スポーツ選手

斎藤佑樹なぜ戦力外にならない?理由がヤバイ

2018年も2軍でスタートした斎藤佑樹選手ですが結果が残せていないのになぜ戦力外にないらないのか疑問の声があがっています。

2018年は年俸も以前よりガクっと下げられてしまった斎藤佑樹選手。今後解雇になってもおかしくありません。

なぜ斎藤佑樹は戦力外にならないのか調べてみました!驚きの理由とは?

スポンサーリンク

斎藤佑樹が戦力外にならない理由は?

斎藤佑樹は成績不振なのになぜ解雇にならにのか不思議だと話題になっています。ここまで成績不振で知名度もない選手であればすぐに戦力外になり解雇されているでしょう。だけど斎藤佑樹選手は、戦力外にもならないし、解雇もされていません。

これには何か特別な理由があるからだと言われています。

斎藤佑樹が戦力外にならない理由①斎藤佑樹が日本ハムの広告塔だから!

斎藤佑樹選手が成績不振なのに解雇されない理由は斎藤佑樹選手の人気があるからです。成績が不振でも斎藤佑樹選手が選抜に出る試合は、斎藤佑樹選手を目当てに見にくるお客さんが必ずいます。

 

プロ野球の観戦者も年々減少していますし、たくさん来場してもらうためには人気や注目されている選手は球団にとっても重要です。斎藤佑樹選手は、成績が悪いだけに今後がどうなってしまうのか気になっている人も大変多いです。

 

また斎藤佑樹選手のグッズも人気が高くてグッズの売り上げにも貢献してくれているそうなんです。日本ハムにとっては大事な看板選手であることは間違いありません。ただ年々成績は下がる一方で、年齢ももうすぐ30歳ですので、そろそろ危ういと言われています。

 

斎藤佑樹が戦力外にならない理由その②斎藤佑樹の名前にブランド力あるから

日本ハムにだって斎藤佑樹さんより実力があ1軍で投げている投手がたくさんいますが、あまり名前を知らないのが現実です。それより2軍でたまに出てくる斎藤佑樹選手の方が知名度があり人気という現実なんです。

 

2006年の夏の高校野球で田中将大投手と熱戦をし、見事勝利をした斎藤佑樹の話は伝説になっています。その年の流行語にもなった「ハンカチ王子」という言葉を野球に全然知らない人でも「ハンカチ王子」は知っているって人が多いと思います。

 

プロ野球の選手はカリスマ性も必要です。いくら強くても知名度が上がらない選手もたくさんいます。野球ファンならともかく一般の女性が知っている選手は限られてしまいます。なので球界でもファンを引き込んでくれる選手が必要なんです。グッズの販売やチケットの販売に貢献してくれる選手がいないと厳しくなります。

 

大谷翔平選手はもはやビッグ過ぎる存在となり誰もが知っている野球選手となりました。斎藤佑樹選手もある意味「勝てない、戦力外にならない」といった意味でもかなり注目を浴びている選手です。

 

「ハンカチ王子」としてのブランド力は野球界でもトップレベルでしょう。

ここまで落ちてしまっている斎藤佑樹選手ですがそれでもたくさんのファンがいて彼を応援して待っているんですよね!ある意味凄いなって思います。ファンから愛される斎藤佑樹を戦力外にできないのかもしれません。

斎藤佑樹が戦力外にならない理由③栗山監督のお気に入りだから?

ここまで成績が不審な斎藤佑樹選手ですが、栗山監督のお気に入り選手だから残っていられるとの噂が出ています。確かに栗山監督は斎藤佑樹選手ほ守っている所があります。もう一度1軍で登板できるように何回もチャンスを与えている栗山監督です。

 

こんな優しい監督が他にいるのでしょうか、斎藤佑樹も栗山監督だからこそ日本ハムで2軍だけどまだ残っていることができているのではないでしょうか、栗山監督もいつまで日本ハムの監督をしているか分からない状況なので、早いところ結果を出して監督に恩返しをしてほしい。

スポンサーリンク

斎藤佑樹がなぜここまで落ちてしまったのか?

「ハンカチ王子」として大ブレイクを果たした斎藤佑樹選手は大学でもそれなりの活躍をしてプロに入団しています。斎藤佑樹本人も自分はできる!と過信していたようで、プロでも大丈夫だ!活躍できると信じていました。

しかしプロの世界は違ったのです。

 

斎藤佑樹が2016年の優勝ビールかけに登場して批判を買う?

日本ハムは2016年に大谷選手により見事日本シリーズを制覇し日本一に輝きました。優勝したチーム恒例のビールかけを行い優勝を喜びあうのですが、このビールかけに斎藤佑樹選手が参加していたことを知り大批判を浴びることになりました。

 

斎藤佑樹選手は2016年も登板は2軍がメインで1軍で登板しても散々な結果に終わっていて、日本ハムの優勝に貢献したとは言えません。貢献したのは、若きエースの大谷翔平選手です。

 

斎藤佑樹選手がまさかビールかけに参加しているとは、誰が想像したことでしょうか?だって2016年は1軍での登録を抹消されています。こっそり参加したのか、栗山監督に誘われたのでしょうか、こっそり参加していたのにやはり目立つのか斎藤佑樹の存在に気が付いたキャスターがインタビュー。

「今年はどんな年になりましたか」

「・・えーっと今年は活躍できなかったので・・・来年は1勝できるように・・・」

斎藤佑樹選手も言葉が無いのかマイクを向けられて非常にきまずい感じです。この姿がTVで放送されて、日本ハムのファンは激怒してしまいました。

なぜこの場に来れたのかも疑問なんですが、自分の置かれている立場を考えたら来れないはずなのに、ひっそりと参加しているのがまたずれている。

「ハンカチは後片付け専門」

「こんな所にいるなら練習しろ」など厳しい意見が飛び交いました。

斎藤佑樹に自覚がないのか鈍いのかまだ行けると思っているのか、神経は図太いようです。

大谷翔平選手は斎藤佑樹選手のことなんて別になんとも思っていないでしょうね。大谷選手は別格なオーラが溢れています。野球が大好きで野球の練習をするのが大好きで紳士な感じです。なので女性関係もないでしょう。

 

しかし斎藤佑樹は違います。野球の練習は大嫌い、自分は何か持っていると思っている、自分能力に過信がある、合コンや女性の話ばかりしたがる。

この2人の違いを見たら、斎藤佑樹選手の良さが本気でわからなくなりますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

日本ハムの斎藤佑樹選手が戦力外にならない理由についてまとめてみました。「ハンカチ王子」として活躍した斎藤佑樹も30歳になります。年齢的にも厳しくなってくることなので、今後日本ハムは斎藤佑樹をろうするのか注目です。

https://nijiironeiro.com/post-2499/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。