芸能エンタメ

中学聖日記キャストの岡田健史と友近の空想説が話題!

スポンサーリンク

中学聖日記のキャストである岡田健史と友近が人気になっているようです。10月から始まった秋ドラマ中学聖日記は毎週火曜日夜22時からTBSで放送されています。豪華出演者の中に新人俳優の岡田健史さんがいます。また友近の役も独特的ということで人気になっています。

今回は、中学聖日記キャストの岡田健史と友近の役どころについて迫ってみました。

スポンサーリンク

中学聖日記に出演している岡田健史がカッコイイ!

中学聖日記は、有村架純さん演じる末永聖と岡田健史さん演じる黒岩晶が禁断の恋の関係に揺れるドラマです。特に話題になっているのが黒岩晶役を演じている岡田健史さんです。岡田健史さんは、中学聖日記のドラマがテレビ初出演となっています。

ここで驚くのが、ドラマ初出演ではなくてテレビに出るのが初めてなんです!

初めてのテレビ出演が火曜ドラマでさらに有村架純さん主役を演じる末永聖を好きになるという中学生の男子を演じています。これってかなりすごいことなんです。単発ドラマなら初出演という形で出演する俳優さんはいますが、人気ドラマで準主役で初出演ってなんか特別な匂いがしますよね。

岡田健史さんは現在19歳。そしてイケメンです。整った顔立ちに、スラットした体、目がキリっとしていて、女性たちを虜にしています。

中学聖日記で新人の岡田健史が有村架純の相手役に抜擢された理由とは?

気になるのは、なぜ岡田健史さんが中学聖日記で重要人物「黒岩晶」に選ばれたのでしょうか。相手の女優が有村架純さんレベルだったら、新人俳優と組ませるのも疑問が残ります。

有村架純さんがこれまで共演してきた俳優も人気イケメン俳優でしたよね。

まず、中学聖日記の黒岩晶の役のオーディションには1年かけてきました。1年間も時間をかけてじっくり選んだということは、黒岩晶に最も近い人物をじっくり見極めたいという監督の思いもあったことでしょう。

 

新人の岡田健史さんを最終的に選んだ理由についてプロデューサーの新井順子さんのコメントは

「岡田健史の純粋さ、都会ではない場所で育ってきて良い意味で洗練されていない雰囲気、相手の目をしっかり見て話す姿が、黒岩晶に通じるものを感じた!」

「演技に関しては未経験ですが、みんなで黒岩晶を育てていこうと言う気持ちで彼に黒岩晶をの役をかけてみようと思い今回選ばせていただいた」

と回答しています。

すごいですよね。監督だって、演技初心者を黒岩晶に選ぶのは勇気が必要だったと思いますが、それ以上に岡田健史さんという人物に惹かれたということですよね。確かにドラマを見ていると、いい味出ているなと思いますね。

先生に恋をしてしまう中学生として、どこかぎこちない演技もまた黒岩晶っぽいというか、少し下手くらいがちょうごいい感じがしませんか。

話し方も田舎育ちの男子のような感じで、黒岩晶役にハマっているなと見ていて感じました。また主演の有村架純さんさんは、新人岡田健史さんについてどう思ったのでしょうか

スポンサーリンク

有村架純は岡田健史との初対面の感想は?

「初対面した時、私のことを真っ直ぐ見ていて、それがすごい印象に残っています。とっても真っ直ぐな目をしていました。撮影をしている時も真面目だったりピュアな所がしっかり出ていて、初のドラマとは思えないくらいしっかりしています。作品に対しても、黒岩晶の役について一生懸命勉強してきている。真面目で努力家だと思いました」

ど岡田健史さんについて絶賛していました。そしてプロデューサーの新井順子さんも有村架純さんも両方共、岡田健史さんの目力がすごいということを評価していますよね。

ドラマを見ていても、真っ直ぐな目線が印象的です。最後までオーディションを勝ち抜いただけの光物を持っているそんな感じかしました。

黒岩晶役になった岡田健史のコメントは

ランクインして1ヶ月が経ちましたが、毎日初めてのことがたくさんあります。監督にも細かく丁寧に演技について教えていただき、楽しくやりがいのある日々です。今回演技するのが初めてで自分の中に引き出しがまったくなく、自分が今まで経験したことがないことを演技で表現するのが難しいなと感じているので、これから克服していけたらと思います。

主演の有村さんは、僕が演技で悩んでいるときに一緒に考えてくださったり、いつも安心させてくださるとても素敵な方だと思います。
今回の役に僕を選んでくださった方々への感謝の気持ちを持って、その期待に少しでもこたえられるように、どんなことにも取り組んで誠心誠意この作品と向き合っていきたいと思います。

今までの生活とは全く違う世界で、「ここってどうしたらいいんだろう」と考える時間も増えてきた中で、自分なりに一生懸命取り組んでいますので、あたたかく見守っていただけたらと思います!

 

また有村架純さんから、激励の手紙をもらったという岡田健史さん。有村架純さんはドラマ共演者に手紙を書くことがあるようです。とても律儀な性格ですよね。今時ならメールで済ませてしまう人が多そうですが、きちんと手紙に書くというところがかなり好印象です。

手紙って、本人が気持ちを込めて書いてくれたってことがわかるので超嬉しいですよね。手紙をもらった岡田健史さんは「本当に嬉しかったです。素敵な方です」と話しています。

また第4話では聖と晶が海辺でキスするシーンがありましたよね。見ているこっちがドキドキしちゃいましたが、キスシーンに対して岡田健史さん「中学生らしいキスができるようにします」「また歯もたくさん磨きます」と顔を赤くして話していたそうですよ。

キスシーンだけでかなり緊張するのに、相手は有村架純さんですからね。いくら演技とはいえめちゃくちゃ緊張したことでしょう。これでまた演技も一つうまくなりましたね!

ここまでは、黒岩晶を演じる岡田健史さんについて調べてみましたが、中学聖日記のキャストの中でもう一人気になるのが友近さん演じる、小学校教師の「丹羽千鶴」さんです。実は友近さんの役が、謎過ぎるとネットでは話題になっています。友近さんが演じている「丹羽千鶴」について次は調べてみました。

スポンサーリンク

中学聖日記で友近は何の役?実在しないという説も

ドラマ版の中学聖日記に出てくる、聖の部屋に現れる友近演じる「丹羽千鶴」とは何者なんでしょうか?

漫画の中学聖日記には出てこないので、ドラマオリジナルキャストになっています。役柄としては小学校の教師となっていますが、なぜ聖の部屋にいつもいるのでしょうか?一緒に住んでいる友達なんでしょうか?

いつも突然友近が現れるのげ、なぜここに?という感じになりますよね。

そんな友近演じる「丹羽千鶴」が実在しない説も出ているんです。つまり聖の空想、妄想の中での架空人物を実体化しているという説です。友近の「丹羽千鶴」については、イマジナリーフレンドではないのか?とネットでは盛り上がっているんです。

よくイマジナリーフレンドなんて思いつくなと反対に関心してしまうのですが!

イマジナリーフレンド

イマジナリーフレンドとは、イマジネーションの中の友達という意味です。直訳すると空想の中の友達ということになります。

自分の中で作り上げたキャラや人物を空想して、頭なの中で会話したり、遊んだりと、心理学では馴染み深いイマジナリーフレンドです。

空想の友達は、自分の都合のいいようなキャラに出来上がっていることが多いそうですが、自分の理想の人物になっていることが多いそうです。

友近演じる小学校教師の「丹羽千鶴」は、同じ教師として頼りになり、自分が晶と間違った方向にいかないように制御してくれる存在と言ってもいいですよね。また適切なアドバイスもくれて。また「丹羽千鶴」の設定は小学校教師です。イマジナリーフレンドだったら聖がなりたかったのは小学校の教師だったとも捉えることができます。

さすがにイマジナリーフレンドではないと私は思っていますが、友近の存在がドラマのアクセントになっていますよね。空想人物説だと思った人がすごい発想力だなと感心です。

友近が聖のイマジナリーフレンドだと匂わせる行動はいくつかあります。

・いつも聖の部屋から出てくる!

友近が出てくるのはいつも聖の部屋です。一緒に住んでいるのかというくらい常に聖の部屋で会話しています。しかし都合の悪い時には一切でてきません。

また聖の部屋になぜいるのか?いつ来たのか、などの過程が全くないので不思議ちゃんなんです。

・外で聖と会うことはない

聖は中学の教師、友近は小学校の教師という設定です。日中は共に仕事をしているので会うことはありませんが、友達という設定なら休日に外でお茶しながら晶のことを相談するシーンがあってもいいと思いますが、そういったシーンは全くありません。

・聖以外の人と話す場面がない

いつも突然部屋から出てくる友近。これまでも聖以外の人と話す場面はありませんでした。吉田羊辺りと絡ませても面白いと思うのですが、他のキャストと絡みが一切ありませn。

これも空想の中の人物だからと言われてみれば筋が通ってしまうんですよね。

友近は何の役?何のために出演しているの?なんて声も上がっているのですが、今後の中学聖日記では重要な役割をするのではと私は勝手に思っています。

原作は漫画ですが、ドラマ版では多少オリジナリティな作品に仕上げてくるはずです。わざわざドラマ版オリジナルキャラとして友近は登場しているので、何かしらの意味はあると思うんですよね!

スポンサーリンク

中学聖日記キャスト一覧!

ドラマ中学聖日記には誰が出演しているのか見ていきましょう!

・有村架純 末永聖役 

中学の新人教師。婚約者もいるがクラスの男子生徒黒岩晶から好意を持たれてします。

・岡田健史 黒岩晶役

子星中学校の3年1組の生徒 赴任してきた聖を見たときから、どんどん聖に惹かれていく。そして聖のことが好きだと自覚する。

・町田啓太 川井勝太郎役

会社員で聖の婚約者。聖の行動が怪しいと思っていた。

・夏川結衣 黒岩愛子役

黒岩晶の母親役で、息子が担任の聖のことを好きと気がついてしまう。

・吉田羊 原口律役

聖の婚約者である、勝太郎の会社の先輩。バイセクシャル。聖のことを狙っているのか、勝太郎を狙っているのか、不思議な人

・友近 丹羽千鶴役

聖の友達なのか、いつも聖の部屋にいる謎の人物。小学校の教師でもある。

・小野莉奈 岩崎るな役

同じクラスの黒岩晶のことが好き。しかし晶からは興味を持たれてなくて、晶が担任の聖のことを好きがと気がつく。

まとめ

中学聖日記にも後半戦に突入しましたね。前半戦の最後には禁断のキスシーンが大いに盛り上がっていましたが、今後の展開はどうなっていくのでしょうか、また友近の存在も何か変化があるのか、期待しながらドラマ後半が楽しみですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。