ホテルの仕事

ホテルマンの女性は仕事が辛い?フロントは華やかな仕事ではない

ホテルで働く女性のイメージはフロントで華やかな仕事をしているイメージ強い人がいますが、ホテルで働く女性は決して華やかなイメージとは裏腹に仕事が辛いという日々なんです。

今回はホテルで働く女性の本音として書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ホテルマンの仕事は女性にとってはきつい仕事?

ホテルの仕事といってもたくさんあるのですが、今回はホテルの仕事と言えば一番イメージが付くフロントやベル、ハウスキーパーと言った宿泊に携わる仕事についてお話していきます。

ホテルで仕事している周りに言えば、フロントの仕事しているのと真っ先に思われます。これは、一般的にホテルの仕事と言えばフロントと言うイメージが付いてしまっているからです。実際にホテルの中での仕事はフロント以外にもたくさんあります。

その中でもフロントやベルといった仕事はホテルの中でも人気のある仕事になっています。

では実際に仕事内容はどうなのか辛くないのでしょうか。ホテルのフロントの仕事は一見華やかなイメージでいいね!なんて言わるのですが、実は過酷で辛い仕事です。そして責任感もあり、ミスも早々許されません。

ホテルのフロントの仕事は女性にとっては過酷な現場

私は以前ホテルで勤務していた経験があるのですがフロントは本当にシビアの職場でした。私は都内にあるわりと大きなホテルで勤務していたのですが、フロントの仕事はプレッシャーを感じることが多かったです。

フロントホテルの顔として、髪型や化粧まできめ細かな注意が必要です。ホテルマンは体臭にも気を配っているのですが、香水も臭いがきついとお客様から指摘されたり、女性先輩社員からおりを受けてしまうこともあります。

仕事もただチェックイン、チェックアウトをするだけではなく、今日はどんなゲストが来るのかVIPから顧客、団体チェックまで全て管理します。またお客様から言われたことを瞬時に理解、不明点はすぐに確認する、ホテルで行っている宴会やブライダル、㏠の流れも全て頭に叩きこみます。

そして何が大変だったかと言うと

ホテルのフロントは理不尽クレームの対応をしないといけない。

ホテルのフロント女性はセクハラ的なことを言われたり、嫌な思いをすることもある。

ホテルで働く女性は夜勤勤務はもちろんある。

ホテルで働く女性は力仕事もこなす必要がある。

私がホテルで働いていた時に感じていたことや、同期メンバーが辛いと漏らしていた実際の内容になっています。

スポンサーリンク

ホテルのフロントはクレーム処理係

クレームと言うのはどんな仕事をしていても気を付けていてもクレームになってしまいますが、接客業をしているとクレームを受けてしまう確率もグーンと上がります。ホテルのフロント係も同じです。

フロントとしての業務範囲外のことも最初はフロントにクレームが来るからです。客室の清掃不備や手配漏れ騒音など全て最初はフロントにクレームが入ってきます。フロント係は冷静にマルチな能力も求められて、直接フロントとは関係ないレストランでのクレームもなぜかフロントに向けて当たり散らす人もいるんです。

そして、か弱い若い女性従業員に向かって大柄な態度でクレームも付ける人が実際います。男性社員が出てくると、今までの大柄な態度が一変することもあり女性だからというだけでなめられこともしばしばです。

理不尽クレームばかり受けて更に女だからと言って強気な態度を取られてしまうと本当に辛い!

ホテルのフロント女性はセクハラ的なことを言われる?

内容がクレームと似た所もありますが、女性はセクハラ発言を受けることは結構あります。性的な発言は気持ち悪くて、そう言った発言をしたゲストは男性従業員が対応するように徹底されますが、はっきり言って気分は最悪です。

 

2016年8月23日に俳優の高畑裕太が前橋市内のホテルで40代の女性フロント従業員に暴行を加えて逮捕されるという事件が発生したのは覚えているかと思います。連日ワイドショーにも取り上げられていましたね。

この事件が起きた時にフロントの女性には同情してしまいました。

一部ネット上では女性が誘惑したとか、夜勤が女性だったのがいけないという意見もありますが、男性だけが夜勤をして回せるのなら最初からそうしているはずです。特に地方のビジネスホテルとなれば、従業員もギリギリで夜勤も1人~2人体制のホテルもたくさんあるでしょう。

現にこの事件が起きてしまった時には、勤務していたホテルでも夜勤体制について見直したそうです。女性を夜勤に入れることは、リスクがありますがホテル業界全体として人手不足のため仕方ないのが現状です。

 

ホテルですがラブホテルではありません。しかし酔っ払いの相手も実際しないといけないし、彼氏はいるの?かわいいね?何時に仕事終わるの?などいろいろと傷つく女性従業員がいるのは確かなことです。

ホテルで働く女性は夜勤勤務はもちろんある。

ホテルは24時間体制のため夜勤者が必ずいます。夜勤者は男性だけではなく女性でも、もちろんあります。何か起きた時に大変だから男性だけ夜勤やればいいのに、なんて声も聞きますが人手不足です。

男性だけで夜勤を回せるほど人がいません。男性従業員が夜勤ばかり入ってしまうと日勤は反対に女性ばかりとなり、バランスも取れません。夜勤は男性が多いのですが女性でも夜勤はあり、不規則なシフト編成もこなしていきます。

またフロント係は残業も多く夜勤勤務での残業は身に応えます。女性の場合は生理だったりすると夜勤は正直過酷です。仮眠時間もありますが僅か3時間程度です。もちろん肌も荒れてしまい、化粧もひどい状態です。

こんな状態が続くのは女性として嫌ですよね。

スポンサーリンク

ホテルで働く女性は力仕事もこなす必要がある

ホテルで働く女性は以外にも力仕事がたくさんあるんです。第一にお客様の荷物を運ぶということがよくあります。もちろんワゴンに荷物を乗せて運ぶのですが、団体客にもなるとまとめて4~5個の荷物を運びます。

海外ゲストのスーツケースは量も大きくて荷物も大量です。部屋の中に入れてきてと言われても一苦労だったりします。また荷物が重いから持ってほしいってことも度々言われて、もちろんYESとしか言えないので、重いけど運びます。

近くに男性従業員が入れば変わってくれることもありますが、そうじゃないときは自分がやるしかありません。

またホテルのフロントやベルと言った仕事は立ち仕事です。休憩時間以外はロビーやフロントカウンター前で立っていないといけません。この立ち仕事が地味にきついんです。

動けるならまだしも立っていないといけないというのが辛い!

何の仕事にも辛いことがありますが、ホテルの仕事は特にフロントに関しては女性従業員は辛い時がしばしばあります。もちろん男性も夜勤と残業が多くて大変です。

簡単な仕事は無いとは言え、華やかなイメージとは違い辛い仕事ということを知ってほしいなと思います。

ホテルマンの女性のことを何て呼ぶ?

ホテルマンと呼ぶと男性だけを指す言葉と勘違いする人もいますが、実際には男女問わずホテルマン=ホテルで働く従業員捉えています。ホテルで働く女性のことはホテルウーマンですが、わざわざホテルウーマンと呼ばれたとはありませんでした。

最近はホテル従業員のことを「ホテリエ」と読んだりしていますが、私的にはホテルマンと呼ばれていても何とも思いませんでした。

ホテルで働く女性に対して何て読んだらいいの?と思ったら「ホテリエ」と呼べばいいと思います!

ホテルで働く女性のやりがいとは?

ホテル勤務は女性にとっては辛い現場なんだということはわかったと思いますが、それでもホテルで働きたい女性はたくさんいます。ホテルで働く女性のやりがいとは何か探ってみます。

ホテルは大変な仕事ではありますが、責任感や達成感もありやりがいがある仕事です。

クレームや変な客はいますが、殆どのお客さんは普通です。一流のおもてなしや接客をすると必ず感謝の言葉が戻ってきます。

また大事なゲストを迎えたり、国際大会の試合があったら選手が泊まりにきたりと、大きなプロジェクトに関わることもできます。

大変だけどやりがいがある仕事だからこそ女性従業員もたくさんいるんですよ!

スポンサーリンク

まとめ

今回はホテルで働く女性について書きだしてみました。

何の仕事も大変なんですがホテルの女性は華やかなイメージとは実は違うということです。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。