家作り

マイホーム頭金いくら必要?備えあれば憂いなし!

 

人生で一番高い買い物って言ったら何を思い浮かべますか?

私は家だと思います。家を買う以上に高い物を買う人ってそうそういないですよね。芸能人とか除いて

そんな高い買い物をしたことないから、どれくらいお金がかかるのか、自分達でいくら用意して、どれくらいのお金を手元に残しておけばいいのか?全然わからないって言う人いると思いますが、今全然知らなくても大丈夫です。

頭金がいくら必要なのか調べているってことは、マイホームや家を買うことに少しでも興味がある人だと思います。

我が家は、年収400万だし、私は主婦で専業主婦だけどマイホームの頭金は頑張って用意しました。

 

そこで今回は、マイホームに頭金はいくら払ったか?またどうやって貯めたのか?頭金っていくら用意すればいいのか?

マイホームを建てた経験を元にお話していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

マイホームの頭金はいくら必要?

結論から言ってしまいますと、いくら用意しないといけないっていう定義はなくて、自分達の年収や現在の貯金、どれくらいの規模の家を建てる予定なのか(外構費用)も含めて考えます。なので私は、頭金平均いくら必要?っていうのはあまり意味がないと思っています。

 

年収も、現在の貯金額も、、年齢も、、家族構成も、一人一人違うからです。全く同じような環境で暮らしている家族があるならば、その家族の頭金いくら用意したのか聞くのは意味のあることになりますが、そうじゃない人達から、頭金の金額を調べたり聞いたところであまり意味はありません。

 

頭金をたくさん出せる人は、1000万以上ポンと出しますし、貯金が少なくて家を買う人は、少ない頭金になりますよね。なので頭金の平均値なんて気にしなくて大丈夫です。

頭金がいくら必要じゃなくて、自分達は頭金いくら出せるのか?って考えた方がいいです!

それでもいくら必要なのか気になる人は、できるだけ多く貯めておいてください。家を買う時に貯金がたくさんある方が要望を叶えられます。

家を買う予定が今なくても、貯金はたくさんしておくべき

今家を買う予定がない人

今家を買う予定がなくても、何かのきっかけで今住んでいる家から引っ越ししたい、賃貸払っているのもそろそろ止めて、家でも買わない?なんて話が急に出てくることもありますよね。その時に、貯金があれば心にも余裕ができて、頭金にはこれくらい回せるから、これくらいの値段の家なら買えるって計画ができます。

 

家を買いたいと思っている人

家を買いたいと既に思っているなら、ガンガン貯めていくべきてす。例えばの話しです。

一般的に年収の5倍までローンは借用可能と言われていますが、年収500万円の家庭なら、2500万円までローン借用ができることになります。ここで頭金がいくら出せるかで、今後の生活が大きく変わります。

例 借用額2500万円 35年ローン場合

2500万借入 頭金0 の場合 月々返済 7万1千円

2500万借入 頭金500万円 の場合 月々返済 5万7千円

例なので金利はカットしています!

 

この2つを例にした場合、現状の生活ですでに7万以上の賃貸を払い生活しているのであれば、頭金0でも大丈夫と考えてしまうと思いますがそれは、ストップです。家を建てるとなると、ローン意外にも毎年固定資産税も支払わないといけませんし、収入が減る場合もあり得ます。石橋を叩いて渡る気持ちが大事です!

 

頭金を500万円用意できれば、月々返済も5万7千円となり、生活にも余裕が持てそうです、ね。頭金をいくら必要なのか、検討する場合は月々の返済額がいくらまでなら、今後も余裕を持って暮らしていけるか、そこを重点的に考えてみればわかるはずです。

 

ローン借用額を考える時にも、普段家系管理をしている人にいくらまでなら月々返済が可能か聞いてみてください。夫と妻の意見は一致しないことが多いので、一生に一度のマイホームと35年間のローン返済、お金のことは双方が納得できるまで話し合いをしましょう。

 

スポンサーリンク

 

我が家がマイホームを建てる時に出した頭金

我が家は2017年にタマホームにて注文住宅を建てました。その時に頭金700万円支払いました。

700万円の頭金が必要だった理由

うちは、私は専業主婦で旦那は当時自営業でした。もちろんボーナスもなくて、小さな子供3人いて家計に余裕はありませんでした。そもそも自営業者なので、ローン借用額もサラリーマンより額が下がります。そして手取りで年収を考えると280万〜300万の世帯です。

 

何より、ローンの仮審査は通ったけど借用限度額は1500万円でした。これが現実です。

年収400万は、手取り年収ではありません。手取り年収は300万なので5倍の1500万は正しい金額になります。マイホームも予算は、2000万円までと決めていたので、1500万までしか借り入れができないのであれば500万円の頭金が必要になりました。こうやって考えていけば家庭ごとに頭金いくら必要なのか見えてきます。

 

さらに+200万だした理由

我が家は35年でローンを組んでいますが、月々の返済額をとにかく少額に収めたかったからです。少額に収めないと生活に支障が出る可能性もあり、ありがたいことに200万は両親が贈与してくれました。

頭金はずっと貯めていた

500万は、私の財産でもありましたが、いつか大きな出費をする時に使おうと思い、10代の頃からコツコツと貯めてきました。そのおかげで、今こうして、無事注文住宅を建てることができたので、500万円を頭金に使ったことに後悔はしていません。なくなったらまたコツコツ貯めていくだけです。

まとめ

頭金がいくら必要かどうやって考えるのか?

①平均値を見ても、それが自分の家庭に当てはまるものではないので、平均値を気にする必要はない。

②ローン借用額がいくらまで可能なのか算出し、その金額から逆算して必要な頭金額を出す。

③今後の暮らしがどうなるのか先のことも予測して必要な頭金を考える。

④年収は手取りの年収で考えよう!

 

偉そうなこと言ってしまいましたが、私が自分で気を付けていたことはこの4つです。

 

我が家が家を建てる時に、旦那がハウスメーカーの人に頭金はどれくらいが平均ですか?と聞いたのを今でもすごい覚えていて、「頭金は人それぞれなので、平均いくらって金額はないですよ」と言っていましたけど本当にそうだと思います。

 

自分達で頭金いくら出したらいいのかわからなければ、ファイナンシャルプランナーに相談してみるといいですよ!ハウスメーカーに行けば大抵ファイナンシャルプランナーの相談会実施中とか、相談できるような環境になっています。もちろん無料だと思います。

 

我が家も、ファイナンシャルプランナーに相談しましたよ。

 

家が欲しいな、そろそろ建てたいよね~なんてを家族が増えてくると自然に夫婦の会話に出てきたりするものです。20代前半は家なんて自分が買うなんてこと想像できなかったけど現に20代ギリギリの28歳の時に家を建てなよ、て話を振られて、そのことがきっかけで、そろそろ生涯の住処を考えないといけないのかなって自覚したのを覚えています。

 

家をいざ建てようと思っても、肝心なお金が貯まっていないと、買うことに躊躇するはずです。なので私は結婚してからすぐに、いつかはマイホーム建てるかもしれないと密かに思っていて、共働きだったこともあり妊娠出産して退職するまでの期間はガッツリ貯金をしていました。そのおかげなのか28歳の時に家を建てなよと義理両親から言われた時も、ある程度の預金があったので、頭金に回すこともできました。

 

慌てて家を買う必要性がないのであれば、目標金額を決めて貯蓄できたら家を買うようにした方がいいと思いますよ~買うタイミングって難しいですけど。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。