芸能エンタメ

bts tシャツ問題でジミンはいつから着ていた?謝罪するのか気になる!

bts防弾少年団のジミンさんが原爆のtシャツを着ていた問題が大きな騒動となっています。肝心のジミンさんはいつから原爆のtシャツを着ていたのでしょうか?また日本に謝罪するの?今度btsはどうなるの?と気になることがいっぱいですね!

今回はbtsのジミンさんがいつから原爆Tシャツを着ていたのか?また謝罪したのか、今後の活動の影響なども調べてみました。

BTS防弾少年団のtシャツ問題とは?画像はある?

そもそも今回起きている騒動ですが、bts防弾少年団のメンバーの1人であるジミンさんが2017年3月に行われたツアー中に、原爆のキノコ雲がデザインされたtシャツを着用していたことで反日ではないかと報じられたのです。

ジミンさんが着ていたtシャツはかなりTwitterやインスタなどで拡散されているのでご存知だと思いますが一応載せておきますね!

そして新情報によるとbtsのリーダーであるキム・ナムジュンさんが背中に原爆の写真があるブルゾンを着ている姿の画像が見つかりました。

ジミンさんだけでなく、リーダーのナムジュンさんも着ていたことによると何らかの意図を感じてしまいます。もちろん原爆のtシャツやブルゾンをデザインしたデザイナーの意見も聞きたいし、デザイナーが悪いという意見もあります。

でも、原爆のシーンが描かれたtシャツを着て、日本人の前に立ったらどうなるのか、またジミンさんもなぜこのtシャツを着ようと思っていたのか聞きたいことはたくさん出てきますよね。

確かにデザイナーが悪いのかもしれませんが、それを普通に着用してしまうbtsもどうなんだろうということが問題視されているんですよね。

btsのジミンはいつこのtシャツを着ていた?

ジミンさんが来ていたのは2017年と2018年に1回着たとされていますが、恐らくもっと回数は着ていると思います。そしてジミンさんは原爆tシャツについて「着ていたことは確かだけど特に意味はない」と答えているようです。

ジミンさんは反日アピールとしてこのtシャツを着たのではなく、本当に知らなかったといっていますね。なんだかそれも嘘っぽくて、言い訳しているようなで残念です。

btsの原爆tシャツをデザインしたのは誰?

bts原爆tシャツをデザインしたのは、イ・グンジェさんという方でLJカンパニーの代表をしています。すごい人がデザインしていたんですね!

デザインしたグンジェさんは「反日の意味はない」と言っていますが、意味があったなんて口が裂けても言えませんからね。このtシャツをなぜこのデザインにしたのかの真実はわかりそうにありません。

グンジェは、韓国の若者に歴史的なことに興味を持ってほしくてtシャツにデザインをした」と弁明していますので、あくまでも韓国の歴史を表現するために原爆の画像を使用したということでした。

日本は第二次世界大戦際、朝鮮半島を植民地にしていました。日本が朝鮮半島を植民地にしていたことで、韓国人の方もたくさん辛い思いをしていたことでしょう。それは確かに日本の過ちになります。慰安婦問題だって日本は既に解決したと言っていますが、韓国側はまだ未解決だと言っていますよね。

過去の歴史問題を解決するのは、非常に難しいと感じます。戦争の真実を知らない若者が増えているのでこういった問題が起きてしまうのも事実でしょう。

btsが着ていた原爆tシャツの意味は、「日本に原爆が落とされたことで、日本は無条件降伏をし、韓国もやっと植民地から解放された」ということを表現したそうです。

btstシャツにはどんな意味が書かれていたの?

問題のtシャツには何が書かれていたのでしょうか?下の記事にまとめていますのでどうぞ!

https://nijiironeiro.com/bte-tsaytu/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。