trendニュース

小倉美咲ちゃんが発見できない理由は?親のインスタが炎上!

山梨県の道志川沿いにある、椿荘オートキャンプ場で7歳の女の子小倉美咲ちゃんが行方不明になり今日で6日目が経過しました。一刻も早く見つけてほしい気持ちはみなさん同じだと思います。その一方で小倉美咲ちゃんが発見できない理由はなぜなんでしょうか?今どこにいるのか?そして親のインスタグラムが炎上しています。早速この話題についてまとめていきます。

スポンサーリンク

小倉美咲ちゃんが発見できない理由は?

小倉美咲ちゃんの手掛かりがないまま、6日目が経過しています。なぜ全く手掛かりがないのか、情報がないのかと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

筆者も子供一緒に何回かキャンプに行ったことはありますが、なぜ手掛かりががないのか考えてみました。

小倉美咲ちゃんの目撃情報がない理由は?

小倉美咲ちゃんの行方不明になり、捜査が難航していますが、その時に目撃情報がないと報道番組で伝えていましたが、そもそもキャンプ場に行ったら、多くの家族連れが来ています。

またそれこそ自分の子供達が、転んだり、斜面から落ちてしまったりする場合も結構あり得るのがキャンプ場です。美咲ちゃんが行方不明になっているような同じ道志川沿いのキャンプ場に行ったことがありますが、同じように山の中にあるキャンプ場が殆どです。

そして近くには道志川が流れていて、川の水がとってもきれいなので夏は川で水遊びできたりと、本来なら自然の中での遊びを感じることができるキャンプは家族連れにも大変人気があります。

しかし、いくらキャンプに慣れているとは言え、他の家族も自分の子供を見守るのに精一杯です。正直いくらテントサイトが隣だからと言ってよその家の子供の動きまでは見ていません。

美咲ちゃんら家族がこの椿壮キャンプ場に来た時も、3連休だったためにたくさんのキャンパーが来ていました。

それでも、美咲ちゃんが自分のテントの近くを通ったとしても、普通は気がつかないと思います。キャンプなので、自分たちのことに集中しているし、子供もたくさんいますので、目撃情報がないのではなく、わざわざよそ家の子を見ている余裕はありませんし、見ないでしょう。

そのため多くのキャンプ家族がいた中でも、目撃情報はないのだと思います。私自身3人の子供と一緒にキャンプに行きますが、自分の子供から目を離さないようにしているので、他の子供を見る余裕はありません。

キャンプに来ているのですから、アウトドアですよ。ちょっと子供から目を離すと・・・ということは予測できたのではないでしょうか?

美咲ちゃんのご両親を攻めるつもりはありません。

美咲ちゃんのは小学1年生ということで、お母さんの中でも、だいぶしっかりしてきたという印象があったんだと思います。小学1年生だったら近所の公園だったり、学校から帰ってきたら友達と遊びに出かける年頃です。

そのためお母さんも、いつもの感覚で大丈夫だと思い見送ってしまったのでしょうね。

ただ今回はキャンプ場です。子供に来なくてもいいと言われても保護者の一人くらいは着いていくべきだったと思います。特に水辺で遊ぶのであれば、やはり危険は伴いますし、誰かしら大人が見ているべきでした。

スポンサーリンク

小倉美咲ちゃんは現在どこにいるの?

自衛隊を加わり、美咲ちゃんの大捜索をしていますが、一体どこにいるのでしょうか?キャンプ場周辺5キロ範囲での捜索が続けられているようですが、美咲ちゃんはもっと遠くまで歩いていることも十分考えられます。

また子供は、道に迷っても同じ所に留まるということはできないと思います。とにかく、動いてしまうのが子供。そして意外と小学1年生の行動範囲は広く、初日に迷子になってしまいどんどん奥に行ってしまったことも考えられます。

ただ椿壮オートキャンプ場の映像を何度も見ましたが、明らかにキャンプ場という場所と、山道というのはきちんと分けられていましたよね。なのでキャンプ場の中で迷子になり案外近くにまだいる可能性も。

それでも見つからないので、なぜという疑問が出てきてしまいますね。

美咲ちゃんの親のインスタグラムが炎上?

子供がいなくなったのは親の責任ではありますが、美咲ちゃんの親のインスタグラムが炎上して現在は削除されてしまったようです。美咲ちゃんのお母さんが働いているトリマーのアカウントはまだ健在でした。

美咲ちゃんのお母さんは、成田市でトリミングサロンのオーナートリマーをされています。

美咲ちゃんのお母さんは、美咲ちゃんが行方不明になった夜からインスタグラムを更新して、美咲ちゃんの情報を集めていました。

子供がいなくなり不安だった気持ちは分かりますが、インスタグラムで拡散させたのはあまりよろしくないような気がします。

情報を拡散しても、キャンプ場にいる人にしか状態は分からず、全国民に流しても捜索にいけないからです。もちろんボランティアで何十人の方が既にキャンプ場に到着し、捜索の手伝いをしていますが、娘が行方不明になっている時にインスタグラムを度々更新したり、また返事をしたりするのは、感覚として少し問題があったと思いますよね。

お母さんの危機感が薄いというか、大勢の人が捜索に出る中何度もインスタグラムを更新するのはちょっと不謹慎だったのかなと思いますが、お母さんのことを考えるとそうでもしないと、不安で押しつぶされてしまうからでしょう。

美咲ちゃんがいなくなった初日には、報道の取材に対してこんなコメントを出しています。

水泳もやっているので、体力はかなりある。いなくなる前にはチョコバナナも食べたので、まだお腹には余裕があると思います。私たちは諦めていません。可能性がある限り、報道してください。

これを聞いた時には、、水泳とか関係ないでしょう・・・とお母さんに対して憤りを感じてしまったのは確かです。でも今思えば、美咲ちゃんの体力を信じたいという気持ちからの発言だったんだと思います。

我が子の可能性を信じるしかないのですから。

スポンサーリンク

小倉美咲ちゃんの足取りや特徴は?

最後に小倉美咲ちゃんの特徴や当日の行動、足取りをまとめていきます。

小倉美咲ちゃんの特徴ですが

  • 身長125センチくらい
  • 髪はセミロング(肩につくくらいの長さ)
  • 黒いTシャツに青いジーンズ
  • 姿緑のスニーカーを履いている

 

小倉美咲ちゃんはお母さんと、お姉ちゃん、また友達6家族で9月21日~2泊3日の予定で椿壮キャンプに来ていました。

美咲ちゃんが行方不明になってしまったのは、初日の9月21日です。

美咲ちゃんと年上の子供たちがテント付近でおやつを食べていましたが、美咲ちゃんだけが最後まで残っていたようです。そしてお姉ちゃんたちを追いかけてテントから遊びに行くと母親に告げて出かけました。

母親は美咲ちゃんがテントから見える道路の道を歩いている姿を目撃しましたがその後どこに行ったのか行方不明に。

美咲ちゃんのお姉ちゃんや友達が15分後に沢から戻ってきましたが、美咲ちゃんの姿はなく、そこで美咲ちゃんがいないことに気がついたそうです。

スポンサーリンク

まとめ

美咲ちゃんの家族のことを考えると、一刻も早く発見されてほしいです。キャンプ場は整備されている所が多いですが、山のキャンプは特に危険な場所もありますし、子供から目を離してはいけないと

過保護と言われても、それくらいじゃないとダメなんだと私自身も再認識させられました。

美咲ちゃんが無事に発見されることを願っています。

スポンサーリンク

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。