習い事

幼稚園の年少から習い事は必要ないと思う理由を5つあげてみる!

こんにちはTENです。

子供の習い事を始める時期で悩んでいるママも多いと思います。

今回は、幼稚園に入園した年少さんは習い事が必要なのか、必要ないのか検証してみました!!

幼稚園に通うお子様がいる方は参考にしてみてください!

年少から習い事は必要?年少から習い事を慌てて始めなくていい理由

習い事って最近は、2歳3歳くらいの未就園児から習い事をしているお子さんをたくさん見かけるのですが正直感心してしまいます。

私は、子供が未就園児のとき習い事はさせていなかったので。

 

 

未就園児さんでも習い事しているのに、幼稚園に入って何も習い事をしていないのはヤバイと思うお母さん方もいますよね!

その前に、未就園児の習い事と幼稚園通いながらの習い事って比べるのは間違っていると思思いませんか?

 

 

未就園児の習い事だと午前や昼間の時間帯が多いと思います。夕方から通う事はあまりないですよね。だけど幼稚園に通い始めたら習い事は放課後になります。習い事の時間帯も夕方からが多くなります。

 

この始まる時間が違うだけで難しくなるんですよね!

 

 

 

年少の時は幼稚園の生活を優先

まず年少さんは、幼稚園での生活に慣れることが第一優先です。初めての集団生活やお母さんと日中離れて過ごす時間は子供にとって慣れるまで結構な負担、ストレスになります。

 

慣れるのは子供によって違いますが、幼稚園も少しずつ園生活に慣れてもらおうと考えています。1学期を終えたころに子供も幼稚園での生活を覚えてきて慣れてくるころです。

夏休みを利用して短期の習い事をやってみる

 

夏休みの間は習い事の短期教室がたくさん開校されます。

くもん、ドラゼミ、水泳教室、英会話、 体操教室、などやってみたい、やらせてみたい習い事があれば日中自由に動ける夏休みを利用しよう!短期教室に入ると結構勧誘されるのですが、今回はお試しでやっているとはっきり言えば大丈夫です。

 

 

短期教室での子供の様子をしっかり見て、2学期、3学期以降どうするかじっくり考えてから申し込みをしましょう!

年少で習い事を初めても途中でやめてしまうケース

年少で習い事を始めるのを否定しているわけではないです!ただ友達や幼稚園の知り合いの話を聞くと年少で初めても途中でやめてしまう子が多いとききました。

 

その理由は体力が持たない、疲れてしまうことが一番の理由です。

 

幼稚園も毎月行事がたくさん詰め込まれていますよね、一番のイベントは運動会でしょうか

運動会の練習が始まると子供たちがだいぶ疲れた様子で帰宅します。

 

その後に水泳や体操といった運動系の習い事をこなすのはきついはずです。

年中、年長になっても幼稚園で大きなイベントに向けてたくさん練習して帰ってくると疲れたと言っています。

 

 

幼稚園のイベントは2学期に固まっていることが多く、習い事を2学期から初めてみたけど子供が疲れて習い事に行けない日が多かった、結局やめてしまったなんて事例をよく聞きます。

習い事は年中になってからやろう

 

年中になると、だいぶ子供の体も心も成長してきています。お友達との関係も大事にするころですので幼稚園以外でのお友達を作るのもいいですね!そして、幼稚園以外での集団行動もできるようになります。年中になると5歳です。5歳だったら色々なことに挑戦してみたい、やらせてみたい年齢です。

年中になると半分以上は何かしら習い事をスタートさせている

年少の時に何も習い事をさせていなかった親でも年中になって5歳を過ぎたことから習い事を始めたよって声を聞きます。年中になると放課後も体力が余っていて困る、放課後暇だから習い事を始める人も多いです。

まとめ

私個人の意見としては習い事は年少さんだとまだ早いかなって思います。

一番の理由は幼稚園に慣れるのに時間がかかるからです。

 

子供も幼稚園も始まり、習い事も始まりでストレスが溜まります。

そして年少さんはまだ4歳、幼稚園から帰ってきたら疲れて寝てしまうなど体力面で心配。

 

習い事って人それぞれって言うけど周りのお友達が習い事をやり始めているのに、自分の子供だけ何もしていないと焦ったりしていませんか?

人に合わせないで自分の子供にしっかり合わせてみてください!

そこは冷静に考えないといけないところなんです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。