育児

2歳でひらがなを読めるようになった方法は?早すぎると問題が・・・ハイパーレクシアとは

スポンサーリンク

2歳以上になると、早い子だと文字に興味を示す子もいます。反対に3歳を過ぎても全く興味が無い子もいます。

 

我が家には子供が3人いますが、長男5歳は2歳で文字にとても興味を持ちましたが、3歳の長女は全くといって興味を示しませんでした。そして、親御さんが熱心に文字を教えたわけでもないのに、異常なほど興味を示すケースもあってハイパーレクシアと呼ばれているようなんです。

 

そこで2歳で息子がひらがなを覚えた方法と、気になるハイパーレクシアについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

ひらがなを覚えるタイミングは個人差が大きい

まずひらがなを覚えるタイミングは個人差が非常にあります。ママ友の子が2歳でひらがな読めているけど、うちの子全然興味ない大丈夫なの?ちょっと心配になりますよね。

 

自分の子供にも教えてみても全然興味を持ってくれなかったり、焦る気持ちもわかりますが、子供一人一人性格も違うし興味を持っている物って全然違うし、ひらがなが小学校こ上がる前までに理解できていればOKなので、2歳3歳の段階で読めなくても普通だと思います。

 

うちも長男は文字や記号、数字に2歳ぐらいから超興味があったので早く覚えましたが4歳になった娘はひらがなをようやく覚えてきた程度です。

 

なので文字を覚えるのは個人差がありますね、特に小さい頃だと。

2歳でひらがなを覚えるための方法

長男が2歳のころ実際にやっていたことはこちらです。

①絵本をたくさん読む 

②しまじろうに興味を持ち始めていたのでしまじろうのDVDをよく見ていた

③童謡や歌のCDをよく流していた

④言葉が出なかったので、興味が出るように文字のカードを見せていた

順番に説明していきますね。

①絵本をたくさん読んでいた

2歳くらいになると絵本の内容も理解できる子が多くなってきますよね。長男は、本当に言葉が遅い子だったので積極的に話しかけたり絵本をよりたくさん読んでいました。たくさん呼んでいたいたといっても1日平均5冊くらいです。

 

当時お気に入りだったのが、「だるまさんがシリーズ」です。指さしもしないし、極度の場所見知と人見知りで一行に言葉を話さない長男でしたので、言葉を話すきっかけになるように絵本をたくさん読もうと心がけていました。

 

この絵本の読み聞かせをするときに、とにかくゆっくり1音1音はっきりと文字を指さししながら私は絵本を読んでいました。

 

私としては、言葉を覚えてほしかったので、文字については全然ノータッチでしたが、文字を指さしして読んでいたので文字に興味を持ったと考えられますね。その後あるタイミングで急激に文字や数字記号に興味を持ち始めました。

 

②しまじろうのDVDをよく見ていた

長男が2歳になったころに下の子も既に生まれていたので、結構家に引きこもっていた時期がありました。暇つぶしと、言葉を全く話さない長男のために、始めたのがしまじろうです。

 

しまじろうのDVDは長男にとっては最適だったようです。しまじろうのDVDのおかげで、指さしをするようになったし、言葉の興味もぐんと広がりました。別にしまじろうじゃなくてもいいし、DVDばかり見せるのは良くないけど、映像学習も私は有りだと思っています。

 

③童謡や歌のCDをよく流していた

これも言葉の発達を促すためにとにかく一緒に歌えるような童謡を流していました。歌って子供は大好きです。子供は記憶力抜群なので何回も流していると勝手に覚えていますから一緒に歌詞をみながらお膝で歌うのがおすすめです。

 

④文字カード遊び

文字カード遊びは、単語を覚えさせるためにやっていたことです。私の場合は長男が全く言葉をしゃべらないから焦っていろいろ取り組んだことが、結果的に文字への興味に繋がっています。

2歳でひらがなを覚えたのは子供の興味を引かせる

私は教育関連については詳しくはないので、子供が興味を示してから文字を覚えるまでに何か特別なことをしたわけではありませんが、やっていたことはこんな感じの内容です。特別なことはやってたつもりはありません。

 

言葉が非常に遅かったので、市の子育て相談に何回か相談はしていました。その中で言われたアドバイスを実践していた感じです。

 

反対に長女に同じ方法を試しても、長女は文字に対して興味を全然持ってくれませんでした。興味が無い子に対して無理やり親が教えようとすると、今度はそれが嫌いになってしまいますので程々にした方がいいですよ。

 

長女は言葉を話すのが長男とは真逆で超早かったので意志通じはかなり早い段階でできていましたが文字には全く興味がなかったということです。

 

 

スポンサーリンク

 

2歳でひらがなに興味をもったらチャンス

 

上記のようなことをお家で子供と一緒にやっていると、自然と文字に興味が出てくること、全然興味を示さない子が出てきます。お子さんが文字も見て指さしをしたり、ひらがなに興味を持ち始めたら覚えさせるチャンスです。

 

大人だって興味がないことを勉強するのは苦痛ですよね子供も同じ気持ちです。

 

また子供はお父さん、お母さんが一緒にやることに興味があり、一緒にやりたいって気持ちが出てくるので、ひらがなを教えると言うよりは、楽しいゲーム感覚で教えてあげてほしいと思います。

 

長男の場合は、ひらがな絵本をひたすら繰り返し読むことで、ひらがなはいとも簡単にマスターしてくれました。子供によってどんなやり方が合っているのか、違いますのでカードが好きならばカードで、音楽で覚えたいなら歌で、子供が好きなことでアプローチしてあげるといいと思います。

 

長男は言葉を話すようになったのは2歳10ヵ月のころです。言葉を話すのは遅かったけど文字への興味は、半端なくて3歳前にはひらがな、カタカナ、ABCも覚えていました。

 

しかし、長男のようにあまりにも文字や記号に異常なほど興味を示すとちょっと心配になってしまう人もいるようです。また異常なほど興味がある状態をハイパークレシアという症状の可能性もあるようです。

ハイパーレクシアとは何?

ハイパーレクシアは過読症のことで、読み書きの能力が一般の子供より突出しており、低年齢で文字や数字や記号を覚えるたり、低年齢なのに一人で本を読んで理解できるようです。

ハイパーレクシアの子供の特徴として、平均または平均以上のIQと年齢相応以上の単語解読能力を持つ

ハイパーレクシアの子供は文字や数字に大きな関心を寄せ、言語を解読することは非常に得意であり

ハイパーレクシアとディスレクシアとは正反対の状態であると言える

参照https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%A2#%E7%89%B9%E5%BE%B4

ただ日本では、まだ馴染みがない言葉であり、専門家でも判断するのが難しいようなんです。判断方法も、子供の言動を観察して判断するしかないようです。

 

もし異常なほど文字に興味を持ち、難しい言葉も難なく覚えているとか少し気になる部分があるのであれば、まずは身近なお住まいの子育て相談に聞いてみることをお勧めします。

 

成長過程のことでわからないことがあれば、自分で判断するのではなくて、詳しい人に聞くのが一番です。私の長男も本当に全然話さなくて本気で大丈夫なのか心配でした。悩んでいても解決しないので、子育て支援に相談したけど正解でした。

ちなみにハイパーレクシアの反対はディスレクシアですが、ディスレクシアとは文字だけがどうしても読めない症状をいいます。俳優のトムクルーズさんがそうみたいですよね!

文字に興味がない子供にひらがなを教えたい時にはどうする?

 

文字に興味がない長女も、3歳10ヵ月で、ひらがなを読めるようになりました。ひらがなをいつまでに覚えないといけないなんて決まりはありませんが、長女の場合は幼稚園入園までを目標にしていました。

 

幼稚園にいけばお友達との関わりも増えてくるし、女の子は早くもお手紙ごっこや自分で文字を書く子もいますよね。長女は長男経由でお手紙をもらうことがあり、そこで文字への興味が目覚めました。

 

ひらがなへの興味がない子の場合、自分から覚えたいって思えるようなきっかけが必要です。お手紙ごっとなら女の子は好きだし、ママがお手紙書いてみようかなど文字への興味を引き出してあげてもいいですよ!

言葉を話さないから絵本や音楽をきかせまくる日々

ここからは少し我が家の長男の事を話ます。

 

長男は本当に言葉を話さなかったので私も旦那もそれはそれは心配していました。一人目だったので余計に心配でした。

 

言葉を話さないので、日常では何が言いたいのかわからなくて、長男もモヤモヤしていたことでしょう。そして周りの2歳のお友達がペラペラお喋りする子が多かったので余計に焦りが出てきますよね。

 

そんな時に思い切って市の発達相談に相談して、絵本や音楽をたくさん読んで聞かせてあげてくださいとアドバイスされました。

 

それからは図書館で大量に絵本を借りてきて、Amazonで童謡がたくさん入ったCDを買い毎日息子の読み聞かせをして、音楽を聞かせていました。

 

たくさん絵本を読んだり、音楽を聴いて歌っているうちに、長男は自然と文字への興味が湧いてきたようです。

 

 

スポンサーリンク

 

言葉は話せないけど文字に異常な興味が目覚める

子供は興味があることに対しては、とてつもない集中力を発揮しますよね。

 

ブロック遊びが好きな子はずっと何かを作っていたり、お絵かきが好きな子はずっとお絵かきをしていたり、大人からするとなんでこんなにはまっているのって、笑ってしまうほど子供の好きな物に対する気持ちは素晴らしい!!

 

私は息子が言葉を覚えるように絵本を読むときに気を付けていたことがあります。大きな声でゆっくりと、ひらがなを指さししながら読むことです。

 

絵本の文字を指差ししながら読むことによって、自然と私の真似をするようになりました。今まで指差しもほとんどしなかった子が、文字を指差して私の真似っこで文字への興味が出て来たんです。

 

図書館でひらがな絵本を借りてきて一音ずつ読んであげました。ひらがな絵本がお気に入りになった長男は一日に何回も私のところに持ってきて一音一音指差ししながら教えてあげました。

毎日の読み聞かせでひらがな、カタカナをABCも覚えた

絵本の読み聞かせって良いって聞くけど実際ゆっくり絵本を読む時間てあまりないですよね。特に働いているママにとっては子供とゆっくりすごせる時間も限られてしまいます。

 

読んであげたいけどついつい後でねって言ってしまう。なのでこの時間が絵本を読んであげる時間と決めてしまいましょう!!

 

子供の絵本を読む時間って僅かですよね。一日のどこかにこの時間を作って集中して読み聞かせをしてあげると効果が出ます。

子供も長すぎる時間は、集中力が欠けてしまうので短い時間に集中する。

ひらがな絵本だったら50音順に一音ずつ読んで終わりに。

子供が自分で読んでほしいともってきたらまた読んであげる。

 

私はこれを繰り返していました。子供へのアプローチは意外と簡単な方法なんですよね!

 

 

スポンサーリンク

 

ひらがなを早くから読めるようなってよかったこと

長男が早くにひらがなを覚えてよかったことはこちら↓

・ひらがなを覚えたことによって自信がついたのか言葉を話すようになった。

・音読が得意になった

・2歳の段階で自分の名前がきちんと読めるようになって、次は書くことに興味を示した。

・絵本を自分で読めるようになり、興味の幅が一気に広がった。

特に自分で絵本を読めるようになったのは大きいです。図書館に行っても進んで読みたい絵本を選ぶようになりました。

 

 
そのおかげなのか、5歳になった今でも本を読むことが大好きです。

 

まとめ

子供が興味を持つように親が一緒に文字で遊んであげたり、絵本を読んであげるだけで好きな子は本当にひらがなを覚えます。

 

文字に興味を持つのは個人差があって、たまたま長男は早くに興味を持ってくれただけです。だけど、ひらがな絵本を読んだり、歌を歌ったり一緒にやっていくうちに興味を持ってくれたのだと思います。

 

あまりにも異常なほど文字や記号に興味を示していて何か心配であれば専門家へ相談してみてください。

 

お父さん、お母さんがいかに楽しみながら子供に教えられるかこれが大事です。

 

2歳なんだから、わからなくて当然です。覚えが悪いとイライラする気持ちもわかりますが相手は2歳です。

 

冷静にやさしく、興味がない子には無理維持しないってことです。

https://nijiironeiro.com/post-243/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。