生活の知恵

年越しそばいつ食べるか時間は決まってる?由来を簡単に紹介!

年越しそばいつ食べるか時間は決まってる?由来を簡単に知りたい!ということで年越しそばについて気になっています。大晦日と言えばやっぱり年越しそば。我が家でも毎年大晦日は年越しそばを食べています!

でも、詳しい由来は知らずになんとなく子供の頃から大晦日にはお蕎麦を食べるものとして食べてきました。そもそもなぜ一年の終わりにお蕎麦を食べるようになったのでしょうか?いつ食べるんでしょう?時間は?簡単にまとめてみましたのでお子さんにも教えてあげましょう!

 

スポンサーリンク

 

年越しそばはいつ食べるのが正しい?時間の決まりはある?

年越しそばは一般的には12月31日の夕食や、夜食として除夜の鐘がなる頃に食べることが多いようです。特に時間の決まりもないようです。殆どのご家庭が年末の31日に年越しそばを食べると思いますが、だいだい12月31日のうちに食べると良いとされています。

 

しかし地域によっては年が明けてからというところもあるみたいですよ!新年が明けてから食べるそばなので、「元日そば」と呼んでいるとか。また年越しそばという名前が一般的ですが違う呼び名で呼ばれている地域もありました。

 

そばは、切れやすいということから旧年の災厄を切り捨てるという意味を込めて「年切りそば」「縁切りそば」と呼ぶ地域もあるそうです。つまりはいつ何時に食べるという決まりは全くないということですが、年末に食べるご家庭が多いと思います。

年越しそばの歴史!いつから食べる習慣があった?

年越しそばの歴史はいつからなんでしょうか?調べてみたところ鎌倉時代にお寺で年末に振る舞われた蕎麦餅が転じて年越しそばになったと言う説や、江戸時代に、商家で月末に食べる三十日蕎麦という習慣からきている説、江戸時代に食べられていた節分蕎麦からきている説など様々な説がありました。

日本の歴史の中でだいぶ前から年末にそばを食べるという習慣があったようですが、現在分かっている情報だと大晦日に年越し蕎麦を食べる習慣は江戸時代から始まったようです。

スポンサーリンク

年越しそばを食べる理由は?由来を簡単に!

では、なぜ年越しそばを食べるようになったのでしょうか?理由は諸説ありますが…

①今年一年の厄との縁切り!

そばは切れやすいことから、今年一年の苦労や借金などと縁が切れますようにと願って食べられた。

②金運アップ!

金細工師が散らばった金を集めるのにそば粉を練ったものを使っていたことから「そばは金を集めるもの」として縁起物になった。

③延命長寿

そばは細く長く伸びることにあやかり、長寿を願って縁起物とされた。

④「世直しそば」から派生

鎌倉時代に博多のお寺で年末を越せないほどの貧乏な町人に「世直しそば」として蕎麦餅を振る舞ったところ、翌年から運気が上がったのでその後大晦日にそばを食べるようになった。

これ以外にも様々な説がある年越しそば。こんなにも色々な説があるとは正直知りませんでした。子供の頃は特になんの意味も考えずに毎年年末にそばを食べていましたが、今年はきちんと意味を考えて食べるとまた一味違った年越しそばになりますね!

年越しそばじゃなくて、うどんでもOK?

諸説ある年越しそばの由来を考えると、本来はお蕎麦が縁起物とされていますが、中にはお蕎麦が苦手な方やアレルギーの方もいらっしゃいますよね。そんな時はうどんで雰囲気を味わうのもいいでしょう!

 

由来を考えるとコシがあってもちもちする太いうどんよりは、つるつるとした細麺のうどんの方がよりお蕎麦に近い感覚を味わえそうです!また、地域によってはお蕎麦以外の物を食べる風習がある所もあるみたいですよ。

スポンサーリンク

年越しそばを食べる風習は地域によって違う?

所変われば品変わる とは言いますがやはり年越しそばも例外では無いようです。全国の年越しそば文化を見ていきましょう!

[北海道]

北海道ではそばの上にニシンをのせて食べるニシンそばが定番だとか!また「年取り膳」といって大晦日からおせち料理やカニなどご馳走を食べる文化があるようです。

[岩手県]

なんと岩手県では名物のわんこそばを大晦日に食べるご家庭もあるようです。自分の年の数だけ食べる風習もあるようです。

[福島県会津地方]

会津地方ではなんと元日にお蕎麦を食べる習慣があるようです。

[香川県]

うどんの名産地、うどん県なんて呼ばれることもある香川県では年越しそばではなく「年越しうどん」を食べる家庭も少なくないようです。

[沖縄県]

沖縄では私達の想像するお蕎麦とは違う小麦粉で作られた見た目はラーメンのような「沖縄そば」を食べるようです。

 

こうしてみると地域によって様々な違いがありますね。どの地域でも共通しているのは、残さず食べるのが良いということです。

東京のおすすめ蕎麦屋さんベスト5

ここでは、私がおすすめする東京のお蕎麦屋さんをご紹介します。年末はどこのお蕎麦屋さんもたくさんのお客さんが来ていますよね。自宅でのんびり年越しそばを食べるのも良し、お蕎麦屋さんで本場の年越しそばを食べるのも良いですね!

①[玄蕎麦 野中]

住所:東京都練馬区中村2-5-11

閑静な住宅街にある有名店。

名物は「蟻巣の田舎そば」です。

こちらのお蕎麦は蟻の巣のようにたくさんの穴があいた蟻巣石と呼ばれる石でできた石臼で挽かれています。この石臼で蕎麦を挽くと、たくさんの穴から熱が逃げて蕎麦の風味が飛ぶのを抑えてくれるとのこと。風味豊かなお蕎麦が味わえます。

[②砂場総本家]

住所:東京都荒川区南千住1-27-6

江戸時代に記録がある糀町七丁目砂場藤吉が移転して存続した、超老舗。現在の店舗は1954年に建てられ、荒川区の文化財にも指定されています。こちらでは昔から続くシンプルなお蕎麦を頂けます。

[③板蕎麦 香り家]

住所:東京都渋谷区恵比寿4-3-10 センチュリーパーク1F

こちらは山形のそば粉を使った色が濃い田舎蕎麦です。そしてこちらではオーダー時に細切りか太切りかを選ぶことができます。

[④東京 土山人]

住所:東京都目黒区青葉台3-19-8

目黒川沿いの地下に店を構えるカフェのようなお洒落なお蕎麦やさんです。こちらの看板メニューはすだちそば。お蕎麦の上にすだちが敷き詰められ、インパクト抜群です。またその日に使う分だけを引いた新鮮なそば粉で作られる繊細なお味が人気の秘密です。

[⑤玉笑]

住所:東京都渋谷区神宮前5-23-3

表参道の住宅地でひっそり営まれているこちらはミシュランガイド東京2018にも掲載された名店で、外国人のお客様も多いようです。店主自ら殻をとり石臼で挽く自家製粉で作られた香り高いお蕎麦は蕎麦通の方にも人気です。

こちらの店主のこだわりは凄まじく、なんと蕎麦の自家栽培もしているそうです。

スポンサーリンク

自宅で年越しそばを食べる時の一工夫はある?

年越しそばは自宅で食べる方も多いと思います。なにか美味しく食べられる一工夫はあるでしょうか?そこで色々な食べ方を調べてみました。

[ニシンそば]

北海道や京都ではよく食べられているニシン蕎麦。ニシンの甘露煮をのせて頂く温かいお蕎麦は最高です!

[きつねそば]

甘辛く煮た油揚げをのせたきつねそばも美味しいですね。お稲荷さんにちなんで商売繁盛にもあやかれそうです!

[たぬきそば]

天かすをのせたたぬきそば。簡単に作れるので主婦としては有難いですね!我が家ではかまぼこやわかめも一緒にのせています。

[すだちそば]

輪切りにしたすだちをたくさんのせてさっぱり頂けるすだちそばも美味しいですよ!夕食を食べすぎてしまってもこれならスルッと頂けそうです。

[月見そば]

黄身の黄色から金を思い浮かべることから、商売繁盛の意味が込められ縁起がいいとされている卵。商売繁盛を願って月見そばもいいですね!

[天ぷらそば]

海老を始め、いかやちくわなど好きな天ぷらをのせて楽しめる天ぷらそば。中でもおすすめは海老天蕎麦です。海老は腰が曲がっていることから長寿の縁起物とされていて、おせちなどにもよく使われていますよね!

まとめ

古くから日本で食べられていた年越しそば。江戸時代の人々も私達と同じように色々な願いを込めて食べていたと思うと不思議な気分です。今までなんとなく食べていた年越しそばも由来や意味がわかると是非食べたい!と思いますよね。

そして同じ具材になりがちでしたが調べてみると色々なバリエーションがあり、毎年変えるのも楽しめます。美味しいお蕎麦をたべて良い年越しを過ごしましょう!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。