スポーツ選手

具智元(ラグビー)韓国籍なのに日本代表の理由は?身長や高校大学も調査!

ラグビーワールドカップ2019が、9月20日から始まります。他の競技と比較すると、普段なかなかメディアでも目にすることの少ないラグビーですが、開催国ということもあり注目が集まっています。

中でも注目の、具智元選手(ラグビー日本代表)について調べてみました。具智元選手(ラグビー日本代表)は韓国籍で日本代表になれる理由は?韓国籍の具智元選手ラグビー日本代表になった理由が気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

具智元(ラグビー)の身長や体重プロフィール!

・名前:グ・ジウォン、JIWON KOO。
・生年月日:1994年7月20日。
・血液型:O型。
・出身地:大韓民国ソウル特別市。
・身長体重:184㎝、122㎏。
・ポジション:プロップ(PR)。
・ニックネーム:グー君、グーちゃん、ジウォン
・好きな食べ物:とんこつラーメン、肉。
・趣味:昼寝。
・愛車:ステップワゴン。
・トップリーグHonda Heatに所属するラグビー選手。
・日本代表キャップは、8。

具智元(ラグビー)は韓国籍?日本代表になれる理由は?

ラグビー選手は、他の競技とは異なり、日本国籍でない場合も日本代表になれる条件があるようです。具智元選手も韓国籍ですが、条件クリアで日本代表に選出されました。

日本国籍でない選手がどうして日本代表としてプレーが出来るのか、疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか。

その理由は、ラグビーが英国発祥のスポーツであることと、ラグビー独特の文化が関係しているようです。では、その条件を見て行きましょう。

・生まれが日本である。
・両親または祖父母のうち1人が日本出身である。
・36ヶ月以上継続して日本に住んでいる。

加えて、以下の条件でも出場資格が与えられます。

・日本国籍を取得し、7人制ラグビーの日本代表として、セブンワールドシリーズに4戦以上出場する。
・日本に10年居住している。
・他国での代表歴がない。

つまり、3年以上日本に住んでいれば、出場出来ることになります。但し、2020年12月31日からは5年以上に変更される予定です。現在のヘッドコーチである、ジェイミー・ジョセフ氏も日本代表でした。

その前にはニュージーランドでも代表歴があるそうですが、現在はこの部分は変更されていますので、複数国で代表選手になることは出来なくなっています。

他の競技の多くは国籍が条件となりますが、ラグビーが異なるルールを採用しているのには、歴史的背景があります。

主に英国の旧植民地を中心に、それらの国に英国人が出向きラグビーを広めて行きました。
出向いた英国人達がコーチとしてだけでなく、選手として出場出来るようにこのような条件が生まれたのだそうです。

日本代表だけが特別なのではなく、オーストラリア、ニュージーランドにも、フィジー、トンガ出身の選手達がいます。

国籍や民族的背景に縛られることなく、条件を満たせばプレーする国を選べるのが、ラグビー独特の文化です。

スポンサーリンク

具智元(ラグビー)の経歴はこれまでの活躍は?

小学6年時に兄の影響でラグビーを始めました。父の勧めもあり兄とともに、ニュージーランドウェリントンに留学。

「韓国で結果を残しても、人気がないので応援されない。良い環境でやって欲しい」と、最強国に送り出したのだそうです。

その後は父の勧めで環境の良い日本で、中学2年時は鈴鹿、中学3年時は大分で過ごします。

日本文理大学附属高校を経て、拓殖大学在学中の2016年に、スーパーラグビーサンウルブズに選ばれました。

2017年拓殖大学卒業後に、Honda Heatに加入、9月9日ジャパンラグビートップチャレンジリーグマツダブルーズーマーズ戦で先発出場、公式戦初出場を果たします。

11月19日リポビタンDツアートンガ代表に先発出場し、日本代表初キャップを獲得しました。

2019年8月、ラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出されました。

このような経歴から、具智元選手は出身国籍は韓国ですが、韓国ではプレーしたことがないそうです。

具智元(ラグビー)の出身高校や大学はどこ?

日本文理大学附属高校→拓殖大学。兄の具智充選手も同じ学歴を辿っており、兄弟仲も良好なのが伺えます。常に兄の背中を追い続けたのかもしれません。恐らく進学に関しても父の具東春さんの勧めがあったのかもしれませんね。

高校時代は花園出場は叶わずとも、当時から注目される選手のひとりだったようです。
大学時代は、2014年に当時の日本代表のヘッドコーチであるエディ・ジョーンズ氏より練習生として召集されました。

残念ながら怪我により、合宿は不参加となりましたが、才能や実力的にも評価されました。
2016年に、スーパーラグビーサンウルブズに選ばれました。

スポンサーリンク

具智元のポジションやプレースタイルは?

ポジションは、プロップ。
右PRからのスクラムを得意としています。スクラムには非常に拘りを持っており、低く組んで力強く、スクラムにプライドをかけているのだそうです。

相手に押されたら、用意した攻撃がかけられないと、黙々と練習に励んでいるそうです。
タックルや、臨機応変なパスなどプレーの幅の広い選手です。

日本代表のヘッドコーチであるジョセフ氏からは、プレーよりも、自分の考えをしっかり主張出来るようになることを求められているのだそうです。

日本同様に韓国も上下関係を重んじる文化であることから、具智元選手は遠慮がちなのだそうです。しっかり克服出来ると良いですね。

具智元の父親もラグビー選手だった?

具智元選手の父は、元ラグビー韓国代表の具東春さん(延世大学→Honda Heat)。
兄は、現役ラグビー選手の具智充選手(拓殖大学→Honda Heat)という、ラグビー一家。
父の具東春さんのポジションもプロップであり、現在はラグビー韓国協会の理事を務めています。

また父の具東春さん、兄の具智充選手(現役)もHonda Heatでプレーしています。

スポンサーリンク

具智元と父親の夢はラグビー日本代表?

父の具東春さんは、具智元選手が日本代表に選ばれたことをとても喜んでいるそうです。
父が環境の良い日本でプレーすることを選んだことも関係しているかもしれません。

出身は韓国である具智元選手は以前に「ふるさと」を問われた際に、母国である韓国より、中学時代を過ごした大分や九州が「ふるさと」を感じると語っています。生まれた地よりも、多感な時期を過ごした地なのでしょうね。

それだけに日本代表で出場することを選んだ具智元選手(Honda Heat)に対して、父の具東春さんの喜びもひとしおなのかもしれません。

具智元の笑顔がかわいい!彼女や結婚はしてる?

具智元選手は独身で、彼女は現在のところはいないようです。日本人と、韓国人のどちらの女性を選ぶのかも気になりますね。笑顔がかわいいと評判で、癒し系との声もあり、女性ファンも多いのだそうです。

国籍関係なく、条件さえクリアすれば、プレーする国を選べるという、ラグビー独特の文化を知ることが出来ました。競技は違えど、挑む気持ちや挑戦し続ける意気込みに国境はないはずで、日本代表選手であれば、外国人選手とは呼ぶのは正しくないようですね。

残り1ヶ月を切り、緊張感も高まって来る頃だと思います。怪我なくワールドカップに挑んで欲しいものですね。

スポンサーリンク

まとめ

まもなくラグビーワールドカップが開催しますね!日本でワールドカップが開催なんてとてもワクワクします。

という私もあまりルールは分かっていないので、観戦しながら覚えていこうと思います!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。