高校野球

大谷拓海の怪我の状況は?態度が悪いって言われている理由を調査

中央学院の大谷拓海の怪我の状況は?態度が悪いって言われているけどその理由が気になると話題になっています。大谷拓海さんは西千葉代表の中央学院野球部の4番バッターのエースです。

中央学院は2018年の夏の高校野球に初出場します。大谷拓海さんは大会前に怪我をしていました。

大谷拓海さんの現在の怪我の状況やまた態度が悪い理由について調べてみました!

スポンサーリンク

大谷拓海が大怪我をして脳挫傷だった?

西千葉代表の大谷拓海選手は、5月27日に行われた練習試合の投球中に打球が右頭部を直撃しその場に倒れ込みました。そして救急車で緊急搬送されたのです。

大谷拓海選手の怪我の程度は想像以上に悪く付き添った大谷選手のお母さんも愕然したそうです。大谷選手の状況は頭蓋骨骨折、脳挫傷、軽い外傷性くも膜下出血という大怪我を負ってしまったのです。

当時の様子を大谷拓海選手のお母さんは

「2、3日意識が戻らず、大好きな野球ができなくなってしまうのではないかと心配だった。それどころか、普通の生活さえ送れるのか不安だった」

と言っています。それもそのはずです。素人が聞いても頭蓋骨骨折、脳挫傷、軽度のくも膜下出血といった名前を聞いただけでもその先普通に生活ができるのかとまず思ってしまう怪我や状態です。

息子の大怪我と、大好きな野球が今後できるかわからない現状、普通の生活ができるようになるのかと大谷拓海選手のお母さんも毎日不安に押しつぶされそうな日々を送っていたと思います。

同じ子を持つ親として自分の子供が怪我をしたら胸が張り裂けそうです。

大谷拓海が復活?現在の怪我の状況は?

大谷拓海選手は、怪我をして倒れてから3日目に意識が回復しました。初めは自分の身に何が起こっているのか、状況を理解するのも辛かったはずです。意識が回復しても、始めは立つこともままならない状態の大谷選手。

 

早く野球の練習をしたい、チームの事がずっと気になっていたそうです。入院中は体重が減ってしまい69キロになってしまった大谷選手。しっかり食べて元の体重76キロに戻すことを一番意識していたそうなんです。

体力をしっかりつけて、元の体に戻さないと本来の力を発揮することは難しくなりますよね。辛い現状の中大谷選手は常に前を向いてとにかく早く怪我を治すことに集中していました。

ここまでの怪我を負ってしまうと心折れてしまう人もいる中、本当に強い心で怪我に立ち向かって尊敬します。

1週間の入院え経て、1ヵ月間リハビリをして、なんと怪我をしてから1ヵ月後には野球部の練習に復帰をした大谷選手!ここまでの怪我をしながらも1ヵ月での復帰です!凄すぎませんか!?

練習を再開したものの、当初は感覚がおかしく球が当たらない日々が続きました。焦る中、チームの仲間や監督から「大丈夫!焦らずにやろう」という励ましの言葉で立ち直っていった大谷選手!

練習はできたけど公式試合は、ドクターストップがかかっていたんです。そして医師から試合出場許可が出たのがなんと7月19日に行われた西千葉大会4回戦目だったのです。

4回戦目は野手として試合に出場し、準々決勝、準決勝では投手として復活の登板を果たしたのです!そして見事に甲子園の切符を掴んだ大谷拓海選手。大谷選手は

「支えてくれた両親や仲間に恩返しができるように甲子園で活躍したい」と言っていましたね!また大谷選手のお父さんの話では「拓海は小学2年生の時に第100回夏の甲子園出場する!」と突然言い出したそうなんです!

まさに幼い頃からの夢を達成した大谷拓海選手かっこいいですね!大怪我という困難を乗り越えて出場した甲子園は特別な大会になるのではないでしょうか!

スポンサーリンク

大谷拓海の態度が悪いってどういう事?

大怪我にも立ち向かい見事復活した大谷拓海選手ですが態度が悪いという噂があるんです。全然そんな風に見えないのですが理由はあるのでしょうか?

それは大谷拓海選手は二刀流選手なんですが、苗字が大谷です。

二刀流の立役者になった大谷翔平さんと苗字が一緒で同じ二刀流の大谷拓海選手!

同じ大谷で二刀流という事、大谷翔平さんと比べられることや、大谷翔平について聞かれることがあるようです。たまたま苗字が同じと言うだけで大谷翔平さんと比べられても正直嫌ですよね・・・。

以前大谷拓海選手に二刀流の本家でもる大谷翔平さんについてどう思っているの聞いたことがありました。その時の答え方の態度が悪かったそうなんです。

「同じ二刀流の大谷選手について何か意識していますか?」

「別に何も意識していません」

「大谷選手の高校時代と比べたら、球速は負けていますが自分の方が、技術的な部分は勝っていると思うし、パワーも負けていない」

大谷拓海選手はこのように答えたんです。これに対して「態度が悪い!」と言われています。でもこれは売り言葉に買い言葉のような状態だと思うんです。

ただでさえ同じ「大谷」ということで、変に周囲から意識されてしまい、拓海選手も嫌ですよね、二刀流だけだったら拓海選手も違った答え方ができたと思います。

それに自分の方が強いと思うのは別に悪いことじゃないし、負けたくないと思っているからこそ言い方もこうなってしまうんです。

大谷拓海のプロフィール

大谷拓海(おおたに たくみ)

2000年7月13日生まれ

千葉県出身

身長180㎝

体重76キロ

ポジション 外野・投手

球速144キロ

大谷拓海選手は、小学2年生の時に野球を始めました。滝野中学校時代は船橋シニアに所属し、3年生の春に全国大会に出場しました。中央学院高校に進学すると1年生の時からベンチ入り、公式戦にも出場するようになりました。

また二刀流としてのセンスも高く中央学院のエースとしてチームを引っ張る存在に成長しました。今年の5月の練習試合でまさかのアクシデントに見舞われましたが、1ヵ月で回復し再びマウンドに立ち、100回大会の甲子園に行くことができました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は中央学院の大谷拓海選手について調べてみました!

怪我から試合に復帰するまでは精神的にも辛かったと思いますが、復活することができて本当に良かったです。

甲子園で全ての力を出し切って悔いのないようにしてもらいたいですね!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。