サッカー・ワールドカップ

川島永嗣が下手くそになった?交代論で騒がれている

長年日本代表のGKだった川島永嗣さんが下手くそになった?ミスが多いと話題になっています。また「川島は下手だから他のGKに変えるべき」といった声も出ています。

川島永嗣が下手くそになった理由は?交代論で騒がれているけど川島永嗣さんは今後どうなるのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

川島永嗣が下手くそになって交代論?

日本代表のGKと言えば川島永嗣さんが長年、日本代表のGKとして名を上げてきました。しかしここ最近川島GKが下手になった?動きが鈍い?年取ったからもう交代した方がいいなんて声もあるんです。

 

守護神と呼ばれていた川島GKに何があったんでしょうか?例えばワールドカップ前に行われたスイスとの親善試合では、川島永嗣さんらしくない驚くべきミスをしているのです。

 

川島GKがスローイングを味方に投げたところ、まさかの相手にカットされてしまいました!!これには見ていた人全員ビックリしたと思います。カットされたのでゴールはガラ空き状態!そのままループシュートをうたれてしまいました。

不幸中の幸いで、スイス選手がシュートを外してくれてギリギリセーフの状態でした。

さらにスイス選手に対して「危険タックル!?」をしています。なぜここでこんな激しいタックル?〇大ラグビーじゃあるまいしやめてほしい。川島GKは身長185㎝の体重82キロの体格です。

走ってきてタックルされた相手の選手もたまったもんじゃありませんよ。怪我させなくて本当に良かった。

問題のシーンはこちら

これは目を疑うようなシーンですよね!!「熟年ゴールキーパーがやることではない!!これをミスと呼んでいいのか!どうしたんだ川島?」という声がありました。

 

相手がたまたまゴールを外してくれたからラッキーだったけどワールドカップ本番でこんな有り得ないミスをされたら他の選手が可哀想過ぎる。この川島GKはただの判断ミスで済まされるような問題じゃないですよね。

川島永嗣のスイス戦についてネットでの反応は?

 

この状態の川島GKを見て、今後のGKを川島さんでいくのは無理だと誰もが思いました。なんだろう素人が見ても川島ヤバイって思ってしまうシーンだったし、下手すぎって言うよりは正常な判断ができなくなった?そんな感じでした。

 

確かに川島GKは日本代表に長年GKとしてプレイしてきたし以前は守護神川島と呼ばれただけあって気迫も顔もすごかったですよね。ただ川島永嗣GKも現在35歳です。年齢的に昔より衰えている部分は絶対ありますよね。

そしてポーランドには

2018年6月8日、日本代表は国際親善試合でスイス代表と対戦し、0-2で敗れた。日本とロシアW杯で戦うポーランドの地元紙『プシェグロンド・スポルトビ』は、「日本のゴールキーパーは彼らの弱点だ」と伝えた。

とまで言われてしまいました。川島永嗣さんがこのまま続行して試合に出るのか、どうなのかそこが気になるところです。

 

スポンサーリンク

川島永嗣がミス連発でもうヤバイ?

川島永嗣さんが試合の度にミスをしていて見ている方も不安です。コロンビアに勝利したものの川島永嗣さんがフリーキックをゴールラインを割ったところで止めていたのが印象的でした。

一見コロンビアのフリーキックはコロコロシュートで止めるのも簡単そうに見えますが、壁をすり抜けてきたためボールの動きを読むのが難しいみたいですね。しかしゴールラインに確実に入っているのに、必死に入っていないアピールする川島永嗣さんがカッコ悪すぎました。

またセネガル戦で先制ゴールをされた時も川島永嗣さんがパンチングのミスをしたことによりゴールが決まってしまったようなものでした。この川島永嗣さんの対応に関してネットでは厳しい意見が目立ちましたね。

これだけ毎回不安要素を残す川島永嗣さんをそれでも使うってことは、控えのGKより川島永嗣さんの方がいいってことですよね西野朗監督!

スポンサーリンク

川島永嗣が下手すぎる?それでも川島が代表のGKに選ばれる理由は?

スイス戦でもミスを連発した川島を見て流石に西野監督も川島ヤバイと思ったのか次のパラグアイ戦ではGKを変えてきましたね。これまで本当に川島永嗣GKだけしかいないの?ってくらい川島GKばかり試合に出ていました。

日本代表にも川島GK以外に2人のGKがいます。

東口 順昭GKと中村 航輔GKです。

東口 順昭さんは32歳でガンバ大坂のゴールキーパーです。

中村 航輔さんは23歳で柏レイソルのゴールキーパーです。

川島永嗣さんは、日本サッカー界で唯一海外でGKをしている実績と経験があります。そして長年代表を引っ張てきた選手でもあり、チーム全体をまとめる力を持っています。川島永嗣さんが以前より衰えていることは西野監督も承知ですが、他に日本代表選手のリーダーシップを取れるGKはいないのでしょうか?

 

また川島永嗣さんはメンタルが強くて、チームをまとめるリーダシップがあるということで選ばれているようです。チームがまとまっていないと試合には勝てないし、若手選手のことを考えたり、話を聞いてあげるのも年配で経験もある自分んの役目だと思っている川島選手。

そういった面でも西野監督は川島永嗣さんに信頼をおいているはずです。チームの士気を高めたりまとめたり、精神面を支える年配の選手は絶対必要になってきます。

しかしスイス戦、コロンビア戦、セネガル戦のような川島GKの姿を見てしまうと、さすがに批判が出てくるのは仕方ないと思います。判断力が確実に衰えているのでしょうか?もう守護神とは言えないですね残念だけど。

日本代表に次世代のゴールキーパーがいない?

川島永嗣さんは、2010年の南アフリカW杯、2014年のブラジルW杯にも出場しているGKです。その間の日本代表のGKと言えば川島永嗣さんがずっと守ってきました。反対に川島永嗣さん以外のGKが出てくる試合ってあまりなかったですよね。

 

GKは川島というイメージがもう付いていますが、そろそろ次の世代でGKを育てていかないと日本代表のGKは育っていかないはず。今回のロシアワールドカップでGKに選ばれた中村航輔さんはまだ23歳だし、今回のワールドカップで世界にアピールをし、海外移籍もできれば、また新たな代表のGKとして戦力にるはずです。

西野監督は、中村航輔さんをどの試合に持って来るのか、GKも世代交代が近づいてきていますね。本当に世代交代しないと、川島永嗣さん不安です。

 

スポンサーリンク

川島永嗣の経歴とプロフィール

 1983年3月20日 (年齢 35歳)
 
 身長:185 cm
 体重:82 kg
所属チーム FCメス
 
川島永嗣さんは小学生の頃から地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学び、当時からゴールキーパー志望でした。中学生になると本格的にGK一筋になりGKの練習に打ち込みます。
 
 
中学生の時に、埼玉選抜に選ばれドイツやオランダに遠征に行った経験があります。埼玉県浦和東高校に進学し高校生になるとますますGKとして目覚しい活躍をみせます。
 
 
高校3年間で国体・高校総体・全国高校サッカー選手権大会の3大大会に出場しました。
川島永嗣さんはサッカーだけでなく勉強の方も優秀で大学進学も進められたそうですが、プロサッカー選手の道を選びました。
 
 

2001~2003 大宮アルディージャ

2004~2006 名古屋グランパス

2007~2010 川崎フロンターレ

2010~2012 リーセール (ベルギー)

2012~2015  スタンダール・リエージュ(ベルギー)

2015~2016 ダンディ・ユナイテッド (スコットランド)

2016~現在 FCメス (フランス)

まとめ

川島永嗣さんが下手すぎる噂について調べてみました。確かにスイス戦は拙いよねって思いましたが、川島永嗣さんにとっても今回のロシアワールドカップが最後のワールドカップになるはずです。

出場した試合には悔いがのこらない戦いにしてほしいと思います。得意とするPK阻止もまた期待しています!

https://nijiironeiro.com/gaku-shibasaki/

https://nijiironeiro.com/keisuke-honda/

https://nijiironeiro.com/james-david-rodriguez-rubi/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。