スポーツ選手

山下真瑚の目が変なのは斜視だから?噂が気になる!

スポンサーリンク

山下真瑚選手は目が変と言われているそうです。その理由が「斜視」だとか?本当なんでしょうか?気になったので山下真瑚選手について調べてみました!

スポンサーリンク

山下真瑚の目が変?斜視という噂は本当?

山下真瑚の目が斜視ではとネット上で噂になっていますよね。

そもそも斜視って何なの?と言う感じですが簡単に言うと両眼の視線が正しく見る方向に向かない事を指します。

片方の目だけが正しい方向を向いており、もう片方の目は違うところを向いていますので、外見上だと直ぐに分かります。

原因として挙げられているのが、筋肉や神経の病気、遠視、両眼視の異常、視力不良と言われています。

幼児に多いとも言われている斜視です。

では実際に山下真瑚の目はどうなのでしょうか!

山下真瑚の目が変な画像は?

http://doramakansou-arasuji.xyz/archives/7672

テレビで見るからにはそんなに違和感は感じないのですが、画像でじっくり顔写真を見ると右と左の目がちょっと違う方向を向いているような気がしますよね。

スケートをしている時の顔は特に斜視と言う風には感じませんので、見え方、写り方によっては目が斜視見たいになってしまうこともあるかと思います。なので現時点で山下真瑚さんが斜視であるどうかはわかりません。

 

山下真瑚さん自身も斜視であると公表しているわけではないので、噂の可能性も高いです。これだけメディアで騒がれていても何のコメントもしないので斜視ではないのと思っています。

確かに目が変な画像はありますが、写りの問題も考えられますから画像だけで斜視と断定するのは難しいのではないでしょうか!

いくつかの画像を見ると確かに視点が合ってないような気もしないでもないですが、年頃の女子ですから恥ずかしさもあるかもしれませんよね。

言われなければ分かりません。本人も特に何も言っていませんので静かに見守りましょう!周りがとやかく言う事でもないですからね。

仮に斜視だとしてもスケートには何ら影響はしません。

山下真瑚の出身中学はどこ?

山下真瑚さんは愛知県名古屋市の。御幸山中学校出身です。

この御幸山中学は、高級住宅街にある中学校です。私立ではなく公立の中学校に通っています。真央ちゃんも当時15歳くらいから大注目されるようになりましたよね。なんとなく雰囲気とか似ていませんか?

15歳でこれだけの実力があるって毎日スケート漬けなんだろうなと思いますが

 

続いて山下真瑚さんのコーチは誰なのか調べてみました。

スポンサーリンク

山下真瑚のコーチは誰?

やっぱり選手を支えているのはコーチですから、誰か教えているのかは気になりますよね。山下真瑚さんのコーチは山田満知子コーチです!!

山田満知子さんと言えば、フィギュアスケートのコーチとしてめちゃくちゃ有名なので誰もが知っていると思います。

山田コーチの元でスケートを習っていた選手は

・浅田真央さん

・村上佳菜子さん

・伊藤みどりさん

・宇野昌磨選手

などなど、これまでに活躍してきた、現在も活躍しているすごい選手ばかりです。山下真瑚さんも山田コートに指導されていると思うと、強くなりそうなイメージです。今後も期待しちゃいますね。

しかし山田コーチも既に70歳を超えています。想像以上に高齢で驚きました。生涯現役でコーチを続けていくのかもしれません。

山下真瑚がスケートを始めたきっかけは?

山下真瑚さんがスケートに興味を持ったのは、トリノオリンピックで金メダルを獲得した荒川静香さんのスケートを見て自分もやってみたいと思ったことがきっかけでした。荒川静香さんと言えば「イナバウアー」ですよね!!

「イナバウアー」はかなり印象に残っています!!私もトリノオリンピックめちゃくちゃ見ていましたからね!荒川静香さんと言えば「イナバウアー」ってなるくらい定着していますが、山下真瑚さんもこの「イナバウアー」を見てすごい!!と感動したようです。

トリノオリンピックは2006年開催でしたけど、山下真瑚さんは2002年生まれなので当時オリンピックを見てたのは4歳です。4歳ながら荒川静香さんの美しい演技に魅了されんですね。子供にめちゃくちゃ夢与えています!!

そして7歳から本格的にスケートを始まました。

山下真瑚の家族構成は?両親はどんな人

山下真瑚さんにはお姉さんがいるのではないかと言われています。

正式に公表はされておませんので、これについてもインターネット上での情報です。

お姉さんや両親の情報は出ていませんが、スケートをやらせるぐらいですから裕福な家庭なのかもしれません。御幸山中学校も高級住宅街に、ありますから親の職業もそれなりの職業についているのではと想像が出来ますよね。

今後更に活躍して実績を残す事で親の姿も公になるのかもしれませんよね。

スポンサーリンク

山下真瑚の実力がすごい!プロフィールや経歴は?

・生年月日

2002年12月31日 15歳

大晦日に生まれたんですね。

年の瀬にさぞかし大変だったのではないでしょうか!

・出身地は愛知県名古屋市

・身長は151cm

まだまだ伸び盛りですよね。

今後の成長が楽しみでなりません。

・コーチは山田満知子、樋口美穂子

・振り付けも同様です

・出身中学は御幸山中学校

・高校は中京大学附属中京高校

・スケートを始めたきっかけは荒川静香さんのイナバウアを観て自分もやりたいと思い、7歳の時にスケートを始めました。憧れの人も荒川静香さんだそうです。

経歴

山下真瑚さんの経歴はかなり凄いですよ!

2013年全日本ノービス 選手権3位入賞

2015年全日本ノービス選手権2位入賞

2015年全日本ジュニア選手権9位

2016年プランタン杯ノービスクラス2位入賞

2016〜2017年の日本スケート連盟の強化選手に選ばれる

ISUジュニアグランプリシリーズに参戦し3位入賞

2017〜2018年シーズンはISUジュニアグランプリシリーズで3位

第86回全日本フィギアスケートジュニア選手権2位

世界ジュニアフィギアスケート選手権でショート、フリーで自己ベストを更新して銅メダルを獲得

2018年カナダ大会は銀メダルを獲得

常に上位にいる山下真瑚さんは東京2020の期待の星ですよね。

これだけの成績を収めるまでには相当な苦労もあった事でしょう!

勿論本人の能力やセンスも大きいでしょうが、努力がなければこれだけ継続して上位に居続けることはできないと思います。

コーチの力もすごいと言う事になりますね。

浅田真央ちゃんも15歳くらいから20歳くらいまではめちゃくちゃ上手かった時期でしたね。なので山下真瑚ちゃんもこれから伸びてくる選手なんじゃないかなと思いますよね。

もちろん、山下真瑚さんの努力やスケートに対する熱い想いがあるからここまでこれたんですよね。

スポンサーリンク

山下真瑚のスケートの技術は?

山下真瑚さんは、まだ15歳です。スケートを始めたのは7歳だったのでスケート歴は8年ということになりますが、8年でここまで上手くなるのって相当練習していますよね。スケートの技術はどれくらいすごいのか調べてみました。

山下真瑚さんは、アクセル以外の5種類のジャンプを跳ぶことができます。

フィギュアスケートのジャンプの難易度ですが「アクセル」が一番難しいのです。真央ちゃんがこだわっていたジャンプは「トリプルアクセル」ですが、アクセルジャンプの特徴は、前向きで踏み切らないといけないのです。

 

6種類のジャンプの中で、前向きのまま踏み切るのはアクセルだけなのでアクセルで跳べるようになるのは至難の業と言えますね。ダブルアクセルは結構やっている選手は多いですが、トリプルまでいくと女子選手にとっては至難の業になります。

だからこそ真央ちゃんもトリプルアクセルを決めたいとずっと頑張っていましたよね。山下真瑚さんもアクセル以外のジャンプが既に全部できるというので、いずれトリプルアクセルにも挑戦する時がきそうです。

コーチも山田満知子コーチですからね!現在山下真瑚さんは4回転サルコウの練習をしています。

 

山下真瑚さんはジャンプが高いと高評価を得ています。またコンビネーションジャンプも上手くて3回転ルッツ、3回転トゥーループ、2回転トゥーループなどプログラムに入れています。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。