育児

サンタクロースの存在を知るにはどうする?「あのねサンタの国ではね」これ読んで!

こんにちはTENです。

 

11月も後半になりいよいよ冬到来ですね。

 

冬は寒いけど子供たちにとっては楽しいイベントがたくさんあります。

 

12月は一年で一番楽しみなクリスマンスが待っています。

クリスマスが終わると、一気に年末モード、そして新年が始まりますね。

アラサーになってますます1年が早く感じるようになりました。

 

さてクリスマスが近づいてきたら、世界中のお父さんお母さんはプレゼント探しや、サンタクロースのしかけに大忙し!!

子供の頃私もサンタクロースが来るのをすごい楽しみにしていました!

サンタさんってなんで、あんなに子供をワクワクさせてくれるんでしょうか!!

しかしここで問題サンタクロースって一体誰なの?どこに住んでいるの?と子供に聞かれた

経験がある人が多いのではないでしょうか!

私も子供に聞かれて説明に困ったことがあります。

そんなときに役に立つのが絵本です。

サンタクロースの存在を子供にわかってもらったおすすめのサンタクロースの絵本があります。

子供にサンタクロースの存在をわかってもらう絵本

この絵本は、私が探したサンタクロースを題材にした絵本の中で一番忠実にサンタクロースの生活を再現している絵本だった!!それは

「あのね、サンタの国ではね・・・」です!!

この絵本を探したきっかは、私の子供が昨年「ママ、サンタクロースって何?」から始まり、サンタクロースの質問攻めにあったのだ!!

子供は興味示したものに対する情熱量は半端ない!

質問攻めにあいながら、こうだよ、ああだよと説明していたものの、全部答えるのもめんどくさいと思った私は「サンタクロースの絵本を借りてきて読んでみたらわかるよ」と言ってしまったのです。

それから、サンタクロースを題材にした絵本を探して読んだけど

「あのね、サンタの国ではね・・・」が一番よかったんです!!

あのね、サンタの国ではね・・・をおすすめする理由

何が良かったのか教えなさいよ!!ってこでよかった点は

サンタクロスの一年の暮らしをテーマにしている!

冒頭は「きたの はての うつくしい もりの なかに、おおぜいの サンタがなかよく くらしています」

原文そのまま書いていますが、うちの子は「きたの はて」ってどこ?と聞いてきた!

きたのはては、寒い外国の国だよと説明!!

息子納得しました!!!!!!!!!!

サンタクロースってフィンランドの方に住んでいるイメージですよ、私はそっちの方に住んでいる認識です。

一年を通してサンタの私生活を描いている絵本は他にはなかった。

7月
サンタたちが おおきな ぼうえんきょうをもって よいこをさがしに でかげました
        中略
ちゃんと べんきょうしているかな。 しっかり おてつだいしてるかな
サンタたちの ノートには せかいじゅうの よいこの なまえが かかれています。

ここも私が好きなページです。

子供に読むときも、いい子にしていなとサンタさんこないよねって言って、子供も真剣に話を聞いてくれる!!

絵本の内容も本文をとってもいい内容だなって思いました!!

サンタクロースの存在がよくわかっていない、サンタさんについて知りたい、興味がある子には是非読んであげてほしい絵本です。

あのねサンタの国ではね・・・サンタクロースの一年のくらし 黒井 健絵
サンタの国ではたくさんのサンタが暮しています。中でも、一番大きくて、立派なひげをはやしているのが「グランサンタ」です。グランサンタたちはどのように1年を過ごしているんでしょう・・・?
グランサンタの家に集まって、新年のご挨拶をするのは1月。
2月は、子どもたちから届いたお礼の手紙を読んでいます。
トナカイたちが、空を飛んだりそりを引く練習をする「となかい学校」の入学式は4月。
5月にはサンタたちの体力測定。世界中を回るには、やっぱり体が丈夫でないとね。
サンタの国の短い夏を海で楽しむのは8月。
9月からはいよいよクリスマスに向けての準備が本格化し・・・。
12月・・・クリスマス・イブの夜、いよいよ世界中の子どもたちへプレゼントを届けに出発です!
https://www.ehonnavi.net/ehon/57/あのね、サンタの国ではね…/
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。