。

スポンサーリンク

まとめ

記念すべき第100回夏の高校野球大会は出場高校も多く注目を浴びる選手がたくさんいることでしょう。その中でも吉田輝星さんは、持ち前のスピードとコントロールを活かして奪三振を狙ってくるのではないでしょうか?

どんな試合を見せてくれるのか楽しみです!

あわせて読みたい
根尾昂に彼女はいるの?イケメンの二刀流に大注目!大阪桐蔭の根尾昴選手に彼女はいるの? 2018年夏の高校野球大会に大阪桐蔭が出場することになりましたが、根尾昴選手が今大会は一番の注目...
あわせて読みたい
万波中正の中学時代がヤバイ? 高校通算ホームランも調査万波中正の中学時代がヤバイ? 高校通算ホームランも気になると話題になっています。 横浜高校の万波中正選手は、第100回夏の高校野球選手...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。