高校野球

万波中正の読み方はハーフなの?母親や家族構成も

横浜高校野球部3年生の万波中正選手が話題になっています!名門横浜高校の野球部の3年生なんですが今回は万波中正さんの名前の読み方や母親及び家族について調べてみました。

万波中正さんはプロ野球からも期待されている今注目を浴びている選手なんです。

スポンサーリンク

万波中正の読み方は?

まずは、万波中正さんの読み方が気になりますよね!お名前の読み方は「まんなみ ちゅうせい」さんです。万波という読み方も珍しいし下の名前も「ちゅせい」さんというお名前で珍しい名前ですよね!

万波中正さんは、一度聞いたらそうそう忘れそうにない名前ですね!インパクトのある名前なので私もすぐに覚えましたよ!続いて万波中正さんがどんな選手なのか調べてみましたよ!

万波中正はハーフ?母親や家族構成

万波中正さんの顔を見ればわかるのですが、万波選手はハーフです。

万波中正選手は、コンゴ人のお父さんウィリーさんと日本人のお母さん有理子さんの間に誕生しました!コンゴ民主共和国は中部アフリカにある国で、万波選手が高校1年生の横浜高校に入学した時には既に身長が190㎝、体重が91キロあったそうなんですがこれもお父さんのコンゴ人の血を受け継いだ証拠ですね!

また走るのも早く瞬足です!打席から1塁までの到達タイムがなんと4.3秒です!!

打席から一塁までは、27.4mなんですが4.3秒はかなり早いタイムと言えます。これだけ足が速いと盗塁ガンガンできるし、相手チームにとってもかなり怖い存在でしょう。

コンゴ人から受け継いだ身体能力を生かして活躍しています!

野球界では楽天のオコエ選手に続くハーフで注目されている選手なんですよ!!

万波選手にはお姉さんもいて、名前はアイシャさんです。中正さんより3つ年上のお姉さんなんですが高校生の時には都立岩倉高校に通っていて陸上部の所属していました。

何でも、槍投げ、砲丸投げ、円盤投げの選手として活躍していたそうです。アイシャさんが中学生の時には、東京都陸上大会で「最優秀競技賞」を取ったそうです!アイシャさんもおコンゴ人の血筋を完全に引き継いでいますね!

スポンサーリンク

万波中正はお米が好き?小学・中学時代の身長は?

万波中正さんは、お米が大好きで小中学校の時はお米をたくさん食べていたそうです。そのおかげなのか、身長がグングン伸びていきました。

小学1年生で135㎝、小学6年生で177㎝まで伸びました!小学生時代に体が急成長しています。177㎝なら体格は大人と同じです。

中学に入ると部活も始まり、なんと1日8合のお米を食べていたそうなんです!8合ですよ!!10合炊きの炊飯器でも4人家族の万波家の食費はヤバそうです。成長盛りの子供のためにお母さんも一生懸命毎日ご飯を作っていたんですね。

そのおかげで身長もさらに伸びていき中学3年生で188㎝になりました。

コンゴ人のハーフなので家系的にもどんどん身長が伸びたのかもしれませんが、たくさんご飯を食べると大きくなれるのは本当でした。

万波中正の中学時代は?

万波中正さんは中学の時なんと陸上部と、野球部を掛け持ちしていました!運動部の掛け持ちってめちゃくちゃ大変そうですが、すごいパワーですよね!

万波選手の姉のアイシャさんも陸上で好成績を収めていますので姉弟でかなり注目を浴びていたそうです。コンゴ人のハーフの力には日本人の身体能力で普通に追いつくのは難しそうです。

万波選手は中学1年生で100mハードルで都内2位になりました!さらに、中学3年生の時には砲丸投げの都大会で優勝し全国大会に出場しています。砲丸投げをしていた経験は野球にも役だっていて遠投は105mだそうです!

万波選手は投手ではないのですが、投手をやった時には138キロをマークしています。普通に投げてこのスピードですからすごい!

スイングスピードも桁はずれな万波選手!高校野球選手のスイングスピードの平均が107キロに対して万波選手のスピードは154キロのスピードなんです!!全てが規格外な万波選手!これも全てみ中学時代のことなんです。

万波選手は甲子園常連校の横浜高校に入学していますが、横浜高校では野球一筋になったので更にパワーアップしています。

横浜高校では1年生の頃から注目されていてスカウトの目も光らせて見ていほどです!

既に高校1年生当時のオコエ選手より身体能力が上回っていると言われていました。

万波中正ネットの反応は?

万波選手はネットでもかなり注目を浴びています。みんな万波選手の活躍を今から楽しみにしているようです!

 

Twitterを見ると万波選手が横浜高校に入ったときからかなり注目されている選手だということがわかりました!

万波中正はドラフト候補?

万波中正選手はドラフト候補に名前が上がっているのでしょうか?2年生の夏過ぎかた調子が上がらなかった万波選手は一時期ドラフト候補から外れていたようなんです。

しかし南神奈川大会 準決勝から再びベンチ入りで戻ってきた万波選手!ホームランを打つなどの活躍を見せ完全復活を見せました。これにはスカウトの皆様も再び万波選手に熱い視線が注がれています。

DeNA稲葉スカウトは「持って生まれたパワーが魅力。外野、内野、投手ができてセンスがある。技術や体もこれからもっと鍛えられし甲子園での活躍も期待。」

ロッテ永野スカウトは「フライの内容も良いし当たればホームランになる。今後の可能性も十分ある。甲子園でどんなプレイを見せてくれるのかがポイント」

スカウトの方が話すように、1回候補から外れていたものの、可能性が十分に出てきているというのが分かりますね。甲子園での活躍がドラフトへのキーポイントになりそうです。活躍を期待しています。

スポンサーリンク

万波中正のプロフィール

万波中正(まんなみ ちゅうせい)

2000年4月7日生まれ 18歳

東京都出身

身長190㎝ 

体重92キロ

足のサイズ 30㎝

右投げ右打ち

コンゴ人の父親よ日本人の母親を持つ

3歳年上の姉がいる。

万波中正選手は、小学校2年生の時に野球を始めました。恵まれた体格と身体能力でどんどん上手くなっていきます。中学生の時に東練馬シニアに所属して3年生の時にエースとしてチームを引っ張り全国4位に輝きました。

万波中世選手が所属していた東練馬シニアは全国大会常連チームで練習もかなりハードのようです。ここで鍛えられた万波中世選手は芯が強い選手に育っていきました。

横浜高校に進学してからは1年生ながらレギュラー入りを果たしていましたが、2年生の夏の県大会では、28打数5安打という成績に落ちてしまいます。打率.179まで沈みベンチ入からも外されてしまいました。

横浜高校の平田監督は「万波は、頭もよく、努力家で熱心で好奇心旺盛な性格、そのためいろんな方向に考えてがいってしましプレイも粗くなっていた。まだまだ伸びしろがある選手なので、これからもっと成長はできる」とかなり期待をよせています。

まとめ

今回は横浜高校野球部の万波中正選手について調べてみました!万波選手は高校球児の中でもかなり注目を浴びているのでまずは甲子園でどんな結果を残してくれるのでしょうか!

万波選手のプレイを楽しみにしていましょう。

https://nijiironeiro.com/man-nami-tyuu-sei/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。