高校野球

沼田翔平がイケメンでドラフト候補?丸刈り禁止の旭川大高校が注目

沼田翔平がイケメンでドラフト候補?丸刈り禁止の旭川大が注目を集めています。旭川大高校の中で一番のイケメンと言われている沼田翔平選手について、丸刈り禁止している理由についても調べてみました!

スポンサーリンク

旭川大学高校野球部が丸刈り禁止の理由は?

沼田翔平さんが通っている旭川大学高校野球部は丸刈り禁止ということでニュースにも取り上げられていましたね!高校球児は丸刈り坊主というイメージだったんですが、

「なんで丸刈り?」

「強制的にボーズ頭なんてかわいそう」

と言った声がネット上でも聞かれました。野球部はボーズ丸刈りのイメージが殆どなのでそれに対してなぜ?と疑問に思ったことがありませんでした。しかし旭川大高校は丸刈り禁止をしているということで新たな取り組みをしている野球部です!

旭川大高校野球部の端場監督は「自由な髪型でも、恥ずかしくないプレーを」という新しいコンセプトの元チームを改革していきました。自由な髪型を提案したのは2016年の冬からです。

端場監督は、野球部全員に「髪を伸ばせ、情けない負け方をしたらそんな髪型をしているからだと批判を浴びるぞ」と言いました。確かに高校球児と言へば、全員丸刈りでチームの統一感が出ています。

自由な髪型にしている高校球児って殆どみたことがありません。髪を伸ばしているだけで負けたら風紀が乱れているからと言われてしまいそうです。

この作戦に出たのは、チームの意識改革だったと言います。

また旭川大高校野球部の主将青木亮樹選手は、丸刈り禁止にしてから相手チームから冷やかしや、変な目で見られたといいます。しかし、そこで「髪型が自由だからって実力はある」という事を証明しようと逆行がバネに変わったそうです。

また、丸刈りを強制して野球部員が減ってしまうのを防ぎたかったのも作戦の1つでした。主将青木選手も旭川大高校野球部に入部した際全員が丸刈りで自分も丸刈りにしないといけなくて正直嫌だったそうなんです。

 

丸刈りが嫌で野球部に入りたくないとう高校生も増えてきているといいます。野球をやりたいけど髪型まで強制されてしまうのは、行き過ぎなのかもしれません。野球をしていない時は普通の10代の若者ですし、髪型は気になりますよね。

また高校野球のルールにも髪型を「丸刈りにしないといけない」というルールはありません。旭川大高校野球部のように「丸刈り禁止!自由な髪型で」が甲子園でますます広がっていくことでしょう。

沼田翔平は丸刈り禁止をどうみてる?

噂の丸刈り禁止の旭川大高校ですが、沼田翔平さんは今回の丸刈り禁止についてどう思っているのでしょうか?

「丸刈り禁止にしたことで、チームの意識が変わったり、結果にもでてきたので良かった。髪を伸ばしていることで負けてバカにされたくない。プレッシャーがかかった」

と話しています。この調子で甲子園でも良い結果が残せるといいですよね!

 

続いて旭川大高校野球部エースの沼田翔平さんについて調べてみました。

沼田翔平がイケメンでドラフト候補?

沼田翔平さんがイケメン投手で北海道大会の予選から注目を浴びていました!

どんな顔なのか気になりなすね!こちらがイケメン沼田翔平さんです。

どうでしょうか?沼田翔平さんイケメン過ぎませんか!!爽やかでかっこいいです!!

沼田翔平さんが北海道野球部の中で一番イケメンと言われているのがわかりました!これは人気が出ますよね。そして1番のエースナンバーです。投手としても実力があり、顔もかっこよくて甲子園では更に女性ファンが増えそうです。

そしてイケメン沼田翔平さんはドラフト候補にもなっています!

沼田翔平さんの球速はMAX146キロです!このスピードはプロ等々ですよね!

もちろんプロ野球のスカウトからも高評価を受けております!

日ハムのスカウト白井さんは
「現在の北海道の高校生で一番の実力者。そして人気も高くスター性がある。」と評価しています。春季大会で旭川商業高校と対戦し146キロのストレートを記録しました。同試合では完封勝利もしています。

また巨人の柏田スカウトは

「悪天候にも動じない相当なレベル」と評価しています。

2016年に同じ北海道の北海高校が甲子園で準優勝になると、ライバル高校の姿を見て、自分も甲子園に行けるレベルになりたい!沼田翔平さん自身も甲子園に行きたいと本気で目指すようになったそうです。

今回夏の高校野球で活躍できれば、更にプロ野球界から熱い視線が送られてくるのは間違いないので頑張ってもらいたいですね!

スポンサーリンク

沼田翔平の家族構成は

沼田翔平さんの家族構成はご両親とお兄さんが1人います。

沼田翔平さが中学から野球を始めたのも、お兄さんが野球部だったことから翔平さんも興味があり野球を選択したそうです。もしお兄さんが他のスポーツをやっていたら今頃甲子園会場にはいなかったのかもしれませんね!

 

沼田翔平さんはTwitterもやっていますが、残念ながら一般公開はしていませんでした。プライベートは静かに見守っていましょう。イケメンなのでモテモテでしょうね!

沼田翔平のプロフィールと経歴

2000年6月24日生まれ

北海道旭川市出身

家族構成:両親と兄

身長:175cm

体重:63kg

投打:右投げ右打ち

ポジション:ピッチャー

出身中学:旭川市立神居中学校

沼田翔平さんが野球を始めたのはなんと中学に入学してからなんです!

小学生の頃はバレーボールをしていたので運動神経は当時から抜群でした。沼田翔平さんは小学生の時に、草や白樺のアレルギーがあるため、屋内のスポーツがいいと言われていたそうです。

そのためバレーボールを選んでやっていました。バレーボールの実力も高く北海道の大会で優勝する実力がありました。しかし進学した神居中学ではなんとバレーボールがなかったのです!!

そして次に選んだのが野球部でした。小学生の時には屋外スポーツを控えていましたが、中学生になってアレルギーの症状も落ち着いてきたと考えられますね!

運命の野球部に入部した沼田翔平さんは持ち前の運動神経で、見る見る上達していきました!

大抵、甲子園に出場する選手は小学生低学年くらいから野球を始めているのに対して沼田翔平さんは中学からなんです!かなりの逸材と言えます。

旭川大高校野球部入ると1年生春から背番号14番を渡されてベンチ入りをします。そして2年生で春の旭川地区予選Bブロッグの代表決定戦に登板し見事勝利に導きました。

また旭川大高校野球部のエース投手として成長し、高校2年生の北海道大会でチームをベスト4に導く活躍を見せてくれました。

高校3年生の春の旭川地区予選Bブロックの2回戦で、なんとプロ9球団のスカウトが訪れ沼田翔平さんを視察していました。

持ち味は、146キロのストレートとカーブやスライダーも得意でボールコントロールにも自身があります。

北北海道大会で優勝した際に校歌を歌い終わった後、自然と涙がでてきたという沼田翔平さん。夢の舞台甲子園球場で今後はどこまで登っていけるのでしょうか!

まとめ

今回は北海道の一番の投手で一番のイケメンである沼田翔平さんについて調べてみました!

中学から野球を始めて、甲子園にも出場する沼田翔平さんがどんな活躍を見せてくれるのか注目です!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。