家作り

ハウスメーカーの選び方とコツ初心者が失敗しないためにやることは?

 

スポンサーリンク

 

こんにちは!

 

マイホームそろそろ欲しいよね、でもどうやって始めるのか全然わからないんですけど・・・

 

その気持ちはよくわかりますよー!我が家も、同じような感じでしたので。私も旦那も、どうする?と言いつつ数か月経過していました。

 

ハウスメーカーを選ぶのだった初心者には何を基準にどうやって決めて行けばいいのか、わからないって人が多いと思います。

 

そこで、ハウスメーカーの選び方のコツは?初心者が失敗しなためにもやるべきことは何なのかまとめました。

 

選び方のコツについては、様々な意見があると思いますが、今回は私が家を建てた時に、気を付けた点なども合わせて紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ハウスメーカーを選ぶ時のコツは?

家を建てるとなっても、住宅会社はたくさんあるので、どこに頼めばいいのかまず壁にぶつかるかと思います。

 

ハウスメーカーって言っても超たくさんありますからね。大手から名前も聞いたことない住宅会社や工務店やら本当にたくさんあるので、本当に悩みますね。

 

我が家の場合は、私も旦那も住宅に関してはド素人でしたので、最初に思いついたのは積水ハウスでした。

 

積水ハウスで建てたいじゃなくて、知っているハウスメーカーって聞いたら積水ハウスとか、大和ハウスとか超大手のハウスメーカーしか知りませんでした。

 

なのでハウスメーカーってどこ??全然知りませんって言うあなたも、大丈夫です!!無知である場合は、時間をかけてゆっくり知っていった方がいいと思います。

 

私も本当に住宅に関しては無知でしたが、自分達のライフスタイルに合わせた予算の中で無事に建てることができました。

 

と言うことで、ハウスメーカーを選び方のコツの1つは、時間をかけてどんなハウスメーカーがあるのか知っていくことです。

 

ハウスメーカーを選ぶ方法は?

いろんな種類のハウスメーカーがあるのがわかったところで、次は自分達はどこのハウスメーカーだったら要件が通り、理想のマイホームを建てることができるのかってことを考えていきます。

 

家を建てたいって思った時にどんな家にしたいのか予算はどうするのかなど全部書き出してみるのがオススメです。

 

そこで、理想の家を作るためのチェック表を作ってみました。

理想の家を作るために考えよう!

予算

ザックリでいいので、予算は最初に決めておきましょう。

2000万・2300万・2500万・3000万・3300万・3500万・3800万・4000万

最初からガッチリ予算を組むのは難しいと思うので、だいたい2500万以内にしようなど決めます。

 

予算を決める時は、住宅ローン35年で組むことを予測して月々の返済はどれくらいになるのか、これもザックリでいいので計算しておくと、いくらくらいの家なら自分達で建てられるのかわかると思います。

 

予算が決まったら次はどんな家にしたいのかです。ここでたくさんアイディアを出しておくと、好きなハウスメーカーや工務店の資料を取り寄せやすいです。

 

スポンサーリンク

 

ハウスメーカーの選び方のコツ どんな家にしたいの?

①平屋or2階建てor3階建て

②外壁はどうるす?どんな柄?外観はどんな感じ?

③太陽光発電は付ける?

④玄関や玄関ポーチはどんな風にしたい?

⑤敷地の広さはどれくらい?

内装編

①子供部屋は何部屋作る?

②リビングは何畳くらい?また1階リビングか2階をリビングにするのかどっち?

③和室は有り無し?

④床暖房はいるいらない?

⑤吹き抜けを作る?

⑥リビング階段にする?

⑦キッチンはどんなキッチンがいいの?

⑧パントリーはいる?

⑨納戸は必要?

⑩お風呂はどんなお風呂がいい?

⑪ベランダの広さは

外に洗濯物を干すか、室内に洗濯物を干す場所を確保するかなど

⑫ロフトは付ける?

⑬オール電化orガス

⑭その他必要な項目

 

個人的にですが注文住宅を建てる前には、これらの項目についてどうするのかザックリ考えていました。

 

もしあなたが、住宅展示場に行ってみようと考えているなら、ハウスメーカーの営業マンも、得意の営業トークでどんな家にしたいですかと聞いてきます。

 

その際に、自分達はこんな家を作りたいとはっきり伝えることで、どれくらいの費用がかかり、また予算に近づけるためには、どうしたらいいのかわかります。

 

ここまで家族で話し合い、家の方向性が決まってからハウスメーカを選んでいきましょう。

 

ハウスメーカーの選び方のコツ カタログ請求をしよう!

気になったハウスメーカの資料をどんどん取り寄せてみて、建築実例集や、何を得意としているハウスメーカーなのか知りましょう!

 

建築実例集を見ていると、見た目の好みも出てきますし、アイディアも生まれてきて、いいことだらけです。

 

資料請求かぁ・・・めんどくさいなって思う気持ちもよくわかりますよ!でも大事なあなたの家を建てるには、たくさんの建築実例や、実際の家を見に行くのが一番大事だと私は思っています。

 

我が家も、いろいろと後悔している所があるので、これから建てるあなたには後悔はやっぱりしてほしくないんです。

 

後悔しないためにはハウスメーカ選びが重要

後悔しない家を建てるには、求めている要求に答えてくれるハウスメーカを探す必要があります。そして比較しないとわからないですよね!

 

例えは新車を買うときだって、同じ軽自動車でも日産と本田で何が違うのか気になりますよね!どっちが燃費がいいのか、どっちが運転しやすいのとか、調べると思います。

 

なので家を建てる時も同じで、わからないから調べて比較してって言う所に時間を充てる必要があります。

 

スポンサーリンク

 

ハウスメーカを選ぶコツ おすすめの資料請求方法は?

私も実際利用したことがあるのですが、SUUMOの住宅資料請求がおすすめです。

なぜSUUMOがいいのかと言いますと、知名度も高くて、住宅に関してたくさんの情報を持っていますし、大手の会社なので安心感がありますよね。

 

全く無知の会社から資料請求をするわけじゃないので、安心感があると思います。

 

またSUUMOが主催している住宅相談会に行ってみるのも良い方法です。SUUMOカウンターもあるので、無料で家の相談ができます。

 

資料請求は無料でできますし、資料請求をすると、ハウスメーカから電話とか営業から電話がかかってくるのでは?と心配されているかもしれませんが私の場合は特に電話がかかってくることはありませんでした。

 

気軽に取り寄せて、どんなハウスメーカがあるのか研究するのが一番です。

 

SUUMOで注文住宅の資料請求はこちらから申し込めます↓

 

注文住宅の資料請求がおすすめな理由

一見めんどくさい資料請求なんですが、お子さんがいる方や仕事が忙しい方は利用する価値はあります。

 

特に小さいお子がいる家庭は、子供と一緒に展示場に行くのが大変です。子供はすぐに飽きたとか帰りたいとか言ってくるので落ち着かないんですよね。

 

住宅のカタログだけ必要ならカタログ請求をすれば届くので、いちいち足を運ぶ必要はありません。

 

特に大変なのがママですよ!!私も全然話なんて聞けませんでしたし、妊娠中だったしつわりの真っ最中できつかったのを覚えています。

 

なので気軽に利用してみてくださいね!

無料で住宅のカタログ請求はこちらから↓

 

ハウスメーカの選び方のコツまとめ

注文住宅を建てる時に、必要なハウスメーカの選び方とコツについて初心者がやることは何なのかまとめてみました。

 

人によっては、別の方法があると思いますが、我が家はこの作戦で進めていきました。そして時間をかなり余裕を持って進めていきました。

 

私の場合は妊娠していたこともあって、約1年間程タマホームとお付き合いをしてきました。

 

時間的に余裕がない人は仕方ないのですが、別に急いで建てなくてもいいなら、じっくりと時間を費やすことをおすすめします。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。