生活の知恵

お守りの返納違う神社の場合はどうする?時期はいつがいいのか調査!

お守りの返納違う神社の場合はどうする?時期はいつがいいのでしょうか・・・皆さんが必ずと言っていいほど1つは持っているお守り!返納の仕方で悩んだりしていませんか?神社に行ったのは良いけど・・・。となった方も多いのではないでしょう?また、返納の時期はいつが正しいのか気になりますよね。

 

意外と身近な物ではありますが知らない事が多いですよね。私も無知でしたがこの記事を書きながらそうなんだあーと思う事が沢山ありました。ここではお守りの返納の違い特に神社について記載していきます。

返納も期間も合わせて確認していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

お守りの処分ってどうすればいいの?正しい方法は

お守りは神仏に守ってもらう為のものであり、基本的には神社やお寺に返すのが正しい処分の仕方です。お守りには名前が記載されていますので、神社なのか、お寺なのか区別がつくようになっています。お寺や寺院となって入ればそれはお寺に返すものです。

 

簡単に名前で区別できますから子供にもわかりやすいですね!年末年始になると境内にはお札やお守りを入れる箱が設置されておますから、その中へ感謝の気持ちを伝えて入れるようにしましょう!お焚き上げ会場がある場合もありますのでお焚き上げがある場合にはそこへ入れるようにしてください。

 

返納に行ったは良いが場所がわからないという方は、お寺や神社の人に確認しでください。間違ってもご自宅のゴミ箱へ処分しないようにしてくださいね。

お守りの返納は違う神社で処分してもいいの?

遠くて神社へ行けないと言う方はご自宅の神社に返納して頂いて構いません。出来れば購入したところが理想ではありますが、旅先で買ったお守りなどは遠くて行けない事もありますよね。ですから近所の神社でしっかり返納してください。

 

うちのものではないから返納出来ませんよと言われる事もありませんから大丈夫です。但しお寺のお守りはお寺へ、神社のお守りは神社へという基本的な部分は守るようにした方が良いですよ。その際にもしっかりと1年間お守り頂いた感謝の気持ちをしっかり伝えて処分するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

お守りの返納処分は郵送でも大丈夫?

お守りの返納は実は郵送でも対応可能です。ちょっと意外ではないですか?お守りを郵送できるって!私も郵送で返納できることを初めて知った時は驚きましたね!お守りを郵送するという発想自体思いつかなかったです。

 

購入した神社へ返したいと言う方は封筒にお守りを入れて「お焚き上げ希望」と記載して郵送してください。他の神社の物も入れても問題はありませんから、遠方の神社へ返納する時には是非郵送を活用してくださいね。

お守りの返納処分を郵送で送る時に気をつけることは?

先ほども記載しましたが封筒に入れて「お焚き上げ希望」と必ず記載してください。郵送で対応しているか不安な場合は直接神社は電話すると教えてくれますよ。また、神社に行く場合にはお賽銭を入れて感謝の気持ちを伝えますが郵送の場合はお金も一緒に同封すると良いでしょう。

 

金額は特には決まっていませんから気持ちで十分ですよ。気になる方は、返納する神社に直接お問い合わせしてみると丁寧に教えてくれます。また、郵送でも一年中対応していますので、年末年始は忙しくて対応できなかったという方は是非活用してみてください。

 

スポンサーリンク

 

お守りを自宅で処分したい!どうすればいい?

お守りは神社に返納する方法が一番いいのですが自宅で処分したいという人もいると思います。そこで自宅で処分する方法について調べてみましたが、方法は2つあります。

・ご自分で焼却する

やり方はとても簡単ですよ。白い紙にお守りを包み塩をふって清めます。白い紙は半紙でかまいません。これで完了です。意外と簡単なんですね。と思った方も多いのではないですか!しっかりと清める事が大切になりますので白い紙と塩は忘れないようにしましょう。

 

また、自宅で焼却する際には火の後始末をしっかりと行う事を忘れないでくださいね。後始末が不完全で家事になってしまったら大変です。

 

・一般ごみで焼却する

こちらも捨てる場合は白い紙に包み塩振って出してください。一般ごみに出した方が火の始末の心配はありませんから安心して対応できますよね。先ほども触れたように清める事を忘れないでくださいね。そのまま何もせずに処分するしてしまうことのないよう注意しましょう。

 

自宅で簡単に出来ますから忙しい人は知っておくべき情報ですよね。早速お家に溜まっているお守りを正しく処分してみましょう。

お守りの返納時期は決まっているの?

基本的には1年中返納可能です。年末年始になるとお焚き上げをやっている光景を目にすると思いますが、必ず年末年始に行わなければならないと言う事ではありません。多くの方は年末年始に返納すると思いますが、絶対にこの日というのは有りませんので安心してくださいね。

 

年末年始は何かと神社に行く機会も多いと思いますので、ついでに用を済ませると二度手間にならずに済みますよ。忙しくて自宅に置いたままになっている場合には神社へ行ける時に持参して処分してもらいましょう!

 

スポンサーリンク

 

お守りっていつからあるの?お守りの歴史

お守りが栄えたのは平安時代に貴族が用いてからと言われています。平安時代の中期になると女性は袋に入れて首から下げて身につけていたそうですよ。江戸時代になると腰に下げたり箱に入れたり、懐にしまったりしていたそうです。

 

かなり歴史が深いのがお守りです。現在ではカバンやお財布、車の中などに付けている方が多いですよね。興味のある方は是非お守りの歴史についてもっと詳しく調べてみてくださいね!面白いですよ。

また、お守りには種類があります。

・厄除け

・交通安全

・開運

・安産

・学業

などなど種類は豊富にあります。よく使用されるのが、交通安全ではないですか!車を運転される方は必ずと言っていいほど車にお守りがついていますよね。私も毎年購入してしまいます。お守りがあるだけで安心できますからね。

 

そして受験シーズンになると合格祈願のお守りを購入する親御さんやお子さんが多いですよね。私も娘が受験の時に購入しました。そう考えるとお守りは本当に身近な存在であるという事が分かりますよね。

有難い存在です。信じる信じないは別としてあるだけで安心感があるのがお守りの力でしょう!

お守りの期限はどれくらい?

お守りにも期限があるのはご存知でしょうか!お守りの期限は1年と言われています。1年が過ぎると効果が失われますので注意しましょう。みなさんの家にも眠ったままのお守りはありませんか?

 

そのまま持っていても良い事はありませんから期間が過ぎたらしっかりとした方法で処分しましょう。また、安産や合格祈願など期間があるものについては1年を待たずにその役目が終了した段階で処分するのが正しい使い方です。

スポンサーリンク

まとめ

よく目にするお守り。正しい知識を知っている人は少ないのではないでしょうか?お守りを、持つ事で私たちは神仏に守られているのですよ。そう考えるとやはり正しい方法でしっかりと処分しなくてはならないですよね。

 

お世話になるだけなってその後は放ったらかしなんて事のないように十分に気をつけてくださいね。また、お守りは購入した場所でなくても処分が可能ですから、忙しくて中々神社に行けないと言う方は、通勤途中の神社によって返納しましょう。

 

正しいお守りの処分方法を知ったところで貴方の周りにいる人にも是非教えてあげてください。きっと知らない方の方が多いですから、みんな興味があると思いますよ。そしてご自分子供にも教えてあげると良いですよ。学校では中々教えてくれない事ですからね。

 

知っていて損する事はありません。身近に付けているお守りに日々感謝することも合わせて教えてあげると良いと思います。

https://nijiironeiro.com/toshikoshi-soba/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。