初詣

瀬戸神社初詣2019の参拝時間と駐車場!混雑状況や屋台は出る?

スポンサーリンク

2019年、新年の初詣はどこに行くかもう決まりですか?まだなら横浜市金沢区にある瀬戸神社に行ってみてはどうでしょうか?神奈川県の穴場の初詣神社としておすすめです。あまりにも人気の神社だと疲れてしまいますらかね。

そこで瀬戸神社初詣2019の参拝時間と駐車場はあるのか、混雑状況や屋台情報についてまとめてみました。

スポンサーリンク

瀬戸神社初詣2019の基本情報

・住所

横浜市金沢区瀬戸18-14

・アクセス

【電車】

京浜急行 「金沢八景駅」 徒歩2分

【車】

横浜横須賀道路「朝比奈インター」より約10分

料金所を出て左折、六浦交差点を左折、国道16号上り線を進み、金沢八景駅前を通過後すぐ左側です。

・駐車場

有り(隣のイオンの駐車場に駐車可)

瀬戸神社初詣2019の参拝時間は?

お正月は夜中から参拝客が訪れることから普段とは時間を変更し開門時間等を延ばす神社が多いですが、瀬戸神社では普段から24時間参拝可能でして、 年末年始も同じくとのことです。

また、1月1日午前0:00、年明けと共に鶏鳴神事が行われます。鶏鳴神事とは氏子さんの中からその年の年男、年女達が御神前で鳥の鳴き声をあげて新年の平安を祈るというものです。

2019年は亥年ですので亥年の方々が行うということですね。

お守りや御朱印を頂きたい方は下記の時間帯になりますので、この時間に合わせて行ってみてくださいね!

授与所受付時間 9:00~16:00

御朱印受付時間 9:00~16:00

瀬戸神社初詣2019の駐車場や混雑する時間は?

瀬戸神社は最寄駅から徒歩2分と非常に行きやすいところにあります。更に車で来られる方向けに駐車場も有ります。ご老人やお子様連れですとやはり家からそのまま行くことができる車は便利ですので駐車場があるのはありがたいですね♪

 

こちらの駐車場は瀬戸神社の中ではなく、隣にある「イオン金沢八景」の駐車場を利用するようです。

〈イオン金沢八景駐車場情報〉

収容台数  913台

利用時間  7:30~22:00

利用料金  1時間300円  平日一日最大600円

利用時間は7:30〜22:00ということですので、その点には充分注意が必要です。大晦日から元旦にかけて車で行こうと考えている場合には別の駐車場に停めることになります。

またイオン金沢八景の駐車場は60分300円と有料ですが、駐車券を社務所に持っていくと駐車サービスを受けられますので駐車券は忘れずに持って行ってくださいね!

初詣はどこの神社も混雑していますが、瀬戸神社も例外ではありません。こちらの神社は一度にお参りできるのが4人程度と広くありませんので、元日には神社の外まで列が伸びています。

一番混んでいる時間帯は1月1日午前0:00〜3:00頃ということです。

寒い時間帯でもありますので、並ばれる方は10部や暖かくしてお出掛け下さいね!

瀬戸神社初詣2019に屋台やふるまいは出る?

初詣といえば屋台を楽しみにしている方も多くいらっしゃると思いますが、残念ながらここ、瀬戸神社には屋台は出ていません。

お酒やお餅などをふるまう神社もあるようですが、そういったものも特にないようです。しかし瀬戸神社のお隣にはイオンがあり、フードコートや飲食店が入っていますので、食事には困らないでしょう。

そして飲食店やスーパーマーケットだけではなく、家電量販店や衣料品のお店も入っていますので初詣ついでに初売りにも参戦してみるのもいいですね!

スポンサーリンク

瀬戸神社の歴史は?

せっかく初詣に訪れるのですから、神社の歴史やどんな神様が祀られているのかなど知っておいた方がありがたみも、ご利益も増しそうですよね!

瀬戸神社の歴史についてまとめてみました!

【創建】

治承4年(1180年)

源頼朝が伊豆で挙兵した際に加護をもらった伊豆三島明神をこの地にもということで社殿を建立し、これが今日に至る瀬戸神社の創建になります。

【祭神】

大山祇命(オオヤマツミノカミ)

大山祇神は日本神話で山を支配する神様で、のちに海と山の神様となります。

山の神様ということで、森林そして水源地を司り。私たちの生活に直結する金属・岩石・木材・鳥獣・草花などの建築資源・生活資源の多くはこの大神の恩恵によるものとされています。

更には港の神様、海上渡航の神様、交易の神様としても信仰され、交通安全・旅行安全・商売繁盛のご利益があるそうです。

【瀬戸神社の起源】

昔、現在の泥亀町から釜利谷東にわたる一帯は入り江となっており、この入江と平潟湾とは、今の瀬戸橋の位置にあたる狭い水路状の海峡でつながっていました。

この海峡は潮の満ち引きの度に海水が渦を巻く「せと」であり、人々は水流の険しい「せと」を罪穢れを流し去ってくれる神聖なところであるとして、豊かな幸をもたらしてくれる神様をここに祭りました。これが瀬戸神社の起源ということです。

まとめ

いかがでしたか?

初詣は毎年地元やお気に入りの神社に行くのもいいですが、違う神社に足を運んでみるのも新鮮で新たな発見ができるかもしれませんよ!また瀬戸神社も比較的他の神社よりは空いているので、近くを通ったら行ってみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。