スポーツ選手

松島幸太朗の母と父の職業がすごい?両親の国籍や出身地を調査!

ラグビー日本代表の松島幸太朗選手が注目されていますね!初戦のロシア戦で勝利できたのは松島幸太朗選手のおかげでしょう。そんな松島幸太朗選手の母親と父親はどんな人物だったのか、職業や国籍、出身地について調べてみました!

スポンサーリンク

松島幸太朗の父親と母親の出身地や職業は何?

松島幸太朗選手のお父さんは、ジンバブエ共和国出身です、職業は経済ジャーナリストでした。そのためお父さんは、ジンバブエ共和国の隣国である南アフリカで仕事をしていたようです。

松島幸太朗選手の母親は、多恵子さんです。職業は社会福祉士をしているようですが、以前は、NGOの研究員として勤務されていたので、それで南アフリカに行き幸太朗さんの父親と出会い結婚されたのかなと思います。

父親が経済ジャーナリストで母親がNGOの研究員って中々すごいですよね!

松島幸太朗の両親の国籍は?

松島幸太朗選手は見た目の通りハーフですが両親の国籍は

父親がジンバブエ人

母親が日本人

松島幸太朗選手が生まれたのは、南アフリカにあるプレトリアという町ですが、3歳くらいの時に母と松島選手の二人が日本へ帰国し、4歳の頃に日本国籍になったそうです。

松島選手は紛れもなく日本人の方なんですよ!

スポンサーリンク

松島幸太朗は父親と別々に暮らしていた?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スポーツ報知 / Sports Hochiさん(@hochi_photo)がシェアした投稿

松島幸太朗選手の父親は経済ジャーナリストで、新聞記者として仕事に熱心でしたそのため日本に一緒に来ることができずに一人南アフリカで単身赴任で仕事をしていました。まだ松島幸太朗選手も小さくて可愛い時期だったのに、お父さんと一緒に暮らせないのは寂しいかったと思います。

お母さんも、幸太朗選手が、かなりわんぱくな男の子だったので、片時も目が離せず、大変だったようです。

日本と南アフリカだと、気軽に会いに行ける距離ではないので、たまーにお父さんに会いに南アフリカに行っていたようですが、年に1回とか父親と過ごす時間は限られていました。

限られて時間の中でも幸太朗選手はお父さんのことが大好きで、お父さんがサッカーが好きだったことから幸太朗選手も小学生になるとサッカーを始めました。

松島幸太朗が父親と過ごした中学時代

長い間離れて過ごす中でも父親のロドリックさんは息子幸太朗さんのことをいつも気にかけていました。松島幸太朗選手が中学1年生の時に、南アフリカに呼び寄せ1年間留学させています。

南アフリカに松島選手を呼んだ理由は、将来の目標もなく過ごしていた松島選手を違う環境におき、何か息子に経験をさせたいと思ったことや、日本のような豊かな国ばかりではなく、父親が育ったジンバブエ共和国のような貧しい国もあること、世界のいろんなことを知ってほしいという気持ちもあったと思います。

父親ロドリックさんは勉強にも熱心で、スポーツだけではなく勉強もしっかりやるように厳しく指導したそうです。

中学1年生の途中から南アフリカに留学したわけですが、普段は学校の寮ですごし週末は父親のいる家で一緒に生活をしていたそうです。

この留学がきっかけとなり松島幸太朗選手は本格的にラグビーを始めるのですが、中学1年生で将来の目標をしっかり決めている人は珍しいですよね。きっとお父さんは子供時代にジンバブエ共和国の内戦や貧困を経験し、苦労していたので、息子にもしっかりとした目標を持ち、日々過ごしてほしいと思っていたのでしょう。

スポンサーリンク

松島幸太朗の母親はどんな人?

松島幸太朗選手の母親の多恵子さんは、NGOの研究員として南アフリカに行き父親と出会います。その後は日本に帰国しているのですが、ずっと父親がいない生活だったので松島幸太朗選手に寂しい思いをさせないように、いつも楽しく過ごすように気を付けていたそうです。

また小学生の時からサッカーを始めた幸太朗選手が、同級生から肌の色が変とからかわれたことがあったそうです。そんな時はすぐにチームのコーチや教師に連絡を取り、やめるように抗議をすることもありました。

頼りになる父親が近くにいないので、何でも母親が助けて一緒に頑張って生活されていたようですね。

今日本代表で活躍する松島選手を見ると信じられませんが、子供のころの松島幸太朗選手はもじもじ君で、恥ずかしがり屋の性格だったそうです。そのため友達から、肌の色をバカにされても、はっきり嫌とは言えずもじもじ。

そんな姿を見たお母さんの多恵子さんは、「嫌なことは嫌だとはっきり言いなさい。自分で意見を言えないとダメ!伝えることが大事」と幸太朗選手に教えました。

そのお母さんの教えのように幸太朗さんはたくましく成長されましたね!

松島幸太朗の父親の現在は?

幸太朗選手の父親のロドリックさんは、幸太朗選手が高校2年生の時に心臓病で亡くなってしまったそうです。生涯仕事熱心で、また自分にも厳しかったお父さん。日本に着たことがあったのかも分かりませんが、母子離れて長年暮らし、南アフリカで仕事を続けるというのは、相当覚悟が要りますよね。

松島幸太朗選手は高校を卒業後はラグビーの武者修行をしに再び南アフリカに渡る予定だったので、きっとこのタイミングでお父さんんが亡くなってしまったのは松島幸太朗選手もショックだったでしょう。

南アフリカに行けば、父親とまた一緒に過ごす時間ができたのに、それが出来なくなってしまいました。

でも幸太朗選手は父親がいた南アフリカに渡りラグビー選手として、強く成長を遂げるのです。

スポンサーリンク

松島幸太朗に兄弟はいるの?

松島幸太朗選手の兄弟についてよく調べられているようですが松島幸太朗選手は一人っ子です。ずっと別々に暮らしていたので、夫婦としての絆も薄れてきてしまいそうですよね。でも父親に会いに南アフリカに行っていたので、離れている時間が多かったとしてもちゃんと、父親の愛情を受け取っていたはずです。

松島幸太朗の高校はどこ?

松島幸太朗選手は、中学生1年生の時に父親がいる南アフリカに行き1年間留学しその時にラグビーを始めています。日本に帰国し中学2年生の時にワセダクラブに加入しラグビー選手として頭角を現した松島幸太朗選手は高校はラグビーの超名門桐蔭学園に進学。

桐蔭学園高校時代は2年生の時に、全国高校ラグビー大会で準優勝、そして翌年の高校3年生の時には優勝することができました。

スポンサーリンク

松島幸太朗の出身大学は?

ラグビーであれば名門の早稲田大学などに進学しても良かったと思うのですが、松島選手は、日本ではなく、南アフリカのラグビーチーム・シャークスの育成組織に2年間在籍することを決意します。

この2年間で松島選手は更に強い選手に成長し、南アフリカラグビーのU-20代表候補にも選ばれましたが、「日本代表で試合に出場したい」という強い気持ちから辞退したそうです。

お父さんが暮らしていた思い出の地南アフリカで出場してみたいという気持ちも心の片隅にあったかもしれませんが、南アフリカに来ているのはあくまでも日本のラグビーを強くするためだったのです!

やっぱり日本人なので日本代表として日本のチームを強くして、勝つというのが松島選手の目標でした!

そして2019年ワールドカップが日本開催となり、松島選手含む、ラグビー日本代表メンバーも相当嬉しかったですよね。開幕戦となったロシア戦では、松島選手はハットトリックを決める大活躍を見せてくれました。

松島選手が目標としていた日本のチームを強くして、そして自分が日本代表を引っ張っていく強い選手に成長されましたね!

きっと南アフリカ代表も、松島選手をマークしてくるでしょうが、持ち前の足の速さで走り切ってトライ決めてほしいと思います!

松島幸太朗のプロフィールと経歴

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🌟さとうようこ🌟さん(@yo.ko_ken.so)がシェアした投稿

生年月日:1993年2月26日

出身地:南アフリカ プレトリア

身長:178㎝

体重:88kg

ニックネーム:マツ まっちゃん

スポンサーリンク

まとめ

松島幸太朗選手の母親と父親について調べてみました!

父親とはずっと離れて暮らしていましたが、お父さんも新聞記者としての仕事や、母国の近くで生活していたいという気持ちがあったのかもしれません。

それでも父親がいた南アフリカに行ったからこそラグビーに出会い、今こうやって日本代表として輝いている松島幸太朗選手はとってもかっこいいですよね!

もっともっとすごい松島選手の姿が見られることを期待しています。

あわせて読みたい
松島幸太朗の母と父の職業がすごい?両親の国籍や出身地を調査!ラグビー日本代表の松島幸太朗選手が注目されていますね!初戦のロシア戦で勝利できたのは松島幸太朗選手のおかげでしょう。そんな松島幸太朗選手...
あわせて読みたい
ラグビーワールドカップファンゾーン横浜の混雑や駐車場について詳しく!ラグビーワールドカップ2019ファンゾーン横浜の混雑や駐車場について詳しく調べてみました! 日本が開催国となっているラグビーワールドカ...

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。