芸能エンタメ

原晋監督青学の年収がヤバい?指導方法もすごい!

青山学院大学の陸上部部の駅伝チームを指導している原晋監督。その原晋監督ですが箱根駅伝で青学を3連勝に導くなど、指導力がすごいと言われています。そのおかげなのか、あちこちから講演会をしてほしいなど熱烈なオファーがたくさんくるそうです。そのため原監督の年収がすごいと言われているんです。今回、原晋監督の年収や駅伝で勝つための指導方法について調べてみました。

スポンサーリンク

原晋監督のプロフィール出身高校や大学、経歴は?

原 晋(はら すすむ)

1967年3月8日生まれ

出身地 広島県三原市

出身高校 世羅高校卒業

出身大学 中京大学

小学2年生の頃に足を複雑骨折し長期入院を経験します。

退院後、リハビリを兼ねジョギングを始めたのが、原晋監督誕生の原点です。

中学から陸上競技部に長距離ランナーとして在籍します。

進学した世羅高校では、主将も経験。

1984年、3年生で全国高校駅伝2位に貢献しました。

中京大学進学後は低迷し、3年生で日本学生陸上競技対校選手権(通称:インカレ)の5000m3位が最高成績です。

1989年、中国電力に入社。

1993年には、ここでも主将として全日本実業団駅伝出場に貢献します。

1995年、ケガのため選手引退。

営業マンとして働きますが、2004年に退職し、青山学院大学陸上競技部・長距離ブロック監督に就任しました。

2009年、青山学院大学を33年ぶりに箱根駅伝に出場に導き、2015年には箱根駅伝で総合優勝を果たします。

長期入院、ケガ、主将、優勝と様々なことを経験しているのに、原晋監督の経歴を見ると、いつもポジティブで前進している印象を受けます。

どんな状況であっても、一歩踏み出さないと何も始まらないことを、監督自らが経験してこられたのですね。

 

1989年 中国電力入社

1993年 全日本実業団駅伝出場

1995年 選手引退

2004年 青山学院大学陸上競技部・長距離ブロック監督就任

2015年 箱根駅伝総合優勝

原晋監督がサラリーマンから監督に転身した理由は?

1995年に選手生活から引退すると、中国電力で営業マンとして手腕をふるいます。企業向けの省エネ空調機販売で社内1位になり、新規事業を立ち上げて3年目。収入も少なくはなかったはず。ところが営業マンとしてのキャリアを捨てて、突然“転職”してしまいます。少子化を受け、各大学ともいろいろな対策をしています。

青山学院大学はスポーツに力を入れ、推薦枠も設けることになりました。ここで、陸上競技が上がったんだそうですよ。原晋監督は陸上競技部員として、高校3年間を世羅高校でした。主将も経験しています。この時の後輩に、原晋監督がお酒を飲みながら、陸上競技の選手指導論について熱く語り合う間柄の人物がいました。

 

この人物が青山学院大学のOBで、「原先輩なら」と推薦したのです。すると「陸上競技で、自分は何をしてきただろう」と、原晋監督の陸上魂に火がついてしまったんですね。言い出したら引かない頑固さから、反対していた奥さまも折れてしまったんだそうですよ。

原晋監督の指導方法は?4連覇に導くためにしたことは

原晋監督の指導方法は、斬新だととても話題になりましたね。これまでの陸上競技といえば、走ることが主体。長距離選手ともなると練習では、監督が出したメニューを黙々と走り続ける地味なイメージ。マラソンを見ていると、

「ただ走っているだけで、何が楽しいのかわからない」

「走ってる間、何を考えてるの?」

などと疑問に思ってしまいませんか。

黙々と走っているだけでは、選手だって楽しくありません。選手とサラリーマン、両方の経験がある原晋監督だからこそ、各選手に個人目標を立てさせたんですね。

そして、控え選手なども一緒に、グループでそれぞれの目標について話し合い、他者の客観的な評価を受けることで達成可能な目標に仕上げていくんだそうですよ。

こんな陸上競技のミーティングは、これまで聞いたことがありません。原晋監督は、選手が“目標管理”をすることでスキルアップがはかれ、組織のレベルも上がり、結果的に“チーム目標”が達成できる指導方法です。

そんなに好循環が、うまく実現しするのだろうかと思いますが、優勝できたのは成功している証なんですね。

スポンサーリンク

原晋監督の年収がヤバい噂は?年収はいくら?本の執筆も

一部で年収が2500万円ともいわれている原晋監督。テレビでもよく見ますよね。著書は2015年4月に発売された『魔法をかける アオガク「箱根駅伝」制覇までの4000日』を皮切りに、3年で10冊も刊行されています。

 

『逆転のメソッド 箱根駅伝もビジネスも一緒です』

『青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』

『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』

内容も多岐に渡っていて、様々な年齢、ジャンルの人に手にとってもらえるようになっているんですね。需要がなければ10冊も出版されませんから、原晋監督の人気は本物でしょう。陸上部の練習の合間に、テレビ出演や講演会。執筆する時間が、どこにあるのかとビックリするほど忙しそうです。この多忙さなら年収2500万円というのも、まんざら嘘ではないかもしれませんね。

 

原晋監督は人気ナンバー1講師でギャラは200万?

原晋監督は講演会でも、引っ張りだこです。講演会の講師を派遣する会社によると、原晋監督は問い合わせ数がNo.1!

『サラリーマンの大逆転~箱根駅伝優勝までの道のり~』

『「箱根駅伝」から学ぶ成長する為の秘訣-より良い組織づくりがより良い人材を育てる-』

などの、テーマで講演しているんだそうです。

知名度だけでなく、“伝説の営業マン”だけあって話し上手のアピール上手は、講演会に誰に来てもらおうと思案している主催者には、輝いて見えるかもしれません。講演会のギャラは会場の規模や、時間などによっても変わってきます。

 

ただ原晋監督は、交通費や税金は含まないギャラそのものの金額が、最低101万円以上らしいですよ。100万円で月1回講演するだけでも、1200万円になってしまいますね。ギャラも印税も、あれだけ熱く陸上を語っている原晋監督なので、私腹を肥やすわけではなく、陸上競技部のために使われているんでしょう。

スポンサーリンク

原晋監督の名言とは!共感の声多数

「感動を人からもらうのではなく、感動を与えることの出来る人間になろう!」

この言葉を自ら体現してきた原晋監督には、名言がいっぱい。

「小さな成功体験を積み重ねることで自信がつき、それがゆくゆくは大きな成功につながる」

「小さな目標を立て、スモールステップで進んでいった方が、その都度、達成感を得ることができ、楽しく続けやすい」

これらはアスリートだけでなく、学生や社会人としても生きていく上で役立つ言葉ですよね。

人の上に立つ人には、ぜひ聞いてほしい言葉はコレ。

「自己ベストを出したらしっかり評価してあげることも重要です。もし、その子がやる気を失い、チームの一員として機能しなくなると、チームの足を引っ張るようなケースも出てきます」

上司が原晋監督だったらと思ったサラリーマンも、多いのではないでしょうか。

名言や格言といわれるものは、世界中にたくさんあります。

けれど原晋監督は経験に基づく言葉だから、説得力があり、人の心に響くのかもしれませんね。

原晋監督と嫁には子供がいない理由は?

原晋監督と奥様の美穂さんの間には、子供さんはいません。美穂さんは、小学校の先生になりたかったくらい子供が好きだったそうです。だから、産まなかったというより、授からなかったのでしょうね。

こうやって子供さんの話題をすることも、本当は失礼ですね。子供さんはいませんが、美穂さんは町田寮の寮母さんとして、忙しい毎日をおくっています。自分の子供ではありませんが、4年間はお母さんがわり。

高校卒業したばかりの男の子が、成人し社会人として巣立っていくのを、分け隔てなく気にかけ、声をかけながら見守ってくれています。最初の3年くらいは、接し方がわからなくて困ったこともあったそうですが、今ではすっかり、頼れるみんなのお母さんになっています。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。