芸能エンタメ

シシドカフカがお嬢?本名や親がお金持ちの真相は

シシドカフカがお嬢?本名や親がお金持ちの真相はと話題になっています!シシドカフカさんはエキゾチックな感じの独特な雰囲気で人気を集めていますが、映画「リベンバーミー」の日本語主題歌も歌っていました。

今回はまだなぞが多いシシドカフカさんがお嬢様なのか?本名や親はどんな人なのか調べてみました!

スポンサーリンク
アルゼンチン

シシドカフカがお嬢と呼ばれている理由は?

シシドカフカさんの簡単なプロフィールはこちらです。

シシドカフカ 本名 Yuna Shishido

生年月日 1985年6月23日 (33歳)

出生地  メキシコ

身長   175㎝

職業   歌手、女優、ドラマー、モデル

シシドカフカさんのプロフィールを見ると謎めいた要素がたくさんつまっていますね!

 

歌手に、女優でありドラマーであり、モデルってすごすぎます、きっと才能豊かであり、これまでに努力を積み重ねてきたのでしょう。私と年が近いのですが、カッコイイし応援したくなります。

そしてなんでお嬢なんでしょうか?恐らく小さいころお父さんの仕事でアルゼンチンに移住したことや、シシドカフカさんか小さいころに習い事をたくさんしていた経緯から親がお金持ちという噂が流れたようです。

14歳で電子ドラムを買ってもらったカフカさんですが、ドラムの先生を付けたというのでちょっとビックリです。それも有名なドラムの先生に個人レッスンをしてもらっていました。有名な方のドラム個人レッスンなので相当月謝は高そうです。

仕事で海外に移住したり、習い事がたくさんできるとお金持ちなのかなって思いますもんね!続いてシシドカフカさんの両親について調べてみました!

シシドカフカの両親は何の仕事?

シシドカフカさんはメキシコで生まれて、日本に帰国し、またアルゼンチンに移住した経験の持ち主ですが全てお父さんの仕事の都合で海外に行ったり、帰国していました。お父さんは何の職業の方なのか非常に気になりますね。

シシドカフカさんのご両親の職業について調べてみましたが詳細は掴めませんでした。お金持ちや身分が高いと言われていて芸能人なのか?とも言われていますが、芸能人ではないです。

シシドカフカさんがメキシコで生まれて育ったことと日本に帰国しまた数年後にアルゼンチンに移住したことから外資系の職業ではとも言われています。海外転勤の仕事もたくさんあるのですがシシドカフカさんの親が身分の高い仕事とも言われている理由がありました。

それはシシドカフカさんが、パリのファッションショーの後に開かれた、ベルサイユ宮殿厳選100名の食事会に出席したそうです。その食事会は超セレブがたくさんいたようですがシシドカフカさんのレベルだと普通招待はないようです。

では、なぜシシドカフカさんがその場に行けたんでしょうか、それは親の仕事関係でお呼ばれしたのではないかと言われています。そんな特別な食事会に招待される親の仕事って普通の外資系企業の仕事ではないと思います。

もっと重役で、国際的な仕事だという噂があります。真相はわかりませんが、お金持ちでお嬢様というのは正しと思います。

スポンサーリンク

シシドカフカのこれまでの経歴は?

シシドカフカさんのこれまでの経歴を探ってみました。

 

シシドカフカさんはメキシコで生まれましたが、小学生までは帰国して日本で過ごします。5歳でピアノやバイオリンの習い事を始めましたが、ピアノやバイオリンに関しては長くは続かなかったようです。

 

12歳の時に、お父さんの仕事の関係で、また異国の地で暮らすことになります。移住先は、なんとアルゼンチンです。仕事の関係とは言え、アルゼンチンに家族で移住する人は少なそうですね!

 

14歳の時にご両親から「サイレントドラム」をプレゼントされます。サイレントドラムとは電子ドラムのことです。普通ミュージシャンでない限り、自宅にドラムセットを置くなんて防音室が無いと難しいです。

 

シシドカフカさんのご両親がサイレントドラムをプレゼントした経緯は、シシドカフカさんが、小学生のころからドラムが大好きだったからです。小学生のころからドラマー将来はドラマーになりたいと思っていたとか

 

バンドやっていたり、ドラムを習っている方の多くは電子ドラムを買って練習しています。電子なので、ヘッドフォンしてできるし、いつでも練習できちゃいます。

 

シシドカフカさんも念願のドラムを手に入れてたくさん練習したんですよねきっと!

 

アルゼンチン生活は、2年で終わり再び日本へ戻ってきたシシドカフカさんは、日本の高校へ入学します。そこでバンド活動を始めました。

 

高校を卒業した、シシドカフカさんは東京工業大学へ進学し、そこでもバンド活動に明け暮れます!

 

そして19歳の頃にはドラム雑誌に取り上げられるほど腕をあげて、プロドラマーになります。同時に長身と抜群のルックスだった、シシドカフカさんはモデル活動も始めました。

 

これまでの経歴を見ても、幼少期から海外と日本を行ったり来たりして、普通の子とは違うスタイルの生活をしてきたはずです。異国の地での暮らしは、慣れないし精神的にもダメージが大きそう・・・

 

そんな暮らしの中でハングリー精神が培われて、また小学生のころから大好きだったドラムをご両親がプレゼントしてくれたことにより、シシドカフカさんの生活の中で何か変化が起きたことでしょう!

 

 

スポンサーリンク

 

シシドカフカの本名は?カフカの由来は何?ハーフなの?

本名は宍戸佑名(ししどゆうな)さんです。ゆうなと言う名前も可愛いですね!そして気になるのがシシドカフカさんの、「カフカ」ですよね!

 

「カフカ」って聞くと、人気小説家「村上春樹」さんの海辺のカフカを思い出しますが、カフカの意味や、なぜカフカと言う名前をつけたのでしょうか?

 

「カフカ」は、チェコ語でカラスと言う意味。名づけ親の、コピーライターの渡辺潤平さんがシシドカフカさんの、姿をイメージして付けたそうです。

 

めっちゃカッコイイ名前ですよね!中世的で何かパワーを感じさせる芸名です。

 

「シシドカフカ」と言う名前がとてもインパクトがあるので、一度きいたら忘れない名前です。私も初めてお名前を知った時、ビビット印象が残りました。ミステリアスなシシドカフカさんですが、ご両親も日本人の方です。

 

顔立ちや、すらっとした手足の長さと、身長も高いのでハーフに勘違いされるとか。

シシドカフカの出演作品は

シシドカフカさんは、歌手でもあり女優でもあるので、今回の映画「リベンバーミー」の日本語版主題歌以外にも活躍されてきました。

 

最近だと、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」久坂早苗やドラマ「カンナさーん!」主人公カンナの夫の浮気相手・真理役、ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」にも出演されています。

 

今回、「リベンバーミー」の映画の主題歌を歌うことにより、ますます注目され、TVの前に出てくることも多くなるのではないでしょうか!

 

シシドカフカさんの美貌や謎めいた雰囲気をもっとたくさん見てみたいですね!

スポンサーリンク

シシドカフカの髪型がショートに

シシドカフカさんは、黒髪の前髪パッツンのロングヘアースタイルでしたが、現在はバッサリショートカットにされています。そしてやっぱり黒髪なんですよね!

 

デビュー当時から、黒髪ロングヘアーだったシシドカフカさんがショートカットにした理由があります。「いろんな理由が揃ったからというのと、今年でデビュー5年を迎えるのですが、そこから違ったチャレンジ、大きな一歩を踏み出すため」と話しました。

 

また、シシドカフカのイメージを変えたかったようです。やはりずっと同じスタイルで貫いていると、シシドカフカさんのイメージは「黒髪、ロングヘアー」と世間は思いますよね!

 

黒髪ロングヘアーでドラムを演奏されている姿が、かっこよくて私も好きでした。でも思い切ってショートカットにされて、気持ちもスッキリ一転したはずです。

 

ショートヘアーでも、小顔で、身長高くてスタイル抜群で、羨ましい限りです。また髪の色については、今後も黒でいくそうです。違った色も見てみたいですが、赤とか金髪とかも似合いそうですね!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

シシドカフカさんがお嬢と言うのは本当のようですね!父親の仕事も気になりますがシシドカフカさんも自分の力でこれまで努力してきたので今のカフカさんがいます。

謎めいた雰囲気のカフカさん、次はどの作品に絡んでくるのか楽しみです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。