サッカー・ワールドカップ

内田篤人の現在は?怪我最新情報2018原因は!現在のウッチー画像も

内田篤人の現在は?どうしてる?怪我はどうなったのか気になると話題になっています。

日本サッカー界の中でも一番のイケメンと言われている内田篤人選手(うっちー)ですが、ずっと怪我に悩まされていましたので怪我の状態もどうなったのか気になります。

 

そこで内田篤人選手の現在と怪我の状況や内田選手の最近の画像がないか調べてみました。現在のイケメン内田篤人選手はどうしているのでしょうか?

 

2018年の6月14日よりワールドカップ2018ロシア大会が開幕しましたが、内田篤人選手は残念ながら日本代表に招集されませんでした。ワールドカップは、他の選手に頑張ってもらいましょう!

 

スポンサーリンク

 

内田篤人の怪我はいつから?

サッカー界のイケメンである内田篤人選手の話題が最近遠ざかっていてファンとしては少し寂しいのですが、内田篤人選手が2014年に怪我をしたことにより、長い間、リハビリ生活を強いられてきました。

 

内田篤人選手が怪我をしたのは、2014年です。当時内田篤人選手は、ドイツのクラブチームシャルケ04に所属していて、DFとして活躍していました。

 

ところが、2014年の2月にシャルケVSハノーファー戦で怪我をしてしまいます。怪我した場所は膝です。膝の怪我を負ってしまい2月にシャルケから内田篤人選手が右脚の大腿筋を痛めたと怪我の発表がありました。

 

2014年はブラジルワールドカップが開催された年ですよね!内田選手はブラジルワールドカップに日本代表として招集され、ブラジルワールドカップも出場していました。

 

しかし、実はこの時も右足の膝の怪我は完治したわけではなく、我慢をしながらブラジルワールドカップに臨んでいました。

 

ブラジルワールドカップが終わると、また内田篤人選手はドイツのシャルケに戻ります。シーズン前半は出場する回数が少なかった内田選手ですが、シーズン後半が持ち味のプレイでチームに貢献しています。

 

ところが2015年の3月に、いままで我慢していた怪我の負担が爆発してしまいます。膝の怪我が悪化した内田選手は2015年の3月を最後に長期治療をすることになり、シャルケを離脱しました。

内田篤人選手の怪我の原因は?

元々右膝を痛めていたのにもかかわらず、無理して試合に出場していたことにより、右膝の限界を超えて痛みが出たということになります。

 

最初に右膝を痛めた時も<、内田篤人選手は「怪我とは隣り合わせだからしかたない」ようことを言っていました。

 

まさか自分の膝がこんな状態になるなんて、思いもしなかったでしょう内田選手のように、海外のクラブチームで活躍している選手は、出場できないと自分のアピールができなくて、チームから解雇されてしまいますからね。

 

そこはプロサッカー選手の誇りがあったのだと思います。

 

内田篤人選手の右ひざの怪我は「膝蓋腱炎」(しつがいけんえん)と言われています。

 

「膝蓋腱炎」とはどんな怪我なのか調べてみました。別名をジャンパー膝といいます。

バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられる、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。

 

大腿四頭筋の柔軟性低下が内田選手の怪我でに繋がったんですね。膝がだんだん動かなくなっていき痛みも日常生活でも支障がでていたはずです。

 

スポンサーリンク

 

怪我をしながらも日本代表として活躍したうっちー

右膝に怪我を負いながらもブラジルワールドカップでは3試合にも出場し内田選手!怪我した選手でもスタメンとして起用したのは、内田選手の実力が評価されていたからです。

 

内田篤人選手も期待に応えようと、痛みを我慢してプレイしていました。またワールドカップの日本代表として出場できるのは一握りのサッカー選手だけです。

 

どの選手も4年に一度のワールドカップに向けて代表入りできるように努力を積み重ねていますので、内田篤人選手も代表メンバーに選ばれたからには、我慢してでも頑張ろうと思ったのでしょう!

内田篤人が治療に専念するために長期離脱することに

2015年3月の試合を最後に、内田篤人選手は右膝の治療に専念することになります。そしてチームから長期離脱をし、なんと試合に出場するまで639日にちもかかっています。639日は1年9か月です。

 

約2年の間、治療とリハビリに専念してきた内田篤人選手。2015年の3月から離脱していた内田篤人選手が復帰したのは2016年の12月の試合でした。

 

しかし内田篤人選手は2017年の8月にシャルケを退団しています、内田篤人選手はシャルケで7年間プレーしてきました!

 

日本人選手が、、同じチームでずっと活躍してチームに居続けるのって結構すごいことですよね!内田選手は7年じゃんシャルケに所属していたんですね!

 

2015年からは、怪我に悩まされて、試合には出場していませんでしたが、シャルケも内田選手の復帰をずっと待っていてくれました。

スポンサーリンク

内田篤人の現在は?

内田篤人選手はシャルケを退団した後に、恩師イェンス・ケラーがいる、ウニオン・ベルリンに完全移籍をしました。しかし新しいチームでも怪我の影響が少なからず残っているためか、中々出場する機会がありませんでした。

 

そして2018年1月に古巣の鹿島アントラーズに戻ってきたのです。2018年の1月なので、日本に戻ってきたのは、最近ですね!これからは国内で内篤人選手の姿を見ることができて、ファンも嬉しいですね。

現在の内田篤人選手の姿はこちらから↓イケメンなのは変わっていません!!

内田篤人が代表復帰する可能性はあるの?

内田篤人選手は、日本代表の試合にはずっと呼ばれていません。怪我の治療に専念していたので当たり前ですよね!

もし内田篤人選手がハリルホジッチ前監督の目に止まっていたなら、もっと前から代表に復帰してもよかったはずですが、ハリル前監督にはお呼ばれしませんでした。西野監督に変わってから内田篤人選手もアピールはしていましたね、ただ本人としも「意識はしているけど・・・」と難しい感じでした。

 

西野監督は就任会見で「過去の経験、実績、プラスここ1か月の状況を正確に見極めたい」とワールドカップ代表選手選考の基準を説明していたので内田篤人選手が代表にサプライズで選ばれかもしれないと期待していました!

 

が、内田篤人選手が代表に選ばれることはありませんでしたね。過去の実績はもちろんありますが、アピールする期間が短かったですね。過去の実績という面ではハリルさんに外されていた香川真司選手や、本田圭佑選手が選ばれていますね。

 

また内田篤人選手のポジションは現在、酒井高徳選手や、酒井宏樹選手が活躍しているので、ポジション争いも激化しているのは確かです。

新し選手が育っていかないと今後の日本代表も危うくなってくるし、代表選では内田選手は見れませんが鹿島アントラーズ戦ではイケメンうっちーの姿が見れるのはやはり嬉しいことです!

スポンサーリンク

内田篤人の現在!嫁と子供情報

イケメン過ぎる内田篤人選手なので、ウッチの嫁や子供についても女性は気になると思いますので嫁と子供の情報も最後にまとめました。

内田篤人選手は2015年5月25日に一般女性と結婚しています。お相手の一般女性とは内田選手の幼馴染で何と小学校~高校まで一緒だったという女性です!これもすごい!一歩間違えれば腐れ縁になってしまう関係だったお2人。

 

お互い小学校の頃から好きだったようですが、ズルズル付き合うことも、どちらかが告白することもなく大人になっていきます。ここまでは腐れ縁でした。しかし内田選手がドイツに行ってしまい、ドイツに渡ったあと電話で内田選手からやっと告白したそうです。

 

離れてしまった彼女の存在の大きさが分かったのでしょう!しかし返事はOKかと思いきや1回断られてしまったのです。イケメンウッチーが振られるなんて想像できません!!なぜ振ってしまったのか、「今まで腐れ縁の幼馴染だったのに急に恋人関係になれるか不安、このままの関係を壊したくない」

 

という理由から1度はウッチーからの告白を断った嫁!しかし2週間後に電話して、「今付き合うってことは結婚するってことだよね?」と内田選手の本気度を確認!そして念願の彼氏彼女の関係になったそうです。

 

ウッチーの子供は現在1人で娘さんです。娘のことはとても可愛がっているウッチー!試合会場に連れてきたり抱っこしている姿がよく目撃されています。小さい頃から好きだった女性との子供ですから、内田篤人選手も幸せ全開でしょう!

まとめ

 

日本サッカー界のイケメン内田篤人選手は長年怪我に悩ませていましたが、2018年の現在は無事に選手として復活することができました!

 

今後も内田篤人選手のイケメン笑顔を見れることに期待しています。

あわせて読みたい
川島永嗣が下手くそになった?交代論で騒がれている長年日本代表のGKだった川島永嗣さんが下手くそになった?ミスが多いと話題になっています。また「川島は下手だから他のGKに変えるべき」とい...
あわせて読みたい
本田圭佑の目がおかしいのはバセドウ病?キレの悪いプレイの原因は本田圭佑の目がおかしいのはバセドウ病?キレの悪いプレイの原因は?とワールドカップ直前になって話題となっています。本田圭佑選手は以前から目...

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。