trendニュース

宮川紗江の会見中継ライブの衝撃的な内容とは?会見動画をチェック!

体操全日本女子の宮川紗江さんが体操協会かた圧力をかけられていたということを8月29日の会見で暴露しました!宮川紗江選手の会見中継ライブの内容が知りたいと、何を話したの?と話題になっています。

そこで今回は宮川紗江さんの会見中継で語った内容についてまとめてみました!

スポンサーリンク

宮川紗江が会見をした経緯は?

宮川紗江選手が今回1人で会見を開くことになった経緯を最初に説明しておきます。

7月19日

早見元コーチから代理人弁護士に連絡が来る。体操協会から自分がパワハラをしたということで協会が調査を始めているようだ。体操協会から正式な発表はないが周囲では噂になっているとのこ。

7月23日

体操協会から速見コーチにパワハラの事情聴取をしたいという連絡がくる。事情聴取は7月30日に決定した。速見コーチは弁護士も同席させたいとしましたが、弁護士の同席なら聴取に応じるということは、回答を拒否するということになると言われ。1人で事情聴取をしにいく。

7月30日

事情聴取にて宮川紗江選手に対しての暴力行為を認める。

8月13日

速見コーチが無期限の登録抹消。NTC(ナショナルトレーニングセンター)での活動禁止になる。

8月14日

速見コーチ本人に今回の処分が通知される。

8月15日

速見コーチに対しての処分が執行される。

宮川紗江選手は、8月に自分の体操のコーチをしていた速見コーチが解雇処分されたことに納得できない、また速見コーチからパワハラはされていないと直筆の文を発表しました。

速見コーチは宮川紗江選手に対して暴力行為をしたところを他のコーチに見られてしまい、あまりにもひどかったことから体操協会に告発されました。告発したのは誰なのかはまだ特定されていません。

しかし宮川紗江選手は速見コーチからパワハラは受けていない、報道されている内容が全然違う、真実を知ってほしいという思いから1人で会見に挑みました。

宮川紗江の会見中継ライブを見た世間の反応は?

宮川紗江選手は、まだ18歳です。18歳の未成年の女の子が1人で会見中継に挑むのは本当に強い気持ちがないと無理なはずです。会見中継中、宮川紗江選手真っ直ぐな瞳で、しっかりとしか口調で全てを語ってくれました。

 

宮川紗江選手のこの勇気溢れる行動には感心してしまいましたが、世間では、宮川紗江選手の会見中継はどのように映ったのでしょうか?

世間ではやはり宮川紗江選手を庇う声や、応援する声がたくさんありました!当然と言えば当然ですよね!汚い大人に負けないでほしいというのが本音ではありますが、18歳でここまで話せて本当に頑張ったと思います。

それでは宮川紗江選手が会見中継で暴露した内容について深めていきましょう!

スポンサーリンク

宮川紗江が会見中継ライブで暴露した内容とは?

そもそも、この会見では最初宮川紗江選手が速見コーチからのパワハラを否定するとともに、速見コーチの処分を軽くして欲しいというお願いの会見だと思われていました。

しかし宮川紗江選手が会見中継で語った内容が、あまりにも衝撃的でした。

宮川紗江選手が会見で暴露したこと、語った内容

①体操協会からの不当な圧力やパワハラを感じた

②宮川紗江と速見コーチとの関係について!

③宮川紗江は速見コーチからの暴力を認めた?

④宮川紗江が体操協会の強化本部長から圧力が怖い!今回の件は強化本部長がかかわっている?

⑤宮川紗江が今度体操協会に望むこととは?

⑥宮川紗江の今後の活動はどうなる?

⑦宮川紗江のパワハラを騒動について代理人弁護士より説明

宮川紗江選手が2時間にも及ぶ会見中継ライブで主に話した内容はこちらの内容でした。一つずつ掘り下げていきます。

宮川紗江が会見中継ライブで語る体操協会からの不当な圧力や不信感とは?

宮川紗江選手が会見中に体操協会に対して不信感があると話していました。また強化本部長からの圧力が怖いとも話していました。

リオデジャネイロオリンピックは終わったあとに、東京2020の特別強化選手プログラムと言うのが発足されたそうです。宮川紗江選手は、まだ特別強化選手のプログラムや練習内容も具体的に決まっていなかったので断りました。

そしたら次の日に強化本部長の塚原千恵子さんから「とうきょう2020の特別強化選手プログラムに参加しないと東京オリンピックには出られなくなる」と電話で言われたそうです。

さらには、宮川紗江選手が練習をしていたNTC(ナショナルトレーニングセンター)にいきなり強化本部長の塚原千恵子さんが来て、特別強化選手じゃないという理由で利用制限までかけられてしまったようです。

 

宮川紗江選手は本当に怖かったといいます。また特別強化選手のプログラムに参加していない選手は他にもいて不当な扱いを受けているといいます。こんなことをされてしまったら体操協会に不信感を持ってしまってもおかしくありません。

 

また宮川選手は「暴力の件を使って速見コーチと私を引き離そうとしている」とも言っていて、宮川選手は、「塚原千恵子強化本部長が自分教えている朝日生命の体操クラブに自分を呼ぶことで、朝日生命の利益をあげたり、知名度をあげたいからだ」とも言っていました。

日本代表の合宿初日に強化本部長塚原千恵子さんと、副本部長の塚原光男さんがいる部屋に呼び出されました。この2人は夫婦で体操協会の権力者です。この2人が待っている部屋に行くだけでも怖かったといいます。そして聞かれたのが「速見コーチから暴力を受けているのか?」と何度も聞かれたそうです。

 

まるで尋問のようですね。18歳の女の子が強化本部長夫妻から高圧的な態度で言われて本当に辛かったと思います。また速見コーチのことを「速見はだめ!だからあなたは伸びない。私なら速見の100倍はうまく教えられる」と言われたそうです。

内容を聞いてるだけでひどすぎる・・・。

そして「家族も信じているから、速見コーチとやり直す」と宮川選手が言うと「速見も家族もどうかしている。宗教みたいだ」と家族も否定されてしまったのです。

ここまで我慢をした宮川選手は「体操協会からパワハラを受けている、体操協会は変わってほしい」と訴えました。

スポンサーリンク

宮川紗江が会見中継で語った速見コーチとの関係は?

宮川選手は速見コーチのことを会見では、「厳しさの中にも楽しさや優しがあった」速見コーチとの練習が楽しくて毎日練習に行くのを楽しみにしていたそうです。

 

速見コーチと宮川選手は、かれこれ8年間の付き合いです。宮川選手が小学校5年生の時から宮川選手の専属コーチをしています。速見コーチも宮川選手には才能があるとし「紗江は必ず素晴らしい選手になれる」といつも言っていたそうです。東京オリンピックで金メダルを取ることが2人の夢であり目標でした。

速見コーチの処分が重すぎることと、早く速見コーチと再出発したいとも言っていました。東京オリンピックを目指す選手なら、一刻も早く練習に集中しないといけないはずです。こんなことで宮川選手の才能を潰さないでほしいです。

宮川紗江は会見中継ライブで速見コーチからの暴力を認めた?

また会見では、宮川選手が速見コーチからの暴力行為があったことは認めています。しかしパワハラとは感じていなかったということです。報道されている内容とは違い「馬乗りになって殴られたことも、髪を引っ張られて引きずられたこともない」とキッパリ否定しています。

 

ただ体操の練習中に叩かれたことは事実のようです。速見コーチが自分に暴力をしたことは許せないとしています。それでも速見コーチと一緒にもう一度やり直したいと言っているので、宮川選手を心配する声も上がっています。

スポンサーリンク

宮川紗江が会見中継ライブで今度体操協会に望むこととは?

宮川選手は、塚原千恵子強化本部長には誰も逆らえない!逆らったら報復されるから何も言えない環境と話していました。これは日大のアメフト部のパワハラ問題と同じですよね!

 

他の体操コーチや、審判員も、選手も、権力を持った人には誰も逆らえません。組織の中に権力者がいる体制をやめる。東京オリンピックの開催国として恥ずかしくない体操協会を作ってほしい。これが宮川選手の望みです。

宮川紗江が会見中継ライブで語った今後の活動とは?

宮川選手は今回の騒動でかなり辛い思いをしています。体操協会からのパワハラと圧力で夜もまともに寝れていないそうです。こんな状態では体操に集中できないことから、今後の世界選手権や全日本シニア選手権、日本代表候補の合宿を全て辞退すると発表しました。

 

そして現在はコーチも不在で、契約していたレインボーからも解約をされてしまいました。この状態でオリンピックを目指すのは到底無理ですよね。宮川選手がすぐにでも練習を再開できるような環境を作ってあげてほしいと思います。

元体操選手の田中理恵さんや、鶴見虹子選手、高須クリニックの高須院長など宮川選手を全力でサポートする言っていますよね。宮川選手を応援してくれる人がたくさんいるので、こんな所で立ち止まらずに進んでほしいと思います。

スポンサーリンク

宮川紗江の会見中継ライブ動画はある?

宮川選手の会見動画がYouTubeにてありましたので動画を貼っておきます。まだ見ていない人も、もう一度みたい人も何度も見てほしい会見内容でした。

宮川紗江のプロフィール

宮川紗江(みやがわ さえ)

東京都出身

生年月日:1999年9月10日 もうすぐ19歳

身長:150㎝

体重:45キロ

2歳から体操を始め、幼少期から運動神経に優れていた。小学5年生から速見コーチからの指導を受けている。高校卒業後は大学に進学せずにレインボーと契約を結ぶが、今回の問題を受けて解約されてしまった。

スポンサーリンク

総まとめ

宮川紗江選手の会見内容は衝撃的でした。宮川選手もこれまでたくさん辛い思いをしてきて、もう我慢はしないと決意したんでしょうね。その決意の通り、一生懸命会見で話してくれています。

普通に何も問題が起こってなければ、今回のようなことにはなっていません。問題があるからこそ訴える人がいるんです。速見コーチも暴力は認めているので、今後は暴力はなしでお願いしたいと思います。

https://nijiironeiro.com/miyagawa-sae/

https://nijiironeiro.com/miyagawa-sae-busaiku/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。