未分類

4歳、発音がおかしい?これって構音障害なの?治療するまでの記録

こんにちはTENです。

 

突然ですが、自分の子供が普通より発達が遅かったら親はすごい気になりますよね!

TENには子供が3人いるんですが、当時4歳の長男の発音がずっと気になっていました。

4歳だと、幼稚園の年少に通っているころです。

周りのお子さんは上手にお話しているのに、うちの息子だけ発音がおかしかった!

私は親なので息子のしゃべっていることはわかりましたが、お友達のお母さんや親戚のおじさん、おばあさんには息子が何をしゃべっているのかわからなくて、よく聞き返していました。

息子一生懸命話す。

伝わらない。

会話のキャッチボールができない。

こんな状態でした。

 

当時まだ年少さんだったので幼稚園の先生に聞いても男の子だしまだ大丈夫よと言われたけど私はすごーく心配でした。現在5歳になった息子ですが現在も月に1回ほど発音教室に通っています。息子の発音が気になったきっかけや、いつまで様子みて大丈夫なのか、心配だけどどうしたらいいかわからないと思っている方大丈夫です!!とりあえず一つ一つ心配なことを解決していきましょう!!

 

スポンサーリンク

 

構音障害って何?治した方がいい年齢は?

構音障害なんてあまり聞きなれない言葉ですよね!

私も実際息子の発音がおかしいと思うまで聞いたこともない単語でした。

構音障害(こうおんしょうがい)とは、発音が正しく出来ない症状を言う(「構音」とは医学的用語であり、言語学上では「調音」と言う。一般には「発音の操作」と理解される。狭い意味では咽頭以上の音声器官の操作を言う)。喉頭の障害である音声障害とは区別される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A7%8B%E9%9F%B3%E9%9A%9C%E5%AE%B3

Wikipediaによると、このように書かれていますね!!

簡単に言えば、発音が正しくできない症状です。

幼児の場合は個人差が大きいの5歳を過ぎても発音が不明瞭、明らかにおかしい場合は治療を進めるようです。これは、現在5歳の息子が通っている発音教室の言語聴覚士さんから聞いた情報です。お住まいの自治体によってはもう少し年齢が早まったり、遅くなったりするかもしれませんが平均的に5歳以降で発音が気になる場合発音訓練進めると言っていました。

5歳だと、幼稚園の年中さんから、年長さんになりますね。

 

きっかけは些細なことからはじまった

うちの息子は発音以前に言葉を話すのもすごく遅かったです。あまりにも話さないのでこれもすごく心配でした。3歳過ぎてからようやく会話ができるようになったのです。そのこともあり、息子の発音が少し変でも「まだしゃべりだして一年だし、年齢とともに解決するだろう」と私は考えていました。幼稚園でも最初は全然しゃべらなくて心配だったと言われたけど慣れてきた2学期以降は自分から話すようになりました。家では私も旦那も息子の発音がおかしいことは気づいていましたが、まだ年少だし4歳になったばかりだし様子みていることにしました。それがある事件をきっかけにこのままではいけないと思うようになりました。

 

 

それは息子が4歳の誕生日を過ぎたころです。

しばらくぶりに幼稚園以外のお友達と遊ぶことになりました。

公園で息子とお友達しょうご君(仮名)が楽しそうに遊んでいると、しょうご君が私のところに来てこう言ったのです。

「僕の名前を間違って呼ぶの」とお友達のしょうご君がいいました。

「そうなのごめんね、なんて言ってた?」と私が聞き返すと

「僕の名前はしょうごなのに、しょうろとかしょうとって言う!!何回もしょうごって言ったのに覚えてくれないよ」

息子のお友達は私にこう言ってきたのです。この時のことは鮮明に覚えています。

これを聞いた私は、息子の発音をきちんと治してあげないといけないと思いました

きっかけがないと気づけないと言うか、気づかないふりをするわけではないけれど中々次の行動に動けなかったので、この事件は息子の構音障害を私に気づかせてくれた事件でした。

しょうご君に発音が上手じゃないと言っても伝わるか不明だったのでしょうご君のママに発音が下手だからごめんねって言いました。

お友達から直接指摘されたことは初めてだったけど息子も自分の言葉が通じなくて少しがショックを受けたことでしょう。

決定的な事件はもう一つありました。旦那の両親、義父からからかわれたことです。息子の発音がおかしいことをわかっているくせに、わざと言えない言葉を言わせて「それちがうでしょう!!」って笑っていたことがすごく嫌でした。
自分の孫なのにどうしてこんなこと言えるのか本当にムカつきました!!
旦那にもひどすぎると怒りをぶつけ本気で息子の発音を治してあげたいって思いました。

 

スポンサーリンク

 

治してあげたいけど、結局どこに相談すればいいの?

発達の悩みって気軽にママ友に話せないし、ママ友に話しても大丈夫だよって済まされてしまうので真剣に悩んでいるのならばお住まいの子育て支援センターや市の保険センターへ連絡するのが一番です。子育て支援センターに行って聞いてみるのも一つの手です。その道のプロなので解決策を教えてくれるかもしれません。

 

 

私は、たまたま息子の友達のママが言葉のことで保険センターに問い合わせしたってことを聞き保健センターの発達相談室へ連絡しました。私の住んでいるところでは子供発達支援相談の窓口があるので、同じように他の地域でも同等の窓口があるはずです。

そこに電話して直接話すのが一番手短に話が進みます。息子がもう少し大きくなってお友達にからかわれたり、発音が変だからいじめられる可能性だって出てくるのが心配だったので年少の冬に相談の電話をしました。

 

か行とた行とがおかしい

私は、どうしたらいいのかわからなかったのでとりあえず市で運営している発達相談に電話して聞いてみました。
その時点で息子の発音が変だったのは
「か行とた行」が混ざる状態でした。
例えば「こうえん」が「とうえん」 「おとこのこ」「おととのと」
「コアラ」が「トアラ」「からす」が「たらす」、「か」の発音が「た」になったりしていました。

最初の面談の予約も2か月先

電話で発達相談に問い合わせしたところ一度面談しにいくことになりました。

驚いたのは、その面談予約も2カ月先だったのでビックリです。療育は混んでいる話しは聞いていましたが本当でした。
なんでこんなに混みあっているのか?
最初の面談で教えてくれたんですが、就学時期が近づいてくると治したいと思う人が多いので就学前の3学期はすごい混んでいるそうです。
私が相談の電話をしたのがちょうど4歳3か月のころで、1月でした。1月なら就学前に最後の追い込みで治したい人がたくさん通う時期だったので面談予約も2カ月先になってしまいました。でも2か月先でも予約を取っておけば安心します!

 

やっぱり就学前に治したい方がたくさんいるので教室は年長さんが優先されます。
息子は、年少の冬に連絡したので優先順位も下でした。
発達診断の先生は、年中になってから練習を始めても大丈夫だと言っていたけど、お友達や家族に言われたことがあったので私はできればすぐに教室に通いたいと伝えました。
その思いが伝わっては年少の春休みから発音教室に通うことができました。
そして今も月に1回通っています。
だいたい教室は30分でマンツーマン指導してくれます。
そして市で運営している療育なので無料で受けられています。

 

 

発音教室に通うこと10カ月

息子も、きれいな発音でお話ができるようになってきました。
発音が下手な子は舌の動きが不器用だったりします。
息子も舌を動かすことから練習しました。
あとはやっぱり年も関係しています。おしゃべりもどんどん上手になってきました。自宅でも発音練習を欠かさず毎日やっていたので教室の先生にも褒められています。いくら教室に通っても自宅で練習しないとうまくはならないです。

 
もし、子供に心配ごとがあれば発達相談や保険センターに電話して話してみよう!!
特に年長さんになると就学を意識しての相談が多くなり予約もいっぱいだそうです。
私も相談から実際教室に通うまでも約3カ月かかりました。
すぐに予約は取れないと思って気になることは早めに行動して間違いないです!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。