生活の知恵

母の日に妻へのプレゼントで夫婦円満!妻も超感動するアイテムとは・・・

毎年、母の日になると旦那さんからのプレゼントを期待している妻がいるってことを世間の夫はどれくらい認知しているでしょうか?

こんにちは!

 

2018年の母の日は、5月13日 日曜日です

 

私も結婚して一度も母の日にプレゼントなんてもらったことはありません。でもママ友がインスタやFacebookなどで、「母の日に旦那からのサプライズ貰った」なんてハッピーな写真が投稿されていると正直羨ましいです。

 

しかし、母の日って自分の母親か義母に日頃の感謝を込めてプレゼントを贈る日って日本では定着しているから、「自分の妻にプレゼントなんて必要?」なんて思っている旦那さんもいるはずです。

そこで今回は

 

母の日に自分の妻へのプレゼントは必要なのか?
奥さんは、母の日にプレゼントを欲しがっているのか?
もし妻にプレゼントをあげるとしたら何がいいのか?
夫婦円満にこれからも仲良く暮らしていくには?

 

 

こんなことを中心にまとめてみましたので、妻へのプレゼントを悩んでいるあなたの力に慣れたら幸いです。

 

スポンサーリンク

 

母の日に妻へプレゼントをあげた方がいいの?

これはちょっと難しい問題ですが、母の日だけど奥さんへ何かしてあげようかな~って既に悩んでいるのなら、何かしてあげたら絶対喜びます。逆に全然あげる気ないなら無理にあげる必要もないかと思います!

 

まず、何かしてあげたいって気持ちが大切なので、別に必要ないでしょうって考えているなら無理にあげるのも微妙ですよね。

 

妻側も夫から、母の日にプレゼントを貰ったら父の日にお返しをしないといけなくなるので、めんどくさいって思っている人もいらっしゃいますので、何かしてあげようと思うなら、母の日に妻にも何かプレゼントをしてみる!

 

別に必要ない、誕生日にもプレゼントをあげるから母の日まであげる必要は無いと考えるのも全然ありですね!

 

妻は母の日に何かプレゼントが欲しいのか?妻側の意見をあげる

欲しい派の意見

・旦那の母ではないけれど、家族の中では母として定着している。
・普段から家事育児をして、妻と言うより子供のママになっている。
・母の日は旦那が中心となり子供と一緒に何かしてほしい。
・日頃の感謝の気持ちを言ってくれたら嬉しい

 

 

こんな風に考えている奥さんは、結構たくさんいて結婚して子供が生まれると妻じゃなくて母親としての自分の時間が多くなってしまいます。そうなると必然的に、母の日には、いつも家事育児を頑張っている自分にも何かしてもらいたいと考えてしまう奥さんがいてもおかしくないですよ!

 

プレゼントはいらない派の意見

・夫の母親ではない
・子供から貰えればそれが一番嬉しい
・夫婦間でやることではない
・母の日で何かもらったらお返しがめんどくさいから

 

 

別にプレゼントはいらない派の意見の多くは、「あなたの母親になったつもりはない!」だから母の日にプレゼントなんて欲しくもないって人ですね、これは奥さんの性格を見極めて、母の日に奥さんにプレゼントを贈るのか贈らないのか判断が必要です。

 

 

私も結婚してから母の日に自分がプレゼントを貰ったことは、一度もありません。旦那には、母の日に私にプレゼントをあげるなんて思考が思い浮かばないようです。

 

私自信は、子供達の母親でもあり、家の中では旦那にも「ママ」って呼ばれることが多いので、私も母なんだから母の日に何かしてくれてもいいじゃないって思ってしまいますが。

 

ママ友に聞いてみると、サプライズしてくれたとか、母の日だから自分で、今日は家事しない宣言したなんてことも聞くので、私と同様に子供が生まれてからは、母としての自分が定着している人が多いと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

母の日に妻へプレゼンをあげるって何をあげたらいいの?

 

実際プレゼントをあげるって、何を選べばいいのか迷いますよね。女性は特に、ちょっとしたことがきっかけで機嫌を悪くしてしまう可能性もあります。

 

例えば、旦那さんには話してないけど密かにダイエットしてる妻にサプライズでケーキや甘い物を買っていったとしても、

 

「私はダイエットしてるの!!!」

なんて言われたらショックだし、物を選ぶのも自分の妻とは言え難しいはずです!

そこで、私がおすすめしたいのが手紙や言葉です!

 

欲しい物は感謝の言葉

本当に欲しい物って実は簡単な所にあるんですよ。それは言葉なんです!日本人は男性も女性も、自分の気持ちを異性にはっきり伝えられはい人が多いですよね!

 

そして結婚して5年、10年経過していくと、いつの間にか感謝の言葉や、愛情表現もなくなり家族として一緒に過ごしている、ただの住人になっていませんか?

 

どんなに月日が経過しても、感謝、思いやり、愛情表現は夫婦円満でこれからも暮らしていくには必要なことです。母の日には、妻へ日頃の感謝の気持ちや、言葉にすると照れてしまうことを思い切って手紙に表現してみましょう!

 

いつも、家事育児ありがとう!〇〇とこれからもずっと一緒にいたい!

こんな言葉、旦那さんに言われたら感激です!物より言葉なんですよー!普段忙しくて、家庭のこと任せっきりでも手紙なら、置き手紙もできるし、気持ちも絶対伝わります!

 

そして言葉を口に出して言えるなら是非、感謝の気持ちや、愛情を伝えてほしいと思います。これさえできれば、これから先も夫婦円満でいられるはずです。

 

母の日に、手紙を渡すとしても、意地っ張りな奥さんだったら

 

「私は、あなたの母じゃない」って言う人もいるでしょう。

 

そこは、奥さんが勘違いしないように「子供達のお母さんになってくれてありがとう」や「子育てや家事お疲れ様。子供達から大好きなママでいてくれてありがとう」とかあくまでも子供達の母親業いつも頑張ってくれてありがとう!ここちゃんと言いましょうね!

 

これをちゃんと言えば、普通の人なら気持ち受け入れてくれるはず。

 

それでも「私は母の日には貰いたくない」って言うなら、何もしなくていいでしょうね。

 

私の旦那も、口にだして「ありがとう」なんて言えないタイプです。それなのに「いつもありがとう」って言われたら絶対嬉しい!

 

スポンサーリンク

 

 

何か物をあげたい場合はどうする?

手紙や感謝の気持ちと一緒に何かプレゼントもしたいな、なんて素敵な考えをお持ちの旦那さんもいらっしゃると思いますし、自分の妻は言葉より物が欲しい派って人もいますよね!

 

物をあげるとしたら喜んで貰えないと、あげる旦那さんの方も悲しいので、サプライズにはならないけど5月13日の日に一緒にお出かけして好きな物をプレゼントするのも良いですよね!

 

プレゼントっていっても、何をあげたら喜ぶかは、奥さんの性格次第なのでいつも一緒にいる旦那さんが見極めて選んであげるのが一番です。

 

私だったら、普段3人の子供を任せられているので、育児のことを褒めてほしいなって気持ちとプレゼントはいらないから夜ご飯を作って、美味しいビールを飲みたいです。

 

ちょっとした気遣いができる人ってやっぱり違いますよ!

 

手紙と一緒にカーネーションも

実はカーネーションには、色ごとに花言葉の意味が違うって知っていますか?手紙と一緒にカーネーションをプレゼントするのも素敵だなって思いますが、カーネーションを選ぶ時は、色を少し気を付けてくださいね!

 

妻に渡すおすすめのカーネーションの色は、ピンク、オレンジ、青です。

この3色の意味は

 

ピンク・・・「感謝」「暖かい心」「美しい仕草」
オレンジ・・・「純粋な愛」
青・・・「永遠の幸福」

 

 

 

反対に奥さんにNGな色は、赤、白、黄色 紫です。この4色には、こんな花言葉の意味があります。

 

赤・・・「母への愛情」「愛を信じる」
白・・・「亡き母への思い」
黄色・・・「嫉妬」「軽蔑」
紫・・・「気品」「誇り」

 

 

赤と紫は、母親向けなので、妻に贈るのは不向きな花言葉です。白や黄色は、間違っても選ばないように気を付けてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

母の日って以前は、自分の親に感謝する日ってなっていたけど、最近では自分の妻へのサプライズプレゼントをしたり、感謝をするようになってきています。

 

「毎日、忙しい中家事育児ありがとう」と言うだけでも、言葉のプレゼントになります。

 

夫婦円満でずっといるためには、お互い思いやる気持ちがとっても大事です。結婚して何年も何十年も経過すると、初歩的なことを忘れてしまいがちです。子供と一緒に妻への感謝の気持ちを是非、旦那さんが率先して計画してみてくださいね!

 

感謝の気持ちや、奥さんへの愛をたっぷり伝えたい人にはこちらがおすすめです!

奥さんへ気持ちを伝えたいけど、どうしても恥ずかしいし照れちゃうなって方は是非こちらのアイテムを利用してほしいと思います。

 

奥さんの大好きなところ100個書いて渡してみてはどうでしょうか?

 

子供と一緒にママの好きなところ100個書いてみたり、これから一緒にやりたいこと書いて渡されたら超感動しますね!!

一生の宝物です!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。