年収400万で住宅ローンは1500万円が限界だった理由を明かす!

今回の記事では昨年タマホームで注文住宅を建てた時の住宅ローンを元に話していきます。

注文住宅が総額いくらだったのか下に記事に書いてあります。これ読めばもっと住宅ローンのシミュレーションがしやすいと思いますので貼っておきます。

>>>タマホームの総額費用はいくらだったのか話そうと思います

住宅ローンは年収で、だいたい借りられる限度額は同じくらいだと考えていますので、世帯年収が同じくらいの家庭の方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

住宅ローンは年収の5倍まで借りられるのは嘘?

ちまたでは、住宅ローンは年収の5倍までなら借り入れができると言われていますが、実際は年収の5倍まで借りれない場合もあります。ネット上でも年収の5倍までなら安全圏と言っているFPもいるので、安心しきっていると落とし穴があったりしますので、少し注意していた方がいいですね!

先に答えを出すと、我が家の場合、住宅ローンは1500万円が上限でした。

年収400万円の5倍だと2000万円まで可能な計算になります。しかし元々2000万円のローンを借入する予定はなかったのと、自己資金の準備はあったので2000万円借入ができなくてもなんとかなりました。

年収400万で、なぜ年収5倍のローンが組めなかったのか?

理由を話すまえに、我が家の家族構成をここで話しておきます。

住宅ローンと年収と家族構成って横の繋がりがあるので、同じ家族構成であればより参考になると思います。

 旦那 35歳 住宅ローン借用時は自営業 現在は会社員 

世帯年収は380万程。ボーナスなし。自営業なので380万~400万の間くらいです。

私  31歳 主婦 無収入 メルカリやヤフオクで小遣い稼ぎが好き

子供 5歳 幼稚園児

子供 3歳 まもなく幼稚園児

子供 1歳 

家族構成はこんな感じです。子供は3人いて、子供費もばかにならないです。

年収も、子供3人いるに世帯には厳しい数字かと思います。それでも暮らしていけるのは、運もあるかと思います。

スポンサーリンク

自営業、ボーナスがないと言うハンデ

自営業だと会社員より、住宅ローンを組むときにハンデがあります。自営業でもきちんと働いている人もたくさんいる中で、ハンデになってしまうのは納得いきませんが、会社と自営業だとバックアップが違いますからね・・・。

自営業だとなぜローン審査が厳しいの?

住宅ローンは借金ですよね、きちんと毎月定額の金額を返済できる力があるか、ないのか金融機関は調査をします。そこで審査の一つとして見るのが給与体制で

会社員であれば固定給ですので、会社を辞めない限り毎月決められた給料が貰えますので安泰と言えば安泰ですよね!

会社員Aさんの給料が、35万で月々7万円の返済なら大丈夫だろうと審査するわけですね!そしてボーナスも出ているのであれば、ボーナス時は、多めに返済も可能になり金融機関の信頼度もアップします。

これが自営業だと全然違ってきます。自営業だと、固定給ではないので、毎月の勤務回数や売り上げによって給料がまちまちになってしまいます。例えば、うちの旦那の場合、出勤すればするだけ給料が出るけど、風邪ひいたり、子供の行事で休んだ場合は減給になります。

日給制なので、お盆やお正月なので休んでしまった月は給料が低くて結構困りました。

自営業だからボーナスも無い人が多いでしょうし、金融機関からすると会社員と比べた場合、信頼性が欠けてしまうのです。

我が家の当時の家庭環境は、こんな感じでしたので、タマホームから借用限度額は低くなることと、審査が厳しくなることは言われていました。

会社員のご家庭であれば、年収5倍までの借用は大丈夫かと思います。何事も確実は言えませので自営業より可能性は高いはずです。

住宅ローン年収5倍にはひっかけがあります。それは次の項目でお話しますね!

住宅ローン年収は手取り年収の5倍だということ

ちまたで言われている年収の5倍と言うのは手取り額でありませんよね!年収と手取り年収は違いますよね。

年収=一年間の総収入です。 税金が引かれる前の金額なので年収だけならそれなりの額になる人が多いと思います。

手取り年収=税金や厚生年金又は国民年金など必要な金額が差し引かれて手元に残った給料になります。

この違いを曖昧にしている人は、きちんと頭に叩きこみましょう。

気を付けてほしいのが、住宅ローンを組むときに必要な数字は手取り年収だという事です。

年収が400万の場合は手取り年収はおおよそ305万円です。

http://heikinnenshu.jp/tokushu/tedori.html

こちらのサイトに年収いくらの場合、手取り年収いくらになるのか、詳しく書かれていますので是非参考にしてみてください。

手取り年収の5倍となるとローン借用額は1525万円です。手取り年収で計算すれば現実的な住宅ローンの数字が出てきますので、ローン額いくらまでなら借りられるか計算したい場合は、手取年収で考えましょう!その金額であれば、今の生活でも返済可能な範囲になりますよね!

スポンサーリンク

手取り年収で計算すれば年収400万の5倍は正確な数値

我が家の場合も、手取り年収から考えると借用額が1525万円になり妥当です。それに自営業のマイナス要素が入り1500万円に減額されたのかもしれません。こればかりは、ローンを審査した銀行でしかわからないことです。

我が家の場合は、自営業歴も10年と長くて、途中転職することもなく続けていたことが評価されたのかもしれません。タマホームの担当からも、アピールは出来る限りすると言ってくれましたので、ギリギリ限度額1500万円まで伸ばせたのだと思います。

まとめ

年収400万円だと1500万円くらいが妥当な住宅ローンですね!多く借り入れするよりは安全圏内で借りた方が、我が家みたいに子供が3人とか4人とかいるご家庭なら安全だと思います。

住宅ローンが苦しくて売却したり、離婚したりと、家庭崩壊したなんて話もありますし、無理は禁物ってことですね!

こちらの記事もおすすめです!

>>>【手取り28万円】5人家族生活費の内訳と暮らし方

>>>タマホームで新築、契約金はいくら必要?手持ち金が少ないけど大丈夫?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする