気になる人物

斎藤佑樹の現在が悲惨過ぎる?ダルビッシュに見放された過去と戦力外になってしまうのか

 

スポンサーリンク

 

斎藤佑樹の現在が悲惨になっているようです。

ハンカチ王子と呼ばれていたあの頃が懐かしいですね・・・。

なぜここまで、彼はダメになってしまったのか、現在はどんな状態なのかちょっと心配です。

2018年は年俸も下がり気味なので、このままフェードアウトしてしまうのか気になったので斎藤佑樹について調べてみました。

 

斎藤佑樹が悲惨な現状から早く抜け出せたらいいですよね!

 

斎藤佑樹の現在が悲惨な理由は?

斎藤佑樹の現在が酷すぎる、悲惨だと話題です。

 

斎藤佑樹は「ハンカチ王子」と言う上品なネーミングを付けられたのは2006年の夏の甲子園で田中将大との熱戦を繰り広げ、見事再試合で勝ち早稲田実業を優勝に導きました。

 

そして斎藤佑樹は大学へ進学して大学野球でもそれなりに活躍をして、日本ハムに入団をしています。

 

まず、斎藤佑樹の黄金時代大学まででした。プロへの道は険しかったのか、黄金時代の斎藤宇由紀から暗黒時代の斎藤佑樹に突入してしまうのです。

 

入団1年目こそは、怪我もありましたが、19試合に登板して、6勝6敗の防御率は2.69の成績を収めることができました。

 

この成績は新人としては、まぁまぁいい成績でしたが、2年目は開幕投手を任され見事勝利を収めることができました。

 

それも完投勝利だったので、斎藤佑樹に監督もファンも期待をしていたことでしょう。

 

しかし、それを最後に成績不振に陥ってしまいます。1軍登板しても、ボコボコに打たれてしまう斎藤佑樹が2軍に降格してしまいます。

 

また怪我にも苦しめられてしまい思うようなピッチングができない日々が続きます。

 

そして、2013年には、大谷翔平が日本ハムに入団し、協力はライバルである後輩が現れました。斎藤佑樹もこの辺から存在感が薄くなってきてています。

 

背番号も斎藤佑樹は、「1」を付けています。「1」はエースナンバーなのになぜ斎藤佑樹がと思われている方もいるかもしれませんね。

 

これは、球団からの提案で、元々「18番」をつけていたけど、甲子園の時の輝きを戻してほしいと願い、「1」の背番号を斎藤佑樹に渡しているのです。

 

斎藤佑樹も背番号「1」に対して、成績不振の自分が付けるのは嫌だったみたいです。

 

スポンサーリンク

 

斎藤佑樹の現在がチャラい?ポルセシェを買ってもらった疑惑

「ハンカチ王子」なんて可愛く呼ばれていた斎藤佑樹ですが、2016年に週刊文春にポルシェをおねだりしたと報じられてしまいました。

 

おねだりした相手は「ベースボールマガジン社の池田哲夫社長」です。いくら車がほしくても、ポルシェっておかしいですよね!!

 

野球選手なら自分の給料で買うのが普通なはず、誰かに頼むとはビックリです。成績不振で稼げなかったけど、野球選手としてのプライドがあったのでしょうか。

 

斎藤佑樹が買ってもらったポルセシェは800万円以上したとか、さらに他にも生活用品やら、財布や住まいなど無償提供されたことが週刊誌には書かれていたのです。

 

うーん、これだとファンも引きますね・・・。

 

斎藤佑樹のイメージは高校野球で「ハンカチ王子」と呼ばれていたイメージが強すぎて、誰もがチャラい斎藤佑樹のイメージが思い浮かばないと思いますが実際は腹黒王子かもしれません。

 

ダルビッシュ有からも見放された斎藤佑樹

ダルビッシュがまだ日本ハムにいたころ、斎藤佑樹に先輩としていろいろ教えてあげようと斎藤佑樹に声をかけ、自分のグループに誘ったことがありました。

 

しかし、ダルビッシュはすぐに斎藤佑樹のことを「こいつはダメだ」と見放したそうです。

ダルビッシは練習にも熱心で同じピッチャーとして、教えてあげようと思ったのですが、斎藤佑樹は違いました。

 

斎藤佑樹は野球のことより、合コンや彼女がほしいなど、全然関係ない話ばかりしていたそうなんです!!

 

プロに入団したのにまだ、大学時代の感覚が抜けていなかったのでしょうか、ダルビッシュや他の選手からしても、1人だけ「合コン」や可愛い彼女がほしいなんてことばかり言っていたそうなんです。

 

確かに野球選手と言えば女性問題がよく噂になっていますよね。

 

合コンの話も聞きますが、それは成績も残してきっちりプロとしての役目を果たしてから「合コン」でも好きなことをやればいいと思います。

 

スポンサーリンク

 

斎藤佑樹は練習が嫌い?

更に衝撃なことに、斎藤佑樹は練習が嫌いだとか・・・。ダルビッシュも早々と斎藤佑樹が練習しないことを見抜いていたそうです。

 

斎藤佑樹が練習嫌い伝説

①大学時代、全体練習以外の練習はやらない。

②キャンプで強制的に走り込みをするときだけ走るが自主的にランニングはやらない。

③ブルペンで他の投手は100球以上投げているのに、斎藤佑樹は30球程度で終了

斎藤佑樹の練習嫌いはチームメイトも驚いていたそうです。

 

練習の積み重ねていくことで、スポーツ選手は強くなっていくのに基本的なことが出来ていない斎藤佑樹は、どんどん成績不振になっても不思議なことではないですよね。

 

またライバルだったマー君とは一気に差がついてしまい、もはやライバルではなくなりましたね。練習を怠った結果が積み重なり、差が出てしまった部分もあると思います。

 

斎藤佑樹が一番輝いていた時は高校3年の夏の甲子園だったってことは間違いないですね。

 

斎藤佑樹がここまで悲惨になってしまった原因は?

一番の原因は、自分の力を過信していることだと思います。確かに甲子園で優勝した実績はすごいことですが、その時の栄光にいつまでもしがみつき、自分は出来るんだと、強いんだん過信していた部分が少なからずあるはずです。

 

そして「ハンカチ王子」と呼ばれ一世風靡を経験し、一躍スター扱いになったことで、生活も一遍しますよね。誰でもいきなりスポットライトを浴びて注目されるようになれば、自分は人気なんだ、と勘違いしてもおかしくありません。

 

ただその状態の斎藤佑樹に対して、誰か制御する人はいたのでしょうか?出来ると勘違いしたまま大学時代を過ごしていたとするなら逆に可哀想なくらいです。

 

大学1年の時に、斎藤佑樹は、全日本大学野球選手権決勝で優勝投手になました。そして史上初の1年生MVPに選出されています。

 

この時に「一生何か持っているというか、こういう人生なのかなと」と発言しています。

 

結構ビッグマウスな発言していますよね。確かにこの言葉通り、一生何か持っていることは間違いでしょう。

 

何も持っていなかったら、とっくに戦力外になっていてもおかしくないですからね。

 

斎藤佑樹は戦力外になってしまうのか?

2018年の斎藤佑樹ですが、昨年に比べて年俸もガタと落ちています。栗山監督も、これまで斎藤佑樹の背中をずっと支えてきましたが、これ以上は難しくなるかもしれません。

 

成績不振なのにチームに置いておくのは、他の選手にとっても不満だろし、不公平になってしまいます。

 

2018年以降も続けていくなら、年俸はどんどん下げられても文句は言えません。

 

斎藤佑樹が戦力外にならない理由は?

やはり本人も言っている通り「何かを持っているから」でしょうね!一番に「ハンカチ王子」としてあまりにもフィーバーしてしまったので、知名度は他の選手より全然ありますし、斎藤佑樹が気になっている人はたくさんいます。

 

現に斎藤佑樹のグッズはよく売れているそうです。まさに日本ハムの広告塔です。

 

チームにいることで、他の選手は迷惑な可能性もありますが、日本ハムにとっては、斎藤佑樹は広告塔でもあります。

 

今でも注目を浴びているのは確かなんです。結果が残せなくても注目を浴びてしまうのも、本人はキツイと思いますが。

まとめ

斎藤佑樹の現在が悲惨な理由について調べてみました。「ハンカチ王子」としてスターになった瞬間を私もみていたので、現在の姿は悲惨と思われても仕方がないような気がします。

 

栗山監督もまだ諦めていないようですし、過去に練習嫌いと言われていましたが、もう一度復活して真の力を発揮してほしいですね!

 

合わせて読みたい記事はこちら

斎藤佑樹の戦力外は2018年にあり得る?2018年俸はどれくらい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。