イベント・スポット

江ノ島花火大会2018年10月の日程や穴場スポット混雑情報!駐車場はある?

江ノ島花火大会2018年10月の日程や穴場スポット混雑情報!駐車場はあるのか気になりませんか?若者に人気の江ノ島!デートスポットにはお勧めで有名ですよね。デートで一度は訪れた事のある方も多いのではないでしょうか?

 

2018年10月にはふじさわ江ノ島花火大会が開催されます。日程や穴場スポット、混雑情報や駐車場について気になるところですよね。例年多くの方が訪れる江ノ島の花火大会。これから予定を立てる方、毎年行ってると言う方も含めて今一度基本情報をおさらいしていきましょう。

今回は湘南在住の地元人として江ノ島花火大会2018年10月開催の日程と穴場スポット、混雑情報と駐車場について分かりやすく解説していきたいと思います!よかったら参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ふじさわ江ノ島花火大会とは?なぜ10月開催に?

江ノ島花火大会は全国的にも人気の花火大会です。以前は夏に1回開催の花火大会でしたが、2010年日本でAPECが予定されていたことから、警備上の問題で秋の開催に変更になりました。その時から、夏の花火大会は規模を縮小して行われ、秋にメインの花火を打ち上げるようになったそうです。

 

また秋にも観光客を呼びたいと言う考えで10月に開催をしているようです。10月の方が空気は澄んでおり、お天気も安定していることから秋の花火大会を開催する地域も多くなってきましたね!

 

秋の花火大会は夏とは違った雰囲気が楽しめます。たしかに夏よりは10月の方が天候が荒れる事もなく、空気は澄んでおり観ている方も集中して花火を楽しむ事が出来ますよね。

ふじさわ江ノ島花火大会の基本情報

・日程

2018年10月20日(土)

*雨天の場合は21日に延期

・時間

18:00〜18:45

・打ち上げ数

3000発

・場所

神奈川県藤沢市片瀬海岸

・アクセス

電車の場合

小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」徒歩2分

江ノ島電鉄「江ノ島駅」徒歩5分

湘南モノレール「湘南江の島」徒歩6分

 

車の場合

新湘南バイパス茅ヶ崎海岸ICを降りて江ノ島方面へ10キロ

駐車場あり。

 

・問い合わせ

藤沢観光センター   0466-22-4141

江ノ島花火大会2018の見どころは?

おすすめは、海上から打ち上がるスターマインです!これは見逃せませんよ。多くの人がこのスターマインに心を奪われており、また、来年も来たいと思われすほどの素晴らしい演出となっています。また江ノ島をバッグに花火が上がるのも美しい光景です!

 

毎年見ている方でも鳥肌が立つくらい感動的な光景が湘南の海に広がります。そして最後に打ち上がる二尺玉の花火は圧巻です。直径60cmあり重さはなんと70キロ近く!70キロもあるものが夜空に打ち明けられるって凄いくないですか!

 

開花した時の直径はなんと480mと言われています。言葉では中々伝わらないと思うのでこの迫力を是非生で体感してください。秋の澄んだ夜空を彩る無数の花火は夏とは違った雰囲気があり観ている私達の心も綺麗にしてくれますよ。

スポンサーリンク

江ノ島花火大会2018の鑑賞スポット!

観賞スポットですが、落ち着いてじっくり見たい人は有料観賞席がおすすめです。しかし毎年有料鑑賞席はチケットが直ぐに完売となります。ふじさわ江ノ島花火大会を鑑賞するにはおすすめのスポットではありますがチケットが無いと有料鑑賞席では鑑賞する事が出来ませんので、鑑賞スポットでご覧になりたい方はまずは有料鑑賞チケットを購入しましょう。

 

料金は1枚2500円で椅子に座っての鑑賞が可能です。有料鑑賞席は2500席となっていますから、倍率はかなり高くなりそうですね。購入方法は藤沢観光センターでの窓口販売とインターネットを使用したプレイガイドで販売されています。

 

今年は9月3日より販売開始されましたが、現在は既に完売しています。例年9月に入ったらすぐに販売開始されます。今年チケットが購入できなかった方は、来年に向けて覚えておきましょう!

ふじさわ江ノ島花火大会の穴場スポットはある?

有料鑑賞席は直ぐに完売になってしまいますが、無料で楽しむことが出来る穴場スポットも多数存在します。代表的な場所をご紹介しますね。

・県立湘南海岸公園

位置的には江ノ島水族館のちょっと先になります。広々と芝生が広がっておりゆっくりと鑑賞することが出来ますよ。大きさもバッチリ見えます!毎年レジャーシートを持参して大勢のお客さんで賑わっています。

・腰越漁港周辺

例年西側は混雑する為、東側は比較的空時があります。

・湘南モールフィル藤沢店の屋上駐車場

JR東海道線の辻堂駅と藤沢駅の中間に位置し、地元人が大好きな湘南モールです。駐車場はいつでも無料というコスパも最強です。屋上駐車場からは江ノ島が見えますよ!しかし距離はちょっと離れているので、花火の大きさも、それなりの大きさになってしまいますのでご注意してくださいね!

モール内であればトイレも完備されているので子供と一緒に行く人は、大混雑も避けられるしおすすめですよ!ただ駐車場から出るときは結構並んでるので出庫の時間も気を付けてください。

・辻堂海岸

辻堂海岸も江ノ島花火大会の時はたくさんの人がいますが、比較的離れているので穴場スポットと言えます。少し花火は小さくなってしまいますが、混雑を避けてみたい人にはおすすめです。駐車場は辻堂海浜公園の駐車場が使えます。また花火大会が終了後も車の渋滞もできないし、ささっと帰りたい人は江ノ島から少し離れた所での観賞がおすすめです。

 

これ以外にも多くの場所でふじさわ江ノ島花火大会を楽しむ事が出来ますので、計画を予定している方は穴場スポットを探してみてくださいね。片瀬山の方からも見えますし、絶対間近で見たい!って人以外は少し離れてみた方が混雑も避けられると思います。

 

先ほども記載しましたが東側は穴場が一杯あります。西側で混雑している中観るよりも、東側の穴場スポットでゆっくりと花火を満喫されることをお勧めします。

スポンサーリンク

江ノ島花火大会2018の混雑情報!

毎年江ノ島花火大会終了後は、混雑しすぎて小田急線が止まってしまうくらいの大混雑になります。人、人、人で駅前はイモ洗い状態です。また車できた場合も江ノ島近くは渋滞が発生し、全然動きません。

電車でくる人は、駅の近くで観賞し終了と当時に急いで駅に向かって大混雑する前に電車に乗るか、終了少し前には駅にいるようにしましょう。車の場合は駐車場から出るのにもかなりの時間がかかる場合があります。駐車券の精算も長い列ができていました。

 

これまでも警備員や誘導する方がいたのですが、見直しをして今年はスムーズに対応できるようしっかり体制を整えて対応していくと発表があったようですよ。8万人を事故なく誘導すにはかなりの多くの人が警備や誘導をしてくださっていることでしょう。私たち観る側もルールやマナーを守りたいお互いが気持ちよく観ることが出来るように対応していきましょう!

 

例年8万人くらいの人がふじさわ江ノ島花火大会に集まると言われていますからその数は半端ないですよね。家族誰やカップル、お友達同士で多くの人がふじさわ江ノ島花火大会に集まります。

小さなお子様を連れて行かれる方はくれぐれもお子さんから手を離さないように十分に注意してくださいね。迷子になってしまったらせっかくの楽しい思い出も台無しになってしまいます。

スポンサーリンク

ふじさわ江ノ島花火大会の駐車場はある?

有料の駐車場が1600台近く準備されています。例年直ぐに一杯になりますから車で来場予定されている方は早めに行くなどして駐車場の確保をしましょう!ただし、江ノ島近辺の駐車場は出庫にも時間がかかることを覚えておいてくださいね。

ふじさわ江ノ島花火大会はアクセスが良いので電車で来場される方がたくさんいます。車の場合、帰りの渋滞がひどくて私は近づきたくありません(笑)車で行く方は、少し離れた場所からの観賞がおすすめです。

 

ある程度近くまで車で行って江ノ島迄は電車でと言うことでも良いでしょう。8万人に対して1600台ですから駐車場を入れるだけでもヤキモキしそうですね。

江ノ島花火大会2018に屋台は出る?

花火大会と言えば屋台ですがふじさわ江ノ島花火大会でも屋台は多数出ています。片瀬江ノ島駅周辺には多くの屋台が並んでおり屋台ストリート化しています。通常の屋台はもちろんのこと地元グルメも出店していますから、屋台だけでも楽しむことが可能になっておます。

 

屋台ストリートと聞いただけでもワクワクしてしまいますよね。その分お金がかかりますから1年に1回の楽しみだと思って堪能してくださいね!花火が開始される前に屋台でお腹を満腹に満たして花火を楽しんではいかがでしょうか!

スポンサーリンク

江ノ島花火大会周辺のおすすめスポットは?

新江ノ島水族館

・江島神社

・江ノ島展望灯台

・湘南モールヒル

・神奈川県立辻堂海浜公園

・江ノ島アイランドスパ

などなど周辺にもおすすめスポットが満載です。新江ノ島水族館はイルカショーなどもやっていますので、お子さんに人気のある場所です。江ノ島に行けば1日楽しむことが出来て1日の締めくくりを花火で終えることが出来ますから、充実した1日なること間違いないでしょう。

1日に全部見るのは不可能なので、何回かに分けて江ノ島の観光もしてみてください。

まとめ

ふじさわ江ノ島花火大会では秋に実施される大人気の花火大会です。ズラリと並ぶ屋台も人気の1つであり、何より会場のアクセスが便利な為に多くの方が毎年訪れる場所となっています。江ノ島と聞くと若者が行く場所とイメージがありますが、老若男女幅広い世代で楽しめます。江ノ電を乗って江ノ島を満喫して、日々の疲れを癒すには最適な場所ですよ。

 

今年の夏の花火大会を行けなかった方はこれから行われるふじさわ江ノ島花火大会に足を運んで見ては如何でしょうか!生の花火はやはり迫力があり、気持ち良いですよ。、秋の澄んだ夜空に輝きを放つ素晴らしい光景を目に焼き付けて見ませんか!

大人だけでは無く江ノ島は子供と一緒に楽しめますので、一家総出で江ノ島に行ってみてください。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。