育児

2歳でひらがなを覚えた時に使ったおすすめ知育玩具はこれとこれ

2歳でひらがなに興味を持ったり、持っているお子さんには、親も早い段階でひらがなを覚えさせたいなって思っていますよね。

 

そこで我が家の長男が、2歳でひらがなをマスターしたときに使用した絵本や、ひらがなに興味を持った子供が無理なく覚えられるおすすめ知育玩具を紹介したいと思います。

 

実際子供が使った物や、人気の知育玩具を選んでいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ひらがなに興味を持った子供にすすめたい玩具

①ひらがなカード

ひらがなカードの良いところは、物の名前とひらがなと両方覚えられところです。例えばうちの子供のように、言葉が遅い子にはまず物の名前からゆっくり教えてあげることができるし、一緒にひらがなも書いてあるから、文字への興味も自然と湧いてきます。

 

こちらのひらがなカードは公文なんですが、公文のカードは他にも種類がたくさんでています。公文カードの良い所は、耐久性があること、カードの大きさもハガキより一回り大きいくらいなので子供も見やすいです。

 

遊び方としては、数枚カードを子供の前に並べて「あり」はどこにいるかな?とゲーム感覚で言葉の意味をまずは覚えてもらいました。言葉が中々でない子も、繰り返し教えてあげることで頭の中にはちゃんとインプットされています。

 

②ひらがなマグネット アンパンマン

 
2歳児が一番はまるのがアンパンマンではないでしょうか。アンパンマンの知育玩具はたくさん出ていますが、このひらがなマグネットは中々良かったです。
 
 
最初はひらがなよりキャラクターに目がいってしまいますが、順番に並べるのは意外と早くできました。キャラクターの場所を暗記してしまったようです。マグネット遊びも子供は好きですよね。
 
 
 
 
また公文ですが、このひらがな積み木は1歳の誕生日に頂きました。
 
積み木遊びはちょうど1歳過ぎてから上手につめるようになってきます。またご兄弟がいる方にもおすすめで、下の子は積み木で遊び、2歳3歳の子には文字を並べてみたり、ひらがなを読んでみたりと、さらに4歳5歳の子もよく遊んでいます。
 
 
この積み木の良い所は、ひらがなだけではなく、数字や色も覚えられるようになっているので、遊びながらたくさん吸収できる積み木です。
 
 
我が家の子供1歳3歳5歳も、みんなで遊んでいます。どうせ買うなら兄弟みんなが一緒に使える玩具がいいですよね。
 
 

④ひらがなパズル

 
3歳の娘の場合、中々ひらがなに興味を示してくれなかったのですが、最近ひらがなパズルにはまっています。パズルは完成すると達成感があるので子供の自信にもなりますよね。
 
 
娘はソフィアにはまっているので、ソフィアのひらがなパズルにしましたが、好きなキャラクターのひらがなパズルがあるといいですよね!

 ⑤ひらがなDVD

 
ひらがなDVDは、息子の2歳の誕生日プレゼントにもらいました。映像効果は、やはりすごい!言葉をしゃべらない息子の脳にもかなり刺激を与えてくれました。DVDのおかげで語彙数はかなり増えました。
 
 
ひらがなだけではなく、トイレトレーニングのことや、おかたづけ、手洗いなど子供の生活に必要なことがたくさん詰まっています。お話形式で教えてくれるので、子供にも伝わっていたと思います。
 
 
DVDは高いのでプレゼントで貰えた私はラッキーでした。映像学習の良い所はDVDの真似っこをすることです。見た後に、自分もやってみようって思うのがいいですよね。

 

⑥ひらがなタブレット

この商品は私は持っていませんが、お友達のお家で子供がはまっていたので紹介します。

 

ひらがなタブレットはカタカナも書き順も覚えることができる優れものです、またクイズもたくさん入っているので、子供は楽しみながら着実に覚えていきます。

 

お出かけの時にも役立つ玩具だし、お値段も2500円前後なのでお手軽なところがいいですね。私も娘の4歳の誕生に、ひらがなタブレットを検討しています。

 

知育玩具ってキャラクターだとアンパンマンが多い印象ですが、ひらがなタブレットはアンパンマン以外の物もありますよ。そこがおすすめです。

 

アンパンマンも3歳過ぎるとブームが去っていきますので。

 

⑦ひらがな絵本

ひらがな絵本は一冊持っていれば十分なのでお子さんの好きなひらがな絵本をかってあげましょう。我が家はノンタンでした。

 

 まとめ

 今回ご紹介した2歳でひらがなを覚える知育玩具は、実際私も購入したものと試したことがあるものを紹介しています。
 
 
お手軽にいきたいなら、最初はひらがなカードが使いやすくて、一緒に遊びやすいのでおすすめです。
 
 
子供にひらがなを覚えてもらうのも、子供自信が興味を持ってくれないとやはり難しいです。子供の興味を引き出すためにも、玩具を使うのは1つの手段です。
 
 
是非お子さんにあった物で興味を引き出してあげましょう!
 
 
合わせてよみたい記事はこちらから
 
 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。