イベント・スポット

あしがくぼの氷柱2019!駐車場や日程アクセス方法!服装はどうする?

スポンサーリンク

あしがくぼの氷柱は埼玉県の秩父で毎年公開されている有名な氷柱です。みなさんが少しでも楽しんで頂けるように、あしがくぼ2019の駐車場情報、日程、アクセス方法について情報をまとめていますので参考にしてください。寒い冬の中出かけるのも億劫になってしまいましたが圧巻の氷柱が見ることができます。冬ならではの風景に感動するのは間違いありません。駐車場や服装はどうすればいいのでしょうか?

またライトアップもとっても素敵です!

あしがくぼの氷柱2019!駐車場や日程アクセス方法!服装はどうする?という話題について調べてみました!

スポンサーリンク

あしがくぼの氷柱2019とは?基本情報

あしがくぼの氷柱は埼玉県の秩父郡横瀬町で毎年1月〜2月に公開されているとても有名な氷柱になります。ライトアップもされておりとても幻想的な光景を見る事が出来毎年多くの来場者があり、年々人気が出ている秩父路三大氷柱の一つになります。

・住所

埼玉県秩父郡横瀬芦ヶ久保1955-5

・開催期間

1月上旬〜2月下旬

・開催時間

9:00〜16:00

・ライトアップ

毎週金、土、日で20時まで開催

・最寄駅

芦ヶ久保駅

・駐車場

道の駅果樹公園あしがくぼ第二駐車場

あしがくぼの氷柱2019の日程やアクセス方法は?

開催日程は2019年1月5日〜2019年2月24日となっています。

意外と長期間やっているので、風邪をひいても大丈夫です(笑)

月曜日〜木曜日までは9:00〜16:00

金・土・日は9:00〜20:00まで開催しています。

週末はライトアップもされていますから、家族揃って氷柱を楽しむ事が出来ますよ。

アクセス方法

【電車の場合】

西武秩父線 芦ヶ久保駅より徒歩10分

道順がしっかりと案内されていますので、初めての方でも迷う事なく氷柱にたどり着く事が出来ますよ。

また、人も多くいますから流れに沿って歩いていれば大丈夫です。

【車の場合】

道の駅果樹公園あしがくぼ第二駐車場より徒歩10分

台数が少ない為公共機関での来場をお勧めします。

スポンサーリンク

あしがくぼの氷柱2019の駐車場はある?

道の駅果樹公園あしがくぼ第二駐車場に停める事が出来ます。駐車可能台数は60台と少ないので直ぐにいっぱいになってしまいます。特に金・土・日はライトアップも開催されますから駐車場はかなり混雑していて、出庫待ちとなってしまいます。

無料で使用できる為に多くの方が利用しますので車でお越しの方は早く行くか遅くいかに絞ったほうがいです。

最寄りの駅からは徒歩10分程度で行けますから、車でなくても交通の便は良いので駐車場が心配な方は公共機関で行くか、最寄り駅近辺のコインパーキングに停めるのがおすすめです!

あしがくぼ氷柱2019の見どころは?

あしがくぼの見どころは何と言ってもライトアップです。昼間の氷柱もとても幻想的ではありますが、ライトアップされた氷柱は更に魅力があります。透き通った氷にライトが照らし出されてとても綺麗ですよ!

 

日頃目にする事が出来ない光景です。たかが氷、されど氷!見ているだけで癒しの空間になります。

昼間の氷柱と夜の氷柱を是非楽しんで下さい。

また道も整備されているのでとても歩き易いのもあしがくぼ氷柱の特徴です。

スタンプラリーが開催されており、氷柱三ヶ所を回りスタンプを集めると温泉施設の入浴料が半額になるのでせびチャレンジしてみましょう!

冷えた体を温泉で温まり、リラックスするのも良いですね!

スタンプラリーは子供が喜ぶので、一緒に回ってみてください。

スポンサーリンク

あしがくぼ氷柱に行くときの服装は?

この時期はとても寒く冷え込みますので防寒着をしっかりきてお出かけしましょう。特に夜間のライトアップ時は更に冷え込みますので、防寒対策は欠かせないですよ!手袋、マフラーは必須アイテムです。

耳当てなんかもあるとさらにグッドです。

また、ホッカイロも体の中から温めてくれるので寒がりな人は貼ってお出かけください。

あしがくぼ氷柱は斜面になりますので歩き易い運動靴がおススメです。女性の方はスカートよりも確実にズボンの方が良いですよ!お子さんも連れて行く場合にはお子さんもしっかり防寒対策してあげましょう!

せっかく綺麗な風景をみて楽しんだのに風邪を引いては台無しになります。

温まる為に甘酒なども販売していますよ。

まとめ

氷柱は冬にしか見れない光景です。是非2019年の冬はあしくぼ氷柱に行ってみてはいかがでしょうか?東京方面からのアクセスも抜群です。

場所は、国道299号のすぐ近くですよ!

スポンサーリンク

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。