家作り

タマホームで値引き交渉は可能なのか?より安く見積もりしてもら方法とは

大きな物を買うときには、値引き交渉してみようって思いませんか?

 

家電でも車でもとにかく値引きできませんか?と一言訪ねると、なんとか割引してくれることがありますよね。果たして住宅の場合でも割引交渉はできるのでしょうか

 

できるなら少しでも値引きをしてもらいたいものですね。

 

タマホームでは実際割引交渉は可能なのか?

 

そもそも割引はしてくれるのか?

 

この2点について調べてみました。我が家が実際やってもらった値引き交渉についても解説しますので参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

タマホームは割引してくれるハウスメーカーなのか?

タマホームは、割引はやらないハウスメーカとして有名です。なので過度に割引してくれるのではと期待していると、全然やってくれないこともあります。

 

タマホームは元々ローコストを売りにしているので、他社の住宅会社より、経費なり、あれこれ費用を元から押さえています。なので、割引をしないと言われているのでしょう。

 

そもそもタマホームで現金割引してもらうことは、あまりありません。現金割引はやらないけど、その分サービスを充実してくれます。

 

現金割引はやらないけど仕様やオプションでサービスする

値引き交渉って言うと、現金で値引きしてもらう印象が多いかと思います。例えば、20万円の冷蔵庫を2万円割引はしてもら18万円で購入した。これが値引きですよね。

 

通常の値引きは冷蔵庫の値引きのように現金割引を想像しているはずですが、タマホームでは直接の現金割引はやっていないでしょう。

 

直接の現金割引ではない、割引とは何なのか?

 

タマホームだけではなく、他のハウスメーカーも現金割引はあまりやっていないはずです。

 

例えば我が家の場合ですと、オプションでカップボードを付けることになりましたが、通常ならこのカップボードは増設金は、18,2500円ですが、これがサービス扱いとなっています。

 

つまり直接現金で18万円割引するのではなく、オプションやグレードアップ仕様の中から割引されるという事です。直接的な現金の値引きはしないと言うのはこういうことなんです。

 

 

スポンサーリンク

 

割引サービスのさじ加減は営業次第

住宅営業マンには、個人で一人のお客様にサービズ(値引き)できる金額が決まっているようです。営業マンもどんなに興味を持ってもらっても、契約ができないと何にも意味がありませんよね。

 

他社と迷っているお客さんに、カップボードの18万円をサービスで無償にしますよと言われたら、18万円もサービスしてくれるならタマホームにしようかなと心が揺らぐはずです。

 

営業の交渉手段としての最終兵器がサービズと言う値引きです。ただこのサービスできる金額も営業マンによって額が違うようです。

 

よく契約を取ってくるA営業マンはサービズできる金額枠が50万円だけど、新人のB営業マンはサービズできる額は10万円だとします。

 

この差はでかいですよね。一人のお客様に対して50万円分のサービズができるわけではなくて、全体でA営業マンは50万円まで、サービズとして使っていいと決まっているはずです。

 

どの営業マンになるのかは、もはや運なんですよね。タマホームは一人のお客さんに対して一人の営業マンが全てこなしていきます。最初に名刺を渡してきた人が、最後まで自分の営業担当になります。

 

ですが全くサービス枠がない営業マンはいないはずなので、何かしらサービスとして無償にしてくれるのではないでしょうか。

 

上記の営業マンのサービス金額は例え話ですので、本来はどれくらいの金額をサービスに回しているかは不明です。

 

何をサービズにするのかは、タマホーム側が決めるのでこちらから、これをサービスにして欲しいと言う事はできません。しかし、値引きしてもらえないのか?これは絶対言いましょうね。

 

サービスで無償になったもの

我が家の場合ですが、タマホームのサービスで無償になったものをいくつか紹介します。

 

①カップボード

②サッシの変更×12

③ロフト増設

④天井点検口増設

 

最終的には、調整も入り通常ならオプション料金になるものがサービス扱いになっています。

 

スポンサーリンク

 

より安く見積もりを出してもらう方法とは

サービス(オプションの値引き)以外にどうやったらより安く見積もりを出してもらうことができるのか。これを強化して考えてみてください。

 

それは駆け引きです。駆け引き上手さんなら、営業マンをうまく引っ張り出して交渉次第ではドンドンサービスをしてくれるでしょう!

 

より安くしてもらうには、違う会社の見積もりや、他所との打ち合わせ状況を営業マンに話をしなしょう。営業マンに、

 

「他社ではもっと安くしてもらいました」

「他のハウスメーカとも打ち合わせをしています」

など営業マンに焦りや不安要素を伝えてみてください。これはタイミングが大事なんですが、一言で言えば駆け引きですよね。

 

我が家の場合でも、タマホームともう一社のハウスメーカと契約まで打ち合わせを繰り返していました。タマホーム側もそれは知っていましたし、気になるのか探りを入れてきましたよ。

 

やっぱりライバル会社の事は気になるし、契約を取るのが営業の仕事なので相手も必死です。

 

ポイントはうまく交渉すること、駆け引きをすることです。

 

タマホームは5月が決算

決算月は他の月より大きなサービズをしてくれる可能があります。建てる時期を選ぶのは中々難しいのですが、各ハウスメーカーの決算が近づいてくると、ハウスメーカー側もいろいろサービスしてくれるので、決算月は覚えておいたほうがいいですよ。

 

スポンサーリンク

 

値引き交渉するには情報を集めよう

値引き交渉をするにも、サービスをしてもらうためにも、やっぱり自分に知識がないとうまくいかないものです。住宅に関しては、素人って人が多いのではないでしょうか

 

我が家も最初は、知識ゼロのド素人でした。ド素人だと、口が上手な営業マンの話に乗せられてしまうことが多々ありました。知識がないと、それが良いのか悪いのか自分で判断できないからです。

 

知識ゼロのまま住宅を建てるのは危険です。

 

 

勝負をする前には事前に敵のことを知ることが大事ですよね。結構注文住宅は失敗している人がいますが、失敗しないためにも自分が住宅に関しての知識を深めることが大事です。

 

もう一つ大事なのが一社じゃなくて必ず他の住宅会社と比較をすることです。比較をしないと値引き交渉もできないですよね。

 

まだ、他社のハウスメーカを調べていない人も、今からでも他のハウスメーカの情報を集めましょう。そして見積もりもあれば、値引き交渉する時には非常に役に立ちます。具体的な数字が出ているのと、出ていないのでは全然違います。

 

住宅情報や無料で見積もりを出してもらうには、無料の一括見積請求がおすすめです。

 

一括見積請求のメリットは、とにかくネットで申し込みが完了して手間がない所です。通常なら見積もり出してもらうとなると、ハウスメーカーに行かないと行けませんよね。

 

ハウスメーカー通いで週末が潰れて、いちいち個人情報の記入やら営業との話がめんどくさいって人には無料の一括見積はおすすめできます。

 

反対にデメリットは、見積もりを請求したら、セールスの電話がかかってこないかってことだと思います。確かにセールスの電話は嫌ですよね。

 

私も一括見積して営業から電話が来たことありますが、「興味があったので資料請求しました」とか「まだ建てる気はありません」とか適当に回答すればOKです。

 

 

本当に知りたい会社があれば、普通に答えればいいし、そこまでめんどくさいことはなかったです。ネットで全て申し込みができるので、私からすると超楽です。

 

 

まとめ

タマホームでは直接現金の値引きはしていなかったけどサービズ(オプションなどの無償化)はしています。

 

また値引き交渉するためには、他社の見積もりや情報を営業にに軽く流すと、タマホーム側も何かしてくれるはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。