バレーボール

ワールドカップバレー 2019に長岡望悠がいない落選理由は何?

4年に1度開催されるワールドカップバレー2019が開幕しましたが、女子代表メンバーに長岡望悠選手がいません。あれ?長岡は?と思った方もいるでしょう。長岡望悠選手は、なぜいないのか、落選理由について、また現状はどうなのか調べてみました!

スポンサーリンク

長岡望悠がワールドカップバレー2019に出場していない理由は?また落選?

結論から申し上げると長岡望悠選手は怪我をしているため、現在もその治療中です。そのため日本代表からはしばらく外れています。

長岡望悠選手は2018年12月に所属していたイタリア1部リーグのイモコの試合中に膝に大怪我を負いました。

長岡望悠選手は左膝前十字靭帯を損傷する大怪我を負います。バレーボール選手にとって膝の怪我は選手生命にもかかわってくるので、この左膝前十字靭帯損傷は本当に辛かった出来事でしょう。治療期間は全治8ヶ月です。

実は2017年3月にも長岡望悠選手は、試合中にアタックを打った直後の着地で左脚に怪我をしてしまいます。着地後に長岡選手は足首を抑えながらコートに倒れこみ、大きな声を出して泣く姿がとても辛く印象に残っています。

この時も左足前十字靭帯の損傷です。つまり長岡望悠選手は同じ部位での怪我を繰り返していることになります。

 

この怪我を乗り越えて復帰するまでに約1年半の時間がかかりました。それだけ長岡選手にとってもコートに再び立つのは恐怖だったそうです。賢明なリハビリと、練習を重ねて2018年8月に全日本に復帰します。

しかし再び悲劇が襲います。2018年12月に左足前十字靭帯の損傷を負うのです。その間の世界選手権には代表メンバーに戻っていた時期もあり、長岡望悠選手に期待する声も高まっていたなかでまた、同じ部位での怪我は長岡望悠選手が一番落胆したことでしょう。

この大きな怪我の影響で現在も日本代表には戻れず調整を行っているようですね。

長岡望悠はいつ代表に復帰する?

中田久美監督も早ければ、ワールドカップ2019までには戻ってきてほしいと願っていたことでしょう。中田久美監督も長岡望悠選手に期待する部分は大きく、長岡望悠選手はサウスポーなので、それだけで攻撃のバリエーションが増やせますし、相手にとっても脅威になる選手です。

ワールドカップに出場していないので、長岡望悠選手が代表に復活するのは東京オリンピックの可能性が高そうですね。怪我に悩まされている長岡選手なので東京オリンピックが最後にオリンピックになるかもしれません。

またサウスポースパイカーとして、メダルを取るためには長岡望悠選手の力が必要になるのは間違いないでしょう。

長岡望悠選手が一番辛く苦しい時間を過ごしていると思いますが、今は治療に専念しいつか復活した元気な長岡望悠選手の姿が見られたらいいなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

サウスポーで日本にとっても貴重な選手の一人である長岡望悠選手。ワールドカップも怪我の治療のため出場はしていません。

来年の東京オリンピックでは完全復活できるように応援していきましょう!

あわせて読みたい
鍋谷友理枝メガネゴーグルはなぜ?理由は怪我や病気?ワールドカップ女子2019が開幕していますが、代表の鍋谷友里枝選手のゴーグルのようメガネ姿が話題になっています。なぜメガネゴーグルをして...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。