家作り

子供部屋4.5畳だと狭い?クローゼットが必須な理由

子供部屋作ってあげたけど4.5畳のスペースしか確保できなかったってご家庭たくさんあると思います。お子さんがいる家庭だったら子供部屋も作ってあげようと必然的に考えるはずです!

4.5畳の部屋ってどうなの?狭くないかな?と心配されている方もいますよね!そこで今回は子供部屋4.5畳って実際どうなのか検証してみました!

 

子供部屋4.5畳は狭いのか?クローゼットの有無についてまとめます。

 

スポンサーリンク

 

4.5畳の子供部屋は狭いメリット・デメリットは?

4.5畳の子供部屋のメリット

まずは子供部屋が4.5畳のメリットを考えてみました。

・片付けが得意になる!
・部屋が広くないから、友達のたまり場にならない。
・リビングで過ごす時間が多くなる。
・いずれ自立して子供は家を出てくので子供部屋より他のスペースの確保

 

4.5畳のスペースは決して広いとは言えません!つまり逆に考えると限られた空間の中で物の配置を決めるようになります。床には物を置けないし子供が片付け上手、管理が上手になっていきます。

 

また子供部屋が広くないから、友達のたまり場にならないという意見もありました。家に友達を呼んだとしても大騒ぎしたり、ドタバタされると家の人は迷惑です。狭い子供部屋だったら大人数は無理です。

 

広い子供部屋だと毎日子供の友達が集まってきて迷惑だった話も聞きました。子供部屋が狭ければ、必然とリビングで過ごす時間が多くなるかもしれません。
部屋が狭いから、リビングに降りてき勉強したりくつろいだりすることも。

 

またいずれ自立して子供は家を出てくなら、子供部屋は最低限の広さで大丈夫だということです。

 

 4.5畳の子供部屋のデメリット

・やっぱり他の部屋を見てしまうと狭いと感じる。
・収納がないとNG
・部屋の模様替えが難しい。
・ベッドと机、両方置けるか微妙

6畳の部屋を基本とするとやはり狭いのは否めない。4.5畳の部屋に収納がないのはNG。収納スペースは4.5畳とは別に作る必要があります。部屋に置くものが限られてしまうので、収納棚を床に置くことはできません。

 

部屋の模様替えも決まってしまいそう。また中学生くらいになって体格も大きくなったらベッドと机を両方置いたらパンパンになりそう。

 

デメリットはやはり狭いかな?ということです。4.5畳のスペースも慣れてしまえば問題ないので、子供には最初からこの大きさだよと言っておけば文句はでないはずです。
子供が部屋が狭いと文句を言うのなら将来自分でお家建ててねと言いましょう!!

子供部屋は平均何畳必要?

子供を持つ親として人気の広さがやはり6畳です。親の意見からすると、広すぎず、狭すぎない中間点を選ぶ人が多いとハウスメーカーの人に聞きました。

やっぱり気になってしまうのが広さ!子供部屋なので、広すぎも困るし狭すぎてもレイアウトが限られてしまうので困るという意見が多数見受けられます。

子供部屋の平均の広さはどれくらいがいいのか、私がハウスメーカーの担当者に聞いたところだいたいの人が6畳の子供部屋を希望するとのこと。子供部屋で6畳以上だと、建築面積に余裕が必要です。

私が結婚するまですんで住んでいた実家の部屋も6畳だったし、兄弟の部屋も6畳でした。また友達の家に遊びに行った時も6畳が多かった気がします。

 

広めだと8畳や10畳の友達もいましたがそれは一人っ子だったり、家が豪邸だったり、兄弟の人数により違う気がします。4.5畳だとちょっと窮屈でゆとりのある6畳が子供部屋の理想でもあります。

スポンサーリンク

4.5畳の狭い空間でも何とかなる

家の広さに余裕があるならば、6畳の子供部屋を作ってあげたいところですが、間取りを作っていくと、うまくいかない時もあります。また子供の人数が多いと子供の人数分部屋を確保するとなると、4.5畳の部屋になるでしょう。

 

しかし狭いからといって何か心配になることはありますか?自分の部屋では休んだり、1人の時間を楽しめれば問題ないと思います。1人部屋で何をするのか考えてみてください。基本的には睡眠と学習と好きなことがそこでできればOKです。

 

これらのことをするのに部屋の広さは別に必要ないです。子供が1人部屋が欲しいって言った時に、1人になれる自分の場所が用意されていることが子供は嬉しいんです。「狭いけどここ使ってねじゃなくて、ここがあなたの部屋だよ」って言えばいいと思います。

 

子供部屋4.5畳は狭いのか?

実際私は、新築の家の子供部屋を4.5畳にしています。3人分の子供部屋を確保するのは我が家は4.5畳が限界値だったので仕方ないのですが、4.5畳のイメージと実際の広さが結構違うってことに気が付きました。

 

間取りを決めている最中4.5畳の部屋の広さが気がかりだったので友達の家のお部屋を見せてもらいました。私の友達も4.5畳の部屋を子供部屋にしていてたので間取りを作っている段階ではとても参考になりました。

 

友達曰く4.5畳は、最初は広さに不安を感じていたけど、実際子供が使っているのを見ると全然問題ないとのことです。一般的に4.5畳って聞くと狭いイメージみたいです。私も狭いと当初思っていたのでその気持ちはわかりますがイメージと実際の部屋を見ると何とかなりそうでした。

4.5畳は狭いけど工夫次第でなんとかなる

6畳やそれ以上の子供部屋を想像していまと4.5畳の子供部屋は狭いと感じることでしょう。

元々狭い部屋なのに床に物をガンガン置いていたら歩くスペースもなくなってしまいます。

しかしそれは、狭い空間には極力床に物を置かない事で回避できます!

物は床置きにしないで空中に棚を付けたり、クローゼットの中にしまい込むのがポイントです!部屋の中に家具を置かなければ部屋として十分使える広さになります。4.5畳の部屋は上手にレイアウトすれば狭さは回避できます!!

 

スポンサーリンク

 

子供部屋4.5畳にクローゼットは必須

子供部屋が4.5畳の部屋には、物を片付けられる収納スペースを元から確保することが重要になってきます。我が家の子供部屋の間取りで検証してみます。

こちらが我が家の子供部屋です。緑丸部分が子供部屋になります。

3部屋とも平等に4.5畳です。子供の部屋の広さは同じにできて良かったです。子供は自分の部屋が兄弟より狭かったら結構根に持つと考えて部屋の広さは全員同じにしました。

 

子供部屋の広さはどう考えてもこれ以上広くができなかったので、クローゼット(収納スペース)は広くしてあげました。この間取りでみると部屋は4.5畳なんですが上2部屋はWICウォークインクローゼットを付けました。

 

WIC1.5畳のスペースを確保したので、部屋とWICを合わせると実質6畳の部屋の大きさになります!!6畳の部屋で収納スペースが確保できないより4.5畳で収納スペース確保の方がいいと思いませんか?

 

子供は私物も多いし、WICにしておけば荷物もガンガン置けちゃいます。我が家は、WICの扉を付けていません。扉を付けないことで部屋を広く見せられるのでおすすめです!

子供部屋4.5畳の部屋作る時に気を付けること

・4.5畳の部屋には床に物を置かないようにする。そのためにはクローゼットやウォークインクローゼットを設置する。

・窓は大きめの窓一つが良い!その理由は、壁の確保ができないからです。窓を2か所に設置してしまうとフリーの壁がなくなりレイアウトが難しくなります。

小窓を上の方に作るなど工夫が必要です。

 

まとめ

私は子供部屋は4.5畳でも問題ないと考えています。限られたスペースをどうやって活用するかは親御さんの出番です!!子供にも自分のスペースがちゃんとあるのだから納得して使ってもらいましょう!!

 

我が家はタマホームで費用を抑えながら注文住宅を建てることができました。

タマホームについて詳しく知りたい人はこちらから無料でカタログ請求ができます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。