仕事

英語を活かす仕事に就きたい!?それならホテルマンがおすすめな理由!

英語が好きだから、英語に自信があるから、もっと英語力みにつけたい!英語を活かす職業に就きたいって思うひとは、一言で言えば英語に興味があり好きな人ですよね!

 

英語を使う仕事って、幅広くたくさんあるし、どれがいいのかちょっと迷いませんか?

そこで、英語を使った仕事ならホテルなんてどうかなって記事を書きましたので読んでみてくださいどうぞ!

 

(一応都内の某シティホテルで勤務経験ありです~)

 

スポンサーリンク

 

英語を活かした仕事って何がある?

英語が得意だから英語を活かした仕事に就きい、英語力をもっと高めたいかた仕事で英会話を使いたい!英語が話せる人はやっぱり英語を活かした仕事に就きたいって思いますよね!

 

英語は喋ってないと忘れてしまうし、せっかく得意としているなら更なるスキルアップのために、英語を活かした仕事に是非ついて、どんどん英語力をつけたいところ

 

しかし、英語を活かした仕事って一丸に言ってもたくさんありますよね!

例えばこんな感じ↓

CA キャビンアテンダント    
グランドホステス
旅行スタッフ ツアーガイド
通関士
貿易会社
外資系金融機関
幼児英会話指導講師
ホテルスタッフ
通訳
海外で仕事

 

英語を使う仕事ってまだまだたくさんありますけど、今私が思いついた職業を書き出してみました。これ見て、まず何を思いますか?

 

英語を使う仕事ってたくさんあるけど、上記の職業に就くのって結構ハードルが高そうじゃないですか・・・こんなの余裕だって言う人はガンガン行っちゃってください。

 

ですが、で・す・が、この中の職業でもホテル業は結構すんなり雇ってくれるので、更に英語も使う頻度高いのでおすすめしちゃいます。

 

ホテル業界が英語を活かした仕事におすすめな理由

 ①重複するけど、やっぱり他の英語を使った仕事に就くより、簡単だと思う 。

②英語に今自信がなくても英語力を磨くには最適だった

③日常英会話からVIPに対する接客もこなしていくので、英語力を存分に発揮できる

④外資系ホテルだったらフルに英語力を求められるし、シティホテルであれば日本人、外国人のゲストが半々くらいだと、英語漬けにもならず程よい環境

私自身が都内のホテルで働いていた時に感じたことを書き出してみました。

順番に説明していきますね!

 

スポンサーリンク

 

①重複するけど、やっぱり他の英語を使った仕事に就くより、簡単

他の職業より、仕事に就きやすいかなって思いました。ホテルの数もたくさんあるし、都内や横浜辺りだと、外国人観光客も多いし他のホテルよりたくさんの外国人が宿泊しにきます。都内近辺にホテルってたくさんありますよね!

 

狙っていたホテルに就職できなくても、また次のホテルってどんどん応募できるのがいいところです!グランドホステスだって、高度な英語力求められますけど、空港の数って日本全国にあるけどホテルの数に比べたら全然少ないです。

 

空港の中でも、地方空港だと外国人の利用者数もガクッと減ります。グランドホステスで英語を活かしたいのであれば、羽田や成田、関空といった国内でもビッグな主要空港じゃないと英語力はそこまで活かせそうないですね。

 

その点ホテルであれば、都内に絞っても、かなりの数のホテルが存在しています。それでも2020年の東京オリンピックではホテル不足と言われていますので、どっちに就職、転職しやすいのかと言われたらホテルと言う意味合いを込めて、他の職種より就きやすいと判断しています。

②英語に今自信がなくても英語力を磨くには最適だった

外資系ホテルであれば、高度な英会話力最初から必須ですが、それ以外のホテルだったら、英語がペラペラじゃなくても普通に仕事はできるので、英語力が今なくても大丈夫です。それに、英語ができるからホテルで働けるかって言ったら違うだろうし、アピールができるけど、それ以外に何か自分をアピールできないと微妙ですね!

 

ただ、英語ができない状態でホテル業に就いて、そこで日々外国人のゲストを相手に会話をするチャンスがあるわけですから、無料で英会話教室に通っている感じで英語が学べます

 

私が以前働いていた都内のホテルは外国人の宿泊が50~60%の割合で毎日泊まりにきていました。外国人の団体がくると、宿泊客の8割は外国人なんてこともありましたので、今少ししか英語ができないけど、英会話を習得したいって考えている人にもホテル業はおすすめです。

>>>ホテルマンなのに英語ができない!!それって大丈夫?元ホテルマンが教えるよ!

③日常英会話からVIPに対する接客も、英語力を存分に発揮できる環境

それなりに知名度の高いホテルで働いていると、芸能人が泊まりに来ることもあるし、企業の取締役だとか役員だとか、社長だとか、お偉いVIPと呼ばれるゲストも泊まりにきています。

VIPゲストは何も日本人だけじゃないので海外VIPだって泊まりに来ます。VIPが来るとホテル側も最高のおもてなしをするわけですから、そこでも最高の英語力がスタッフに求められます。

 

特別なゲズトが来るときは、英語ができるスタッフの中から更に英会話力のスキルが特別高いスタッフに声がかかり、VIPとホテル側の通訳になるわけですから、重要な任務と言えます。

 

特別な仕事を任されるのは、やりがいを感じます!ホテルには、多国からのゲストが宿泊しに来るので、英語を活かした仕事が毎日できますよ!

 

④外資系ホテルだったらフルに英語を活かせて、シティホテルなら、英語漬けにはならない程よい環境

ホテルと言っても種類がいくつかに分かれます。

外資系ホテル
シティホテル
ビジネスホテル
リゾートホテル
温泉ホテル

 

この5つの中でも英語をたくさん活かしたいのであれば、外資系ホテルかシティホテルになります。リゾートホテルも場所によってはたくさんの外国人ゲストが訪れると思いますが、基本的には外資かシティホテルを選ばれた方がいいです。

 

ガッツリ英語で攻めたいなら外資系ホテルに突き進みましょう。

 

英会話もしたいけど、ずっと英語付けは厳しいと言う人はシティホテルを選びましょう。働いている身としては、日本人、海外ゲスト半々くらいが丁度よかったです。

 

スポンサーリンク

 

ホテル業に求められる英語スキル

ホテルで英語を活かせると分かったと思いますが、、どれくらいの英語力が必要なのかお話しますね!

 

目安としては英検2級以上 TOEIC600点~これくらいの英語力があれば、ホテル就職や転職で活かせそうです。英検2級以上ないと無理なのかって言われたら決してそんなことありません。

 

ホテルスタッフが全員英検を持っているわけでもないし、英語力ゼロの人もいますから、あくまでもこれは目安です。これくらい持っているなら、英語をよく使うフロントやベルといった宿泊業務に就けるでしょう。

 

ちなみに私は、英検2級持っていませんけど、宿泊業務やっていました。とりあえず英語は何とか耳で聞いて、知っている文法で話す。最初は必死でしたけどだんたんと、通じるようになってきたので仕事はできました。

 

毎日嫌でも海外ゲストと会話ができることはピンチじゃなくてチャンスだと思えば仕事しながら英語も学べてラッキーな人になれます!

 

まとめ

英語を活かせそうな仕事は探せばたくさんありますよ!だけど、何でもいいわけじゃないですよね!その中でも、ビジネスマンとして英語を使いたいのか、接客として英語を活かしたいのか。様々なはずです。

 

そして英語はできるけど、まずその会社入社しないと何も始まりません。

 

ホテルで働いて、グランドホステスやCAに転職する人もいました。ホテルで経験を積んでおけば他の接客業に転職する時もかなりアピールができます。

 

最初に英語を活かした仕事をしたいならホテル業をおすすめします!これ本当です!

 

こちらにもホテル業の記事を書いています↓

>>>ホテルマンの給料が安いって本当?元ホテルマンが事情を暴露します

>>>ホテルの仕事ここが大変!元ホテルマンが辛いと感じたこと6選あげてみます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。