イベント・スポット

ららぽーと平塚チームラボの料金や混雑状況は?平日はガラガラで楽しめる!

ららぽーと平塚チームラボの料金や混雑状況は?お得な割引はあるのでしょうか?2018年大人気となっているのがチームラボですよね!チームラボって何??って感じでしたが、未来型遊園地として注目を集めています。

有名な所だとやはり、お台場と豊洲です。しかしお台場も豊洲も人気過ぎて、土日祝日は大混雑です。そして料金も家族全員で行くと結構取られてしまいます。だけどチームラボって何か1回くらい体験したい!!ということで、家から一番近いチームラボがある「ららぽーと湘南平塚」に行ってきました。

今回はチームラボ湘南平塚の料金や混雑状況、またららぽーと平塚の情報をお届けします。

スポンサーリンク

ららぽーと平塚チームラボの基本情報

ららぽーと湘南平塚

「チームラボ学ぶ!未来の遊園地ららぽーと湘南平塚」

●営業時間:10:00~18:00 最終入場17:30

●料金:最初の30分 500円 延長30分ごとに500円

フリーパス 1200円 再入場可能

●授乳室:無し、おむつを替える場合も1回外に出る必要があります。

ららぽーと平塚チームラボの料金は?どれかお得?

料金設定について、詳しく説明していきますね!

ららぽーと平塚のチームラボの料金設定は

●最初の30分 500円 延長すると追加で500円かかります。

※30分500円ですが1分でも過ぎると延長料金が発生してしまいますので時間にはフリーパスを買わない方は注意が必要です。また途中フリーパスに変更はできません。

●1日フリーパスは1200円

2歳以下のお子様は無料です。

料金設定は上記のようになっていますが、フリーパスも比較的安い値段となっています。フリーパスを買うが迷うと思うのですが、90分以上チームラボの中で遊ぶのであればフリーパスがお得になります。

平日であれば、フリーパスを買ってものんびり1日遊ぶことができます。チームラボ平塚はそこまで広くないので、2時間遊べば十分な気がします。ですが子供は何回もやりたい、入りたいと思いますよね。

なのでフリーパスが断然おすすめです。

今回私は2歳の子供と平日一緒に行ったんですが。フリーパスは買いませんでした。その理由はチームラボに来たのが初めてだったのと、2歳の子供がどこまでチームラボで楽しんで遊んでくれるのかわからなかったので最初の30分500円で入場しました。

結果・・・やはり2歳児は気分屋ということと、チームラボの仕組みが理解できていませんでした。30分も遊べば結構満足してくれて、さらには早く出たいと出口の方に向かってしまう感じでしたね。お子さんによりますが

上の子も一緒に来れば、もっと楽しく遊べたかもしれませんが、反応はいまいちという感じでした。あと中が暗いのと、デジタルアートにびっくりしていた感じでした。対象年齢としてはやはり3歳、4歳以上の子供の方が楽しく遊べそうでしたよ!

続いて混雑状況についてまとめました。

ららぽーと平塚チームラボの混雑状況は?

気になるのは混雑状況ですよね!チームラボ平塚は平日であればガラガラ状態です!!私が行ったのも平日でしたが、時間は11時頃です。はっきり言ってららぽーとにも全然人がいませんでした(笑)

営業赤字なんじゃないの?ってちょっと心配になりましたが、それくらい人がいませんでした。チームラボも同様です。受付も超スムーズで、中にいたのは2組だけで私と息子を入れて3組しかいない状態です。

全てのアトラクションが余裕で回れます。もともとチームラボ平塚は場内が狭いので、コンテンツも少ないのですが、空き好き状態なら幼稚園児の兄弟も一緒に連れてくれば良かったなぁと思ってしまいました。ガラガラなので好きなように思う存分遊べますよ!

では土日祝の場合の混雑はどうなんでしょうか?

土日にチームラボ平塚に行ったお友達に話を聞いたところ、土日はそれなりに混雑しているようですが受け付けもスムーズと言っていました。場内は広くないので、ごちゃごちゃしていたようですが、想像していたより混雑はしていなかったようです。

コンテンツも人気のであれば順番待ちになりますが、お台場や豊洲を経験している人からすると余裕です。またお台場や豊洲を経験した人が平塚のチームラボに来ると、全然満足できないと思います。

チームラボが初めての人や、どんな内容か気になる人であれば、小規模のチームラボ平塚はおすすめです。

続いてチームラボ平塚の場内についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

チームラボ平塚で何が体験できるの?

チームラボ平塚の中はどんなコンテンツがあるのかご紹介していきます。

場内は靴を脱いでの入場となります。靴入れやロッカーは用意されています。またベビーカーは場内に持っていけませんので入口にベビーカー置き場がありましたのでそちらにおきましょう。

中に入ると、体験したこのない空間が待っています。今回はいくつか紹介したいと思います。他にもコンテンツがあるので是非行って体験してくださいね!

①光のボールでオーケストラ

光のボールがたくさんあるのですが、ボールを叩いたり、転がすと色や音が変わります。何とも不思議な感じ!これには私はハマってしまいましたが。2歳児の息子はびっくりした反応を見せていましたよ!

光のボールオーケストラは赤ちゃん2歳以下の乳幼児でも楽しめるようにベビースペースも用意されていますので、赤ちゃんや小さいお子様がいる方も安心して遊べます。

②つながる!積み木のまち

積み木を動かして、自由にデジタルの街を作ることができるんです。同じ積み木を並べると線路や道路が勝手に出てきて、車や電車が走りだします。また自分が作った街がスクリーンにも出てくるので面白いです。

2歳の息子は一番「つながる積み木」にはまっていました。6歳の長男がくれば大喜びしていたと思います。

③小人が住まうテーブル

光るテーブルに小人や動物が写し出されているのですが、物を置いたり手をおくと小人が手に昇ってきたり、いろんな動きをしてくれます。太陽や雲からは雨が降ってきたりと、デジタルアートの技術には驚きです。

 

④つくる!僕の天才ケンケンパ

自分でケンケンパのコースを自由に作ることができます。自分で作ったコースが出現しスタートを押してオリジナルケンケンパで遊ぶことができます。

⑤お絵かきタウン

チームラボ平塚の中で一番人気なのが、お絵かきタウンです。決められた用紙に色を自由に塗って、その絵を専用の機械でスキャンしてもらいます。そうるすと壁面の街に自分が色を付けた車が出現するんです。

⑥すべって育てる!フルーツ畑

このアトラクションは滑り台となっています。フルーツ畑の上から滑るとフルーツが弾けて育ちます。3歳以下の子供は保護者同伴で滑り台をするようになっています。私も息子と一緒に滑りましたが、結構勢い良く滑りましたよ!

 

自分も一緒に滑ったので写真は撮れませんでした。しかし見ての通り誰も人がいないですよね!本当にこんな感じでガラガラ状態でした!

今回は平日に行ったので、全てのコンテンツが待つことなく自由に何回も遊べてよかったです!土日祝であれば、人気のコンテンツは順番待ちになりますが、オープンした頃に比べれば混雑も落ち着いてきていますので大丈夫ですよ!

スポンサーリンク

ららぽーと平塚チームラボの口コミは?

次は平塚チームラボの口コミ情報を集めてみました。最初に私の感想としては、チームラボを体験するには十分楽しめる内容でした。場内は想像より狭い印象です。平日であれば余裕で好きなだけ遊べるので、今度は兄弟も連れてまた行こうと思っています。

実際行った方の口コミを見ても高評価の人がたくさんいました。そしてかなり面白いということですね!

ららぽーと平塚の駐車場は?混雑する?

チームラボ平塚はららぽーと平塚の中に入っています、駐車場やららぽーと平塚までの渋滞も気になる所だと思いますがららぽーと平塚の駐車場は3000台停められることになっているので、かなり広い駐車場となりますよね!入り口も3カ所分かれているようです。

位置的に車で来場される方が多いのですが、GWや年末年始など特別な休日ではない限りそれほど渋滞も発生しないと思われます。ただ平塚まで国道1号線で来る場合は国道1号線が混みやすい道路なので多少の渋滞や混雑は割り切るしかありません。

ど平日であれば、道路も空いていましたし、平日は駐車場が無料です!年末年始など除外日もありますが基本平日は無料!!これは嬉しいサービスですね!

土日祝・・・最初の1時間無料 以後 30分150円

1,000円以上お買上げで1時間無料・3,000円以上お買上げで2時間無料となっています。

チームラボ平塚の割引はある?

チームらぼ平塚の割引クーポンを探してみました。

https://iko-yo.net/facilities/79368/coupon

上記のサイトから携帯画面or印刷したクーポンのご提示で、「お絵かきタウンペーパークラフト」の利用券(通常1枚50円分)を5枚プレゼントされます。

またライン@でチームラボを登録すると、ラインショップカードが貰えます。このサービスは店頭でも紹介していましたが、ショップカードを提示すると500円で1ポイント加算されます。

6ポイントたまれば、フリーパスが200円引きになります。また1年間で30ポイントたまれば、フリーパスが貰えるサービスです。しかし期限が1年間なので、近くに住んでいない限りそうそう1年間に何回も行かないので30ポイント貯めるのはちょっと無理があるような気がします。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。