trendニュース

アメリカの水泳大会で高校生が失格!水着のルール違反って何?画像は?

アメリカのアラスカ州で女子高校生の水泳大会があったそうですが、そこで1位になったにも関わらずプールから出ると失格を言い渡されたというニュースがありました。

なぜ女子高校生が失格になってしまったとか言いますと、着用していた水着がルール違反だったそうです。一体どんな水着で泳いでいたのでしょか?画像はあるのでしょうか?

ニュースの詳細を調べてみました!

スポンサーリンク

ニュースの詳細!

アメリカ・アラスカ州の高校生の水泳選手が、9月6日に開かれた地区のシーズン戦で、100メートル・クロール競技で優勝した。しかし、プールを上がった直後、失格を言い渡された。

彼女の着ていた水着が国内基準に照らし合わせ、「ルール違反」だったというのだ。

州大会でも活躍する、アンカレッジにある高校の17歳の水泳選手は競技の際、他のチームメイト同様に学校指定の水着を着ていた。それにも関わらず、彼女だけが失格判定を受けた。

https://headlines.yahoo.co.jp

このニュースを見ていくつか疑問が湧いたのでそのことについて掘り下げいきましょう!

アメリカの女子高校生が水泳大会でルール違反になった理由は?

ニュースにも載っていましたが、水着のルール違反が問題視され失格となってしまったようなんです。しかし優勝した選手は他の選手と同様の水着着用し大会に出ていました。ではなぜ??

この女子高校生が失格となってしまった理由は、「女性生徒のお尻が過度に露出していた」ことが原因だったのです。

???

ですよね!そんなことで失格??って思いますよね。

だって他の水泳選手と同様の水着を着ていたんですよ!!しかもその女子生徒は州の大会で優勝するほどの選手だったそうです。そんな子が、水着で失格になるなんて信じられなかったでしょうね。

何かの贔屓かと思ってしまいますよね。

また、他の情報によるとこの大会に出場した学生の中で、失格となった女子高校生一人だけが黒人だったことや、体型が太っていたことが指摘されていますね。

太っていたから水着からお尻が出てしまった可能性はありますが、何も失格にしなくてもいいと思いますけどね。

しかしもう一つの理由は、いかがなものかと思いますね。

アメリカは未だに黒人と白人の人種差別が多い国ですよね。この女子高校生が唯一黒人だったみたいですが、それが本当の理由だったら言葉を失いまいすよね。

今後はこんなことがないようにルールや規定をもう一度確認した方が良さそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

アメリカの女子高校生が水泳大会で失格となってしまった理由は、まさかの水着からお尻がはみ出ているからという、ドッキリみたいな理由で失格となってしまいました。

しっくりこない理由ですが、水泳大会に出場する人は一応頭に入れておくといいかもしれませんね!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。