皇室関係

年号が変わるのはいつで祝日や休みはどう変わる?2019年のGWは

2019年のGWに『平成』から、新しい年号に変わります。でも、具体的にはいつ変わるのでしょうがちょっと謎ですよね!

また年号が変わると、祝日はどうなってしまうのかも気になりますね。

年号が変わるのはいつなのか、祝日や休みはどう変わるのか、2019年のGWは長期休みなになるのかなどそんな、新年号の疑問をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

年号が変わるのはいつ?発表は?

年号(ねんごう)は、元号(げんごう)ともいわれ、現在は元号法という法律で、「皇位継承のあったときに限り、年号を改める」と決められているそうです。

つまり今の天皇陛下は、2019年4月30日に退位されますのでこれにあわせて『平成』も終わってしまうんですね。平成時代がもう終わってしまうのかと思うと寂しいですね。新しい時代になると、平成時代が色あせていく感覚です。

そして皇太子殿下が、翌5月1日に新しい天皇に即位されることが決まっています。ですから、年号が変わるのはいつかと聞かれれば、2019年5月1日になります!

2019年4月30日生まれの子は平成最後の子に、また5月1日以降に生まれた子供は新しい年号となりますね!

新しい年号は、即位されるよりも先に発表されるようですが、いつ発表されるのかも気になります。新しい年号について政府は、「国民生活の混乱を最小限にするため、改元1ヶ月前の公表を想定」しているそうです。

つまり、2019年4月1日に新しい年号が発表されます。

カレンダーや手帳を作っている会社からは、2019年版の印刷前に発表してほしいという声がありましたが、4月スタートのカレンダーや手帳も、これでは間に合いませんよね。また役所や生年月日を記入する書類には新しい年号を急いで入れる必要があります。

全て対応できるのか心配ですよね。

4月1日に発表されるのも決定ではありませんが、政府は新年号の発表があまり早いと、即位のときに盛り上がらなくなることや、平成と新年号があわせて使われては困るからなどの理由で、4月1日発表になるようです。

本来、皇位継承をするのは、天皇が崩御、つまりお亡くなりになったときと決められていました。昭和天皇が1989年1月7日に崩御されたので、その日の午後に当時の小渕恵三内閣官房長長官が、国民に向け新年号は『平成』になると発表されました。

そして翌日から、平成元年が始まっています。

なんだかバタバタしていますよね。

そう思うと、1ヶ月前に新年号が発表されれば、いろいろと準備ができるのかもしれません。

スポンサーリンク

年号が変わると祝日も変わるの?

年号が変わると、祝日はどうなるのでしょう。年号が何になるのかよりも、祝日がどうなるのか気になる人は、きっと多いかもしれませんね。その祝日ですが、残念ながら日数は変わらないんです。

 

皇太子の徳仁親王は、2月23日が誕生日。ですから、つまり2月23日が新しい天皇誕生日になります。かわりに、現在の天皇誕生日である12月23日が、平日になってしまうのです。12月23日はクリスマス前の貴重な祝日だっただけに、残してほしい人も多いはずですよね。

 

これまでの天皇の誕生日に国民は慣れてしまっているので、2019年の12月23日は平日と言われても、ピンときません。

 

明治天皇の誕生日である11月3日は、大正時代は平日に戻されたのですが、15年後の昭和2年に国民の声を受けて、明治節として祝日になったのだそうです。国民の声が大きければ、何年後かには祝日になるかもしれませんよ!

 

特に12月23日はちょうどクリスマス前の休日として定着していたので余計にそのまま残してほしいという意見が既に出ていますよね!

年号が変わって2019年のGWは何連休?

先日ニュースで2019年のGWの休みがすごい!と耳に挟んだので調べてみました。

2019年のGWですが、土曜日の4月27日から5月6日の月曜日までの10日間に、平日が4月30日、5月1日、2日の3日間あります。この3日間が平日のままだと、GWは前半と後半に別れてしまいますよね。

そこで新天皇が即位する5月1日を、2019年だけ祝日にし、新天皇の即位を国民でお祝いしようと政府は考えているのだそうです。

“祝日法”という法律で、前後を祝日にはさまれた日は休日にすることが決められています。その法律のおかげで、5月1日が祝日になると、4月30日も5月2日も自動的に休日になります。すると4月27日から5月6日まで、なんと10連休になるのです。

 

5月1日を祝日にすることは、まだ決定ではありません。年号を使っているシステムを、10連休の間に改修すれば「国民生活への影響を最小限に」できるので、5月1日は祝日にする方向で、政府は検討を進めているそうですよ。

スポンサーリンク

新年号は誰が決めるの?決め方は?

新しい年号は、公募でも国民投票でもありません。

天皇陛下が決められるのでしょうか?

誰がどうやって決めるのか、気になりますよね。

新年号はまず、内閣総理大臣に選ばれた学者や教授といった有識者が、候補を提出するのだそうです。このときに、意味と出典先などの説明もつけなくてはならないのだとか。こうして提出された候補を政府が検討して、いくつかが原案として選ばれます。

 

今度は専門家や衆議院と参議院の議長、副議長らに、その原案について意見を聞き、最後に全閣僚会議で決定されます。これがいつなのかは、公表されていませんが、官房長官が国民に向け新年号を発表されるのは、2019年4月1日だろうといわれています。

 

最終的には天皇陛下が決められると書いていたネットの記事もありましたが、これは間違いのようですね。

新年号の予想は?

年号を決定するのに、クリアしなければならない条件が、“元号法”できめられています。

●国民の理想として相応しく、良い意味を持つもの

なんだかピンとこないですが、良い意味を持っているというのは、わかりますよね。ちなみに『平成』は、「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味があるそうです。

中国の歴史書『史記』五帝本紀の中の「内平外成(内平かに外成る)」という一節と、政治史・政教を記した中国最古の歴史書『書経(偽古文尚書)』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」が由来になっていると説明されています。

由来はかなり難しいですね。

●書きやすく、読みやすいこと

名前でも、まちがわれたら嫌ですよね。年号がまちがっている年賀状が届いたら、なんだか年の始めからケチがついたような気がしませんか。小学校で習う漢字の中から選ばれていると、聞いたことがあります。

●漢字2文字であること

わかっている限り、年号は飛鳥時代の『大化』から始まっています。奈良時代に漢字4文字だった時期が30年ほどありますが、それ以降は1000年以上ずっと、年号は漢字2文字が続いています。

これ以外にも

*過去に元号として使われていないこと

*過去に漢字は違っても、同じ読み方が使われていないこと

*地名や企業名などに使用されていないこと

過去の天皇に読み方が使われていないことも、条件だといわれています。なんだかハードルを、グンと上げられた感じがしますね。過去に使われていたかどうか、調べるのも大変そうです。

スポンサーリンク

●過去の元号とイニシャルがダブらないほうが良い

明治の“M”、大正の“T”、昭和の“S”、平成の“H”以外のアルファベットで始まる年号は避けるみたいです。ちなみに『平成』は、ほかに『修文』『正化』も候補にあがっていたんだそうですよ。

『平成』はアルファベットの頭文字が“H”だったから、選ばれたとのだといわれています。ネットではあれこれ予想されていますが、一体どんな新年号が発表されるのか、今から楽しみですね。平成という年号はで私は好きでした!私は昭和生まれなので、新しい年号になったら昭和はかなり古い時代に思われてしまいますね(笑)

 

新年号で天皇の誕生日はどうなる

先ほども記述しましたが、天皇誕生日は12月23日から、2月23日にかわります。新年号がスタートする5月1日には、新天皇の2019年の誕生日は終わっていますから、2019年だけは天皇誕生日がないということになるようです。

 

そのかわりではありませんが、皇太子殿下が新天皇に即位されたことを国内外に示す『即位礼正殿の儀』(即位の礼)が10月22日に行われます。『平成』に年号が変わったときに行われた即位の礼では、平成2年11月12日が国民の休日になり、新天皇がオープンカーでパレードをされました。

また100ヶ国以上の世界の国々から、要人が参列されました。

2019年10月22日も、祝日にすることで政府は調整をすすめているそうですよ。10月22日は火曜日なので、21日の月曜日も休みにならないかと、期待している人も多いのではないでしょうか!

まとめ

2019年、いよいよ、平成が終わります。

終わると思うと、さみしいですね。

2019年5月1日には、新天皇のもとで新しい年号が始まり、天皇誕生日も変わります。私たちにとって一番身近なところでは、流通している硬貨が新年号に変わります。

『平成元年』と刻まれた硬貨は、ひと月ほどで流通したそうです。GWの10連休よりも、新年号が刻まれたピカピカの硬貨を手にしたときに、年号が変わったことを実感するのかもしれませんね。

どうしても、年号が何になるのか、休みはどうなるのか気になってしまいますが、二度と見ることのないかもしれない皇室の儀式がたくさんあります。

記念硬貨も発行されるそうです。

年号が変わっても、毎日の生活や見える景色は、全く変わらないですが、新しい歴史が始まるときに立ち会えるんですよね。しっかりと歴史を見届けましょう!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。