高校野球

吉田輝星は調子乗り過ぎて斎藤佑樹みたい?ドラフト評価や希望は巨人なのか!

吉田輝星は調子乗り過ぎて斎藤佑樹みたい?ドラフト評価や希望は巨人なの?と話題になっています。夏の甲子園で一躍有名になった金足農業の吉田輝星!

 

多くの女性ファンがいる事も有名です。学校の文化祭が中止になった程ですからさその人気ぶりは凄まじいものですよね!まさに一気に人気アイドルになったような感じですよね。最近ではプロ野球に進む事も発表されて注目度は更に上昇しています。

そんな吉田輝星については調子に乗りすぎと言う話もネット上で囁かれていますが、どうなのでしょうか!今年のドラフトや評価、巨人への希望など様々話題が絶えませんよね。まだ高校3年生なのにここまで注目されると言うのもすごい事です。

今回は今大注目の吉田輝星について、調子に乗りすぎているのか?ドラフトや評価、巨人についてあらゆる情報をまとめましたので要チェックしてくださいね。

スポンサーリンク

吉田輝星のプロフィールと経歴

氏名:吉田 輝星( よしだ こうせい)

生年月日:2001年1月12日

身長:175cm

出身地:秋田県潟上市

ポジション:ピッチャー

家族構成:御両親と弟

在学高:金足農業高校

経歴

・小学3年生から軟式野球を始め中学3年生の夏には県内ベスト4に入り中学選抜

・金足農業に入学すると一年生から控えの投手としてベンチ入りをし、秋にはエースピッチャーになる。

・2年生の夏には10年ぶりの決勝進出を果たすも敗退

・3年の春の秋田大会では8試合全てに出場して大会優勝

・東北大会でベスト8

・同年の夏の甲子園では決勝進出を果たすも惜しくも敗退

・U-18日本代表に選出

・一時は大学進学も考えていたが、今月プロ志望を提出。

吉田輝星は調子乗り過ぎて斎藤佑樹みたい?

今も吉田旋風は更に走り続けておりメディアもかなり特別扱いしていますよね。甲子園で活躍した選手は他にも沢山いるとは思いますが、吉田輝星さんには何か人を集めるオーラがあるでしょうね。

 

勿論実力もあるのでしょうけど、まだまだ高校3年生ですからね。記憶に新しいハンカチ王子こと斎藤佑樹と多少被っている所もある気がしませんか?斎藤佑樹もかなりマスコミから持ち上げられ、連日多くの人によって囲まれて、プロ野球界に入団しました。

 

高校時代はかなりもてはやされて、多くの女性ファンもいましたが、プロに入ってからと言うもの中々結果が出ずに今でも苦しんでいますよね!そんな記憶がまだ新しい中、吉田輝星が再び同じような扱いをされていて多くのファンが心配するのも仕方ないことですよね。

 

インターネット上でも、かなりの人が心配しています。今のマスコミの報道の仕方はやはり考えるべき必要があります。持ち上げるのも、潰すのも簡単に出来るマスコミのやり方は若者を傷付けるだけですから、そこは上手に対応してもらいたいと考えるのは私だけでしょうか!

スポンサーリンク

吉田輝星のドラフト評価は?1位指名される?

ソフトバンクでは高評価を得ており、高校生のレベルを超えていると言うくらいですから1位で指名される確率は高いと思います。日本ハムについても評価はかなり高く、高卒で入団した桑田真澄と比較して桑田真澄に似ている投手であると高評価を得ています。

 

現状ではソフトバンクと日本ハムの1位指名が濃厚では無いとかと言われていますよね。共にスカウトの人が実際に見て評価していますから、チーム事情等も考慮してマッチするのでしょう!

吉田輝星がプロ志望届を出してから巨人も吉田輝星の獲得を明言していますから、現象は3チームの争いになりそうですよね。

吉田輝星の投球スタイルやスピードは?

吉田輝星さんの球種は持ち前のストートになりますが、それ以外にもスライダー、カーブ、スプリット、ツーシームが挙げられます。投球フォームはオーバースローとなっていますので、一般的でしょう。

 

スピードについては最速150km/hとなっています。つい最近では自己最速の152km/hを記録していますから、まだまだ伸び代は十分に感じられますよね。高校生でこれだけのスピードを出せると言うのはかなり凄いことです。

 

中々出せるスピードではありません。下半身もしっかり鍛えられており、安定していると言う話も出ていますから、プロに行ったら更なる活躍が期待されています!プロになったら活躍してくれないと意味ありませんからね。

吉田輝星は巨人志望?

吉田輝星は巨人ファンであり、ある取材にで巨人へ行きたいか?と言う質問に対して「行きたいです」と素直に答えていましたよね。自分の気持ちを素直に伝えると言う部分はまだまだ高校生なんだなぁーと感じた瞬間でもありました。

 

野球球児にとってはやはり巨人は憧れの存在なんですよね。長嶋さんの巨人軍は永久に不滅です!の言葉はやはり野球球児にとっては年代問わず心に残る名言なんでしょう!勿論巨人と言うネームバリューに憧れを持つと言う事もあるかもしれません。

 

正式にプロ志望を出した事で巨人のスカウトも1位指名を明言しているという記事も出ています。果たして相思相愛の結末になるか今からドラフトが楽しみでなりません。

スポンサーリンク

吉田輝星の父母は家族構成は?

輝星さんの父親も金足農業の卒業生であり、エースピッチャーとして活躍していたそうです。輝星さんは父親から野球を教えてもらい、現在の活躍に至っており、進学先も父の母校に決めたとされています。

 

親子揃ってエースピッチャーって凄いですよね。遺伝なんでしょうか。現在は実家で家族で暮らしており、母親は栄養面のサポートを、父親は野球でのアドバイスを家族で輝星さんを支えていることが分かります。

 

また、弟想いのお兄ちゃんとしても評価は高いです。そして弟についても何と野球をしており、ピッチャーをしているとのことです。現在11歳ではありますが既に100km/hを出しているというから凄いですよね。

 

父の夢を輝星が!輝星が、叶えられなかった甲子園優勝は弟へ託す!感動ドラマのようです。家族揃って全員がピッチャーの中で育ったので環境も吉田輝星さんを強くしています。

そんな一家を母がサポートするって同じ女性として尊敬してしまいます。今後も輝星さんだけでは無くて弟の活躍についても注目ですね。

 

2018年のドラフト候補は誰?

今年のドラフト候補は吉田輝星以外にも注目選手は多数いますので紹介していきますね。

・吉田輝星(金足農業)

・柿木蓮(大阪桐蔭)

・市川悠太(明徳義塾高校)

・野村祐希(花咲徳栄)

・夏目大(常葉大橘高校)

・小泉航平(大阪桐蔭)

・藤原恭大(大阪桐蔭)

・鈴木裕太(日本文理)

・小園海斗(報徳学園)

・斎藤大輝(横浜高校)

などなど注目選手は沢山います。

上記は高校生しか上げていませんが、大学からも注目選手は出ています。

スポンサーリンク

まとめ

ドラフト会議は10月25日に開かれます。

自分がどこに入団するのか運命の日になりますから、本人たちにとっては長い長い一日になりそうですね。

自分が希望するチームに入れるのかどうかも含めた注目です。毎年ドラフト会議にはドラマがありますからね。くじによってその人の運命が決まると言うのもなんとも言えない状況です。

 

しかしながらどのチームに行ったとしてますプロになる想いはみなさん変わることはないでしょうから、プロとして成長し続けていってほしいです。まずは皆さんが大注目する吉田輝星についてどこに行くのか!テレビの前でチェックしましょう!そして決まった時のコメントにも注目です!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。