芸能エンタメ

この差ってなんですか?そばの食べ方で健康効果がかわる!10月16日放送

10月16日に放送予定の「この差ってなんですが」ではみんなが大好きなそばの差を紹介します。そばを食べるときはいつも、ざざっと食べてしまいがちなんですが、食べ方に差でるとは気になりますよね!

今回はそばにまつわる話をまとていきます。

スポンサーリンク

『もりそば』と『ざるそば』の差は何?違いは?

もりそばと、ざるそばの違いは知っていますか?私自身も今まで食べていて、気にしたことが殆どないので違いは良く知りません。気になったので放送前に何が違うのか調べてみました。

『ざるそば』の由来は?

「ざるそば」と「もりそば」の違いで思いつくのは海苔があるのと、無いのくらいしか思いつかないのですが、実はもっと明確な理由があるようです。そもそも「そば」は江戸時代初期から食べていました。

「ざるそば」の元祖である東京都深川にあった伊勢屋が「竹ざる」にそばを盛って出していたので「ざるそば」と呼ばれるようになったそうです。江戸時代に作られた「竹ざる」なので、全てを竹で編みこんで作られたのが想像できますね。

『もりそば』とは?

『もりそば』についても調べてみました。もりそばの由来ですが、そもそも最初はそばの食べ方は、そば汁につけて食べる「つけそば」でした。しかし江戸元禄時代になると、いちいち「そば」をそば汁につけて食べるのがめんどくさくなった人がいたそうです。

 

そば汁を、そのまま「そば」にぶっかけて食べた方が楽だということになり、「ぶっかけそば」が誕生しました。そして「ぶっかけそば」を略したのが「かけそば」となります。「ぶっかけ」と「かける」だと「かけそば」の方が響きがいいですよね!

江戸時代にも「かけそば」と従来通りの付けて食べるスタイルが好きな人両方いました。そこで最初から汁にかけているそばを「かけそば」、汁につけて食べるそばが「もりそば」と呼ばれるようになったそうですよ!

また「ざるそば」に海苔をかけるようになったのは明治時代からと言われています。ここまで簡単に違いを調べてみました。この差ってなんですが?の放送後に詳しく詳細を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

「そばは出前」と「ピザは宅配」の差

出前と宅配の差は何なんでしょうか?出前取るぞなんて言葉はよく聞きますが、デリバリーの方法に違いがあるのでしょうか?

番組放送後に内容を詳しく追記していきます。

そばの付け合せで健康効果に差が?

そばは、健康にいいとはよく聞きますがどんな効果があるのでしょうか?また食べ方や付け合わせで効果が変わるそうなんです。これは必見ですよね!

そばは、高血圧や動脈硬化など生活習慣病の予防の食べものとして知られていますよね!どんな効果があるのか番組放送後に詳しく追記していきます。

美味しいそばの作り方の差 乾麺の調理での注意ポイントは?

「そば」は生活の中でよく食べますよね。お蕎麦屋さんに行くより、自宅て乾面を調理する人が殆どですよね。たまにはお蕎麦屋さんに行って、本場のお蕎麦を食べると本当に美味しいです。

自宅でも美味しく食べる方法があるなら是非知っておきたいところです。そばはお手軽に調理ができるので、今日から美味しいそばの作り方を覚えて明日から早速自宅で美味しいおそばが食べらるといいですよね!

番組ではおいしく食べれるポイントを紹介してくれます。

解説してくれるのは、老舗そば屋さんの「更科堀井」創業なんと230年!の蕎麦職人さんを呼んで、蕎麦屋さんのような本格的なおそばを家庭で作れるように教えてくれます。

番組放送後内容を詳しく追記していきます。

まとめ

そばの差なんて、今まで気にしたことがありませんでした。これをきっかけになんでも自宅で美味しいそばを作ってみたいと思います。

この差ってなんですが?10月16日放送

【レギュラー】
土田晃之
上地雄輔

【パネラーゲスト】
石野真子
長谷川純
渡辺満里奈

【専門家ゲスト】
池田清和(神戸学院大学栄養学部名誉教授)
神永曉(日本国語大辞典 元編集長)
斗鬼正一(江戸川大学 社会学部 教授)
持田拓也(更科堀井)

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。