バレーボール

中田久美監督がかっこいい!けど笑わないし喋らない理由は?

中田久美監督がかっこいい!けど笑わないし喋らない理由は?と注目されています。中田久美監督は現役時代から活躍していた選手なので知っている人も多いですよね!2016年から全日本バレーボール女子の監督に就任されましたが、中田久美監督は試合中に全然喋りません。

 

監督って結構コートの前に立って熱く指示を出しているイメージですが中田久美監督は本当に喋らずに見ています。その姿もまたかっこいいですよ!なんで選手に指示を出さないのかも気になりますよね!

 

今回は中田久美監督がかっこいい!けど笑わないし喋らない理由について調べてみました!

スポンサーリンク

中田久美監督のプロフィールと経歴

ではまず中田久美監督のプロフィールや経歴について見ていきましょう!

中田久美(なかた くみ)

1965年9月3日生まれ 53歳

東京都練馬区出身

練馬区立練馬東中学校出身

NHK学園高校出身

身長176㎝

体重62キロ

現役時代のポジション:セッター

中田久美監督は中学に入学後バレーボールを始めました。中学2先生の時に英才教育バレーボールチーム「LAエンジェルス」に入団します。厳しい練習の中中田久美監督はどんどん頭角を現す存在に成長していきます。ちなみに同じ中学の同期に尾崎豊さんがいたそうです!

バレーボールに専念するために高校は通信制の高校を選択しNHK学園高校に通い卒業しました。バレーボール漬けの毎日で中田久美監督はどんどん上手になっていきます。中学3年生の時に最年少で全日本代表メンバーに選出されました。

 

バレーボールを始めたのが中学に入学した時で、僅か2年間で全日本代表メンバーに選出されています。これって相当すごいですよね!毎日どんだけバレーボールの練習をしていたんでしょうか。

 

全日本代表メンバーに選ばれてから中田久美監督はセッターとしての素質を買われ、この時からセッター選手となりました。1983年中田久美監督が18歳の時に全日本代表でスタメンセッターになり、同年のアジア選手権で優勝しています。

 

1984年のロス五輪では銅メダルも獲得しました。1986年には主将として世界選手権に出場します。同年練習中に右膝前十字じん帯を断裂という大けがを負ってしまいます。復活は難しいと言われていましたが懸命なリハビリにより見事復活します。しかし再び右膝を手術し試合中も痛み止めをのみながらプレイしていました。

そしてソウル五輪、バルセロナ五輪に連続出場し1995年に現役を引退しています。

中田久美監督がかっこいい!評判は?

中田久美監督がかっこいいと人気になっていますね!元々選手時代にかんり人気だった選手でしたし、引退後もバレーボールの試合の解説者やスポーツキャスターの仕事もしていました。

しかも監督はこれまでずっと男性が全日本女子バレーの監督をしてきました。歴代監督を見ても女性の監督は1982年に1回だけなっていますが、それ以外はずっと男性でした。そこへ中田久美さんが監督に就任したわけです。中田久美監督が全日本女子バレーの監督になった時も注目浴びていましたが、やはりすごいことなんですよね!

 

中田久美監督も元バレー選手なので、選手としての気持ちもよく理解できるし、同性なので選手からも信頼を得やすいですね。試合中も冷静な姿もまたかっこいいですよ!

スポンサーリンク

中田久美監督が試合中に喋らない!理由はあるの?

中田久美監督が就任してから何度もバレーボールの試合を見ていますが、中田久美監督は試合中椅子にずっと座っていて全然選手に指示していないんです。これにはあれ?なんでだろう?って疑問に思いますよね。

 

眞鍋前監督や他の国の監督を見てもコートの前で大声で選手に指示を出していたり、ときには怒鳴っていたりしますよね。しかし中田久美監督は基本は冷静に座って試合を見ています。

 

タイムアウトの時も特に指示を出さない時もあります。なぜなんでしょうか?それにはちゃんとした理由がありました。中田久美監督が選手に指示を出さない理由は、基本的にはトルコ人のコーチが選手に指示を出しているので任せているそうです。

 

またトルコ人のコーチのことをとても信頼していて、指示も的確なんだそうです。そこで中田久美監督も選手にあれこれ指示をしてしまうと選手が混乱してしまうため自分は黙っているそうなんです。

 

しかし試合中全く指示を出さないわけではありません。ここぞという時にはきちんと選手に指示を出していますよ!確かにコートの前で大声で指示を出されたり怒鳴られても選手として試合に集中できないですよね。

 

また中田久美監督は選手に自立してほしいという気持ちから、必要最低限の指示しかしないそうです。コートの中で試合するのは選手なので、選手1人1人の自立は必要になってきますよね。

 

中田久美監督が試合中もあまり喋らない理由はトルコ人のコーチに一任してるから、また選手に自立してほしいからということでした。

中田久美監督は笑わないの?

世間では中田久美監督は笑わない!鉄仮面と言われたり久美長とも言われている中田監督ですが、確かに笑った顔はあまり見たことがないです。なんとなくいつも険しい顔や怒っているような顔で怖いと言われています。

 

中田久美監督は、監督としての責任感や重圧プレッシャーが半端なくあるそうです。選手時代の時より監督の方が何倍もプレッシャーを感じると話しているほどなんです。

 

本当は笑っているくらいがいいのかもしれませんが、真面目で完璧な性格な中田久美監督なので、バレーボールのことになると気が張ってしまうのだと思います。女性監督として重圧や、結果が出ないとすぐにマスコミに叩かれてしまいますよね。

 

大事にな試合前には眠れなくなってしまうそうです。それだけ監督としての重圧を感じているんです。それが原因で中田久美監督が痩せてしまったようですね。それも可哀そうなんですが・・・。

 

中田久美監督がもう少しリラックスして監督ができれば笑顔も自然と増えてくると思います。暖かく見守っていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

中田久美監督がかっこいい!けど笑わないし喋らない理由について調べてみましたが、以外と繊細な部分が中田監督にはありました。東京2020オリンピックでは国民としてどうしてもメダルを期待してしまうのですが、中田監督を追い詰めるようなことはしたくないですよね!

 

勝っても負けても労うという気持ちが大切だと思いました。

https://nijiironeiro.com/nakata-kumi/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。