タマホーム

タマホーム大安心の家36坪の間取りを公開するよ!

こんにちはTENです!

新築注文住宅の楽しみって好きに間取りを作れることですよね!!

誰もが間取りづくりを心待ちにしていると思います!

 

間取を作ってもらうときって本当ワクワクドキドキの時間だった。

今思うと時間を戻せるならやり直したいって思ったり・・・。

 

とにかく楽しんで間取りを作ってもらいたいです。

こんなのがいいな、あんなのがいいな、本当に迷いに迷って決めてほしい!

 

スポンサーリンク

 

要望と予算を伝えて間取り作り開始

 

 

タマホームではどの段階から間取りの提案をしてもうの気になりますよね!

私の場合は、タマホームに通い始めて3回目に初めて間取りの話が出てきましたよ、どんな風にしたいのか、部屋の数はいくつ必要か、予算の希望はどれくらいなのかなどいくつか担当者に質問されました。間取り作成してもうらうためには、たくさんの要望を出しましょう!

 

それを見て担当者が意見をまとめて間取りを提案してくれます。

予算は二の次、最初は理想を伝えるべき

せっかく間取りを提案してもらうのだから、一度は予算なんて気にせず全ての要望を入れて間取りを作ってもうらうことにしました!それが意外とおもしろかったです!予算を無視して、自分たちの夢のマイホームを建てると、どんな間取りになり、いくらくらいかかるのか気になりますよね!

 

とりあえず予算は置いといて、夢のマイホームを建築したら一体いくらお金が必要なのか現実を知るためにも一度やってみてください!そして現実を見たら、そこから削るポイントを出していく方法がおすすめです。

我が家が間取りに入れてもらった要望

・家の広さは40坪以上で広々としたリビングルーム(後に36坪に変更した)当初は広めに考えていました。

・子供が3人なので全員に子供部屋を作る。一部屋は5帖~

・書斎、読書スペース

・ウォークインクローゼット

・階段でいける収納ロフト

・玄関は広々

・1階にリビング以外に部屋が欲しい

・寝室は8帖くらい

・2階にフリースペースを作ってくつろぎスペースにしたい。

・太陽光発電を付けたい。

我が家が最初に出した要望はこんな感じです!自分たちの好きなように全部間取りに入れたらどうなるのか楽しみでした。この土台間取りから予算に合うように削っていく方法です!

最初の間取りはどんでもないことに

全ての要望を間取りに入れてくれた営業担当者から間取りを見せてもらったときは、すごいドキドキしていました!まさにこれが理想の家の間取りです。しかし金額を見ると当然予算はかなりオーバーしていました。

 

うちの家の予算は2000万です。それ以上は超えないようにするのが私たち夫婦のスローガンです。現実を受け止めた私たち夫婦は、予算の2000万になるようにガンガン間取りを削っていきました。

 

スポンサーリンク

 

ひとまず完成36坪の間取り

今回は特別に間取りをお見せしたいと思います。

上写真の間取りは1階です。

1階はリビング広めでキッチンはオープンにしました。

大安心の家だと和室は無料で一室作ることが可能です。しかし我が家は子供の年齢も低いので汚され確率が高いと判断し見送りました。

 

UTスペースは担当者さんが考えてくれたスペースで、私の引きこもり書斎になっています。

この狭い空間が落ち着きます。

 

下の写真は2階の間取りになります。

当初はファミリールームに憧れがありましたので黒〇してあるスペースが家族全員が使えるフリースペースにしていました。ここで本読んだり、椅子を置いて晩酌したいななんて思っていました。最初は。最終的にこの間取りは没となりましたので2階のフリースペースは無くしました。

 

赤丸の9.5帖の部屋は子供部屋になっています。最初は2部屋つながっていて広く使う事が目的です。将来的には2部屋に分かれる仕組みにしました。

しかし、2階の間取りが納得ができず何回も変更していくことになりました。

 

 

間取り作りは、担当者のセンスがカギを握る

初めての間取り提案はこんな感じになりました。間取りは納得いくまで何回も作り直すので、最初は楽しいけど、後から納得できる間取りができないとイライラしてきました。

自分たちでは思いつかない間取りに出会えるか出会えないのか、全て担当者の力次第です!

営業担当者の腕が勝負の鍵になります!

まとめ

我が家の間取りは、至って普通の間取りなので参考にならくてすみません。私たちも、何回も間取りをやり直して作成したので、最終間取り決定まで時間を費やしました。急いでパット決めるより、じっくりじっくり間取りは作ってほしいです!そして注文住宅を建てるってことを楽しんでほしいです。

 

間取りを作り始めたころからやっと家を建てることに対し実感が出てきます

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。