初詣

伊勢山皇大神宮初詣2019の参拝時間と駐車場はどこ?混雑状況は

スポンサーリンク

横浜の桜木町にある伊勢山皇大神宮の初詣は毎年20万人程度の人が初詣に訪れる、穴場としておすすめの初詣神社です。明治神宮や川崎大使は300万人前後の人か初詣に訪れるのに比べたら小規模ですが、それでも20万人の人が三が日に訪れるので混雑は避けられません。今回は伊勢山皇大神宮初詣2019の参拝時間や駐車場、混雑状況についてまとめていきます。

私も神奈川県に住んでいるのですが、伊勢山皇大神宮は1度だけ行ったことがありますよ!

毎年違った神社に行くのも、それぞれの雰囲気が楽しめておすすめです!

スポンサーリンク

伊勢山皇大神宮初詣2019の参拝時間は?

初詣と言えば夜中から並んで年明けとともに!という方もいらっしゃるかと思います。さて伊勢山皇大神宮の参拝時間はどうなっているのでしょうか?

通常は6:00〜20:00が参拝時間となっているようですが、大晦日から元日にかけては参拝時間が変わるようです。

・12月31日  6:00~1月1日 20:00
・1月2日~3日 6:00~20:00

伊勢山皇大神宮初詣2019のアクセス方法!駐車場はある?

・アクセス方法

〈電車〉

JR線・市営地下鉄線 桜木町駅より徒歩10分
京浜急行 日ノ出町駅より徒歩10分
みなとみらい線 みなとみらい駅より徒歩15分

〈車〉

首都高速横羽線:みなとみらいランプより5分
東名高速・保土ヶ谷バイパス・横浜横須賀道路:
狩場インターから高速3号阪東橋ランプより7分

〈市営バス〉

紅葉坂バス停より徒歩5分
戸部1丁目バス停より徒歩5分
首都高速横羽線みなとみらいランプより5分

 

電車の場合は桜木町駅か日ノ出町駅が徒歩10分と近くて行きやすいですね!

そして車で行く場合の駐車場ですが、普段神社には30台の無料駐車場があるようです。しかし残念ながら初詣期間中は利用できません。30台ではすぐに満車になって駐車場待ちで混雑、なんてことも考えられますもんね。

そういうわけで車で行かれる場合には周辺の駐車場に停めることになります。

周辺にはぽつぽつと駐車場はあるものの10台未満の小規模な駐車場が多くスムーズに停めるのは難しそうです。伊勢山皇大神宮はランドマークタワーが見えるような横浜の都会の中にあるのでこれは仕方ないことですね。

電車やバスで行かれるのがおススメです。

しかし小さなお子さんやお年寄りと一緒に行かれるなどどうしてとマイカーで行きたい方もおられると思いますので、比較的大きめの駐車場を紹介しておきます。

伊勢山皇大神宮周辺の駐車場

・タイムズ横浜吉田町第4

神奈川県横浜市中区吉田町48

伊勢山皇神宮まで約800m 徒歩10分

収容台数:20台
営業時間:24時間

料金情報

平日 8:00〜24:00 30分 400円  24:00〜8:00 30分 100円    1日最大料金1500円

 土日祝 8:00〜24:00 30分 400円 24:00〜8:00 30分 100円   1日最大料金2000円

・野毛山自動車駐車場

神奈川県横浜市西区老松町1

伊勢山皇大神宮まで約400m 徒歩5分

収容台数:95台

営業時間 月土日祝  8:30~17:00 火水木金 8:30~20:30

  ※12月29日〜1月1日は閉場

料金情報:月〜金 30分 200円  土日祝 30分 300円               

大晦日、元日は残念ながらやっていませんがそれ以外の日に行く場合には収容台数が多く利用しやすい駐車場です。

スポンサーリンク

伊勢山皇大神宮初詣2019の混雑状況は?屋台は出る?

伊勢山皇大神宮の例年の参拝客は1月1日〜3日の三が日で約20万人とのことです。人気の初詣スポットでは明治神宮や成田山新勝寺は300万人以上の参拝客が訪れると言われていますから、20万人というのはそれほど多くはない数字です。しかしそれでもやっぱり行列は避けられません。

 

特に元日は1〜2時間程度並ぶのは覚悟していきましょう。新年早々寒さで風邪を引いてしまっては元も子もないですので帽子、マフラー、手袋、カイロなど寒さ対策は忘れずにしていってくださいね!

 

そして寒い中並んで参拝をした後の楽しみといえば…屋台ですね!メインはもちろんお参りすることですが、やっぱり屋台は楽しみの一つです。屋台があるとお祭り気分でテンションが上がりますよね!

 

伊勢山皇大神宮の屋台は桜木町駅から神社に向かう紅葉坂にずらりと並びます。坂の後境内に続く階段がありそちらにも屋台が並ぶそうですよ!

 

大晦日には屋台が出て、三が日はたくさんの屋台で賑わうようです。三が日が過ぎた4日以降も数はかなら減るもののまだやっている屋台もあるみたいです。

伊勢山皇大神宮は関東のお伊勢様?おすすめのお守りは?

伊勢山皇大神宮は“関東のお伊勢様”なんて呼ばれているそうです。それもそのはず、こちらの神社では伊勢神宮と同じ神様を、祀っているんです。

・勝守

黒と赤のカッコいいデザインのお守りです。

勝負事に勝てるようにと持つお守りと想像するかと思いますが、他にも自分に勝つ、病気に勝つ、受験に勝つなど広い意味で持つことができるお守りですね。

・キティ守り

伊勢山皇大神宮オリジナルのハローキティのお守りです。健康祈願のお守りだそうです。

横浜らしく水兵さんの格好をして赤い靴を履いたキティちゃんがデザインされたなんとも可愛らしいですね。

お子さんへのお守りにも喜ばれそうですね。

他にも色々な種類のお守りがあるので伊勢山皇大神宮に行った際は見てみて下さいね!

伊勢山皇大神宮とは

伊勢山皇大神宮は明治の初めに国費で創建された神社であり、神奈川県の宗社、横浜の総鎮守とされています。

この頃横浜は港が開かれ、貿易の街として急速に発展しました。神奈川県はキリスト教を始めとする外来文化に接する横浜には神社信仰の確立が必要と考え、その支柱となる神社として伊勢山皇大神宮を創建しました。

そんな伊勢山皇大神宮、先ほども少し触れましたがお祀りしているのは伊勢神宮と同じ“天照大御神”(アマテラスオオミカミ)です。

天照大御神は日本国民の総氏神とされていて、たくさんいる神様の中でも有名な神様ですよね。

国土平安、五穀豊穣、子孫繁栄などあらゆることに対して神徳を発揮すると考ええられています。そんな神様を祀っている伊勢山皇大神宮、色々なご利益がありそうですね!!

スポンサーリンク

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。