家作り

【マイホーム】後悔したくない、失敗したくない!!気を付けることって何?

 

こんにちはTENです!

 

知っていますか?この事実!!!

 

念願のマイホームをゲット!!!!やったー!!!!!!

 

しかし、住み始めてから失敗した、後悔したって思う人は実はたくさんいることを!!!!

あなたは知っていますか?

 

これから家を建てたいな、買いたいな、興味があるなって思っている皆さん、後悔しないマイホームを建てるにはどうしたらいいのか是非じっくりと考えてほしいです!!

 

マイホーム購入で失敗したくないならこれだけは、気を付けてほしいことを今回は、まとめてみましたので熟読してくださいね笑!!

 

失敗は成功の基だけど、マイホームにおいては失敗したら・・・後がない

 

スポンサーリンク

 

マイホームどんなことで失敗するの?

失敗とか後悔したって聞くけどどんなことで、みんな失敗するのでしょうか!例えば

間取りの失敗、リビングが狭い、家事同線がない、子供部屋が足りなくなった

日当たりの失敗、昼間なのに暗い、洗濯物が乾かない

電気関係の失敗 コンセントが足りない、電気のソケットが足りないなど

いろいろ失敗体験談を見ていると出てきます。

しかし!!!!

一番失敗してはいけない項目がまだ出てきていません!!なんだと思いますか?

それはズバリ

お金の失敗です!!

お金のことで失敗、後悔すると、取り返しのつかないことになるかもしれません!!

マイホームでお金の失敗をすると何が危険?

住宅ローンです!住宅ローンを借りすぎて無理な返済をしていくと最悪は破産することも考えられます。ローンて言わば借金ですからね!借金とは言わないだけで、ローンを組むときは一番神経を使ってください!

 

自己資金0でもOKですよーなんて甘い誘惑は超危険!!

マイホーム、お金の失敗を防ぐには予算をはっきり決める

いくらの家を建てるのか、どのくらいまでローンを借りることが可能なのか、正確な数字を考えておくこと!これは本当に大事です!!

お金の流れをきちんと把握してシミュレーションしてみてください。FPに無料で相談できるイベントも展示場で開催しているときもありますのでシミュレーションはプロにやってもらいましょう!

 

ハウスメーカの営業だって、人の人生がどうなるかなんて知ったことないですよ。住宅ローン3000万までなら借りれますよって言われても、本当にそんなに借りて大丈夫なのか一回、立ち止まってください!!

 

ローンを限界まで借りてしまうと、ローン返済苦になるパターンが続出!

我が家が建てた、タマホームの家だったら予算は2000万と最初から決めていました。

ローンもできる限り抑える!抑えたい!これ私のスローガンです!

 

スポンサーリンク

 

 

営業担当者はなるべく高く家を売りたい

いくら親切な営業だって、客に買わせることが仕事です。

マイホームの予算を伝えるときも、「だいたい」「これくらい」と言った言葉はあまり好ましくありません。だいたいの予算案だとブレが出てくると怖いので、いくらまでなら大丈夫と決めてしまった方がいいです。

 

ハウスメーカーの営業マンも「だいたい」と言う言葉には敏感です。

だいたい2000万くらいと伝えたら2500万のマイホーム提案をしてきます。
私の家も2000万以内と伝えても2300万の家の提案をしてきました。

 

大きな金額を見ていると100万200万の増加が小さく感じられるので、誘導されないようにしましょう!!冷静に考えれば100万200万の増加って大きい金額ですね!

予算はMAX出せる金額ではなく200万〜300万低めに設定しておこう!!
 
200万低めに設定しておけば、100万増加したとしてもOKできますよね!
 

失敗しないためには夫婦で真剣に話し合いをしよう

どんな家を建てたい?

どんな雰囲気が好き?

お庭の広さはどれくらい?

リビングの広さは?

収納は?子供部屋は?

オール電化?ガス?

予算は?

自己資金は?

など、もっともっとたくさんの質問をハウスメーカーさんに聞かれます。

 

じゃあどんな家にしたいか、夫婦でしっかり話し合いをして質問されたらはっきりと伝えることが大事です!夫婦の意見は一致するまで話しましょう!

自分達のマイホームに対する考え、気持ち、要望はまとめておく!

 

 

マイホームで後悔しないためには、いろんなハウスメーカーを見る

気になるハウスメーカーや似たコンセプトのハウスメーカーは、必ずチェックしましょう!新築を建てるのにいきなり一社だけにお願いするのは危険な考えです。いくら友達の紹介でも、知り合いが働いていても、他の会社も必ず見ること!!

引っ越し頼むのも普通何社かに見積もり出してもらいますよね?それと同じです!

 

どんな家を建てたいの?理想を書き出してみよう

どんな家が好きですか?何階建てにしますか?リビングは何帖?寝室は?子供部屋は?

理想のマイホームはどんな家?その情報を元に間取りや家の内装外装を営業は提案してくるのです。それなのに、質問に答えられなかったり、思いつかないのはもったいないです。こんな家に住みたい、リビングは広めがいいな、部屋は4部屋ほしい、パントリーが欲しい。

私の理想のマイホームはこれって言うのをガンガン出していこう!

間取りの失敗は提案不足と営業のセンス

間取りの失敗は提案不足と営業のアイディア不足から生まれるので、間取りを失敗したくない人は実例集の本を買って自分でそれなりに勉強したほうがいいですよ!

 

紙一枚の上で見る間取りと住んでから感じる間取りって全然違うので、間取りは納得できる提案をしてもらうまで何回も何回も打ち合わせをすれば、そこまで大きな失敗はないはずです。

絶対にこれだけは外せない場所を決める

私の場合は太陽光発電は絶対付けたいとずっと考えていました。また洗い物がきらいなので食洗器は高くても絶対付けると決めました。マイホームで絶対叶えたい条件を決めておくと後で楽になりますよ。

 

キッチンにこだわりたいとか、広いバルコニーが欲しいとか、収納を広く取りたいとか優先順位を決めておくと尚よいですね!

 

まとめ

マイホームで失敗は誰もがしたくありません。

そのためには知識が必要です。

そして、常になんでだろう?どうして?って考えよう!

疑問を持つことはいいことなんです!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。